スポンサーリンク

本日は徳島県徳島市で開催されるとくしまマラソンについて、ご紹介いたします。


スポンサーリンク

大会概要

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 とくしまマラソン
種目
  • フルマラソン
  • 車いす 3.5km
  • ファンラン1.5km
開催日 2024年3月24日(日)
過去
日程
  • 2024年3月24日(日)
  • 2023年3月19日(日)
  • 2022年3月27日(日) 中止
  • 2021年3月28日(日) 中止
  • 2020年3月22日(日) 中止
  • 2019年3月17日(日)
  • 2018年3月25日(日)
  • 2017年3月25日(土)・26日(日)
  • 2016年4月24日(日)
  • 2015年3月22日(日)
  • 2014年4月20日(日)
  • 2013年4月21日(日)
  • 2012年4月22日(日)
  • 2011年11月6日(日)
  • 2010年4月25日(日)
開催地 〒770-8570 徳島県徳島市万代町1丁目1
徳島県庁西側
最寄駅 JR牟岐(むぎ)線 阿波富田駅 徒歩8分 550m
開始
時間
  • 8時45分:開会式
  • 8時50分:車いす
  • 9時00分:フルマラソン 第1ウェーブ
  • 9時10分:フルマラソン 第2ウェーブ
  • 9時15分:ファンラン 1.5km
  • 13時00分:表彰式
  • 16時00分:競技終了
    制限
    時間
    • フルマラソン:7時間
    • 車いす:15分
    • ファンラン:45分
    定員
    • フルマラソン:8,000人
    • 車いす:10人
    • ファンラン:400人
    参加費
    • フルマラソン:13,000円, チャレンジ&チャリティ 16,000円
    • 車いす:無料
    • ファンラン:2,000円, 小中学生 1,000円
    コース
    • フルマラソン:
      徳島県庁前(国道55号かちどき橋付近)
      ~ 吉野川大橋
      ~ 吉野川北岸
      ~ 西条大橋
      ~ 吉野川南岸
      ~ 城ノ内中高校西側
      ~ ワークスタッフ陸上競技場(徳島市陸上競技場)
      ※日本陸連公認、IAAF/AIMS公認コース車いす
    • 車いす3.5km:
      徳島県庁前(国道55号かちどき橋付近)
      ~ 吉野川大橋北詰
    • ファンラン:
      徳島県庁前(国道55号かちどき橋付近)
      ~ 徳島本町交差点
      ~ 徳島城跡 鷲の門(徳島中央公園)
      ~ 徳島市立内町小学校前

    種目・定員・参加料・制限時間

    種目 定員 参加料 制限時間
    フル 8,000人

    • 一般枠
      6,950人
    • アスリート枠
      800人
    • 海外枠
      150人
    • 13,000円
    • チャレンジ
      &チャリティ
      16,000円
    7時間
    車いす
    3.5km
    10人 無料 15分
    ファンラン
    1.5km
    400人
    • 2,000円
    • 小中学生
      1,000円
    1時間45分
    参考
    • 公式サイトの大会概要はこちらから
    • Twitterの最新情報はこちらから
    • 2024年大会から参加費値下げ
      チャレンジ&チャリティ:17,000円 ⇒ 16,000円
    • 2023年大会から参加費値下げ
      フルマラソン:14,000円 ⇒ 13,000円
    • 2022年大会から参加費値上げ
      フルマラソン:10,000円 ⇒ 14,000円
      チャレンジ&チャリティ:13,000円 ⇒ 17,000円
    • 2024年大会から定員増加
      フルマラソン:7,500人 ⇒ 8,000人
      ファンラン:200人 ⇒ 400人
    • 2023年大会から定員増加
      フルマラソン:5,000人 ⇒ 7,500人
    • 2022年大会から定員減少
      フルマラソン:15,000人 ⇒ 5,000人
    • アスリート枠について
      男子3時間30分以内、女子4時間以内の記録証を提出できるランナー
    • チャレンジ&チャリティとは
      参加費3,000円がスポーツ振興等に使用されます。
      宣言書に記入すると、当日イベント会場で掲示されます。
      特典として、限定オリジナルグッズあり

    会場アクセス「徳島県庁西側」

    コースマップ

    高低差

    出典元:大会サイト コースマップ

    申込期間と応募方法

    エントリー開始は例年、11月上旬ごろの予定です。エントリーについて、インターネットは先着順、専用振込用紙は抽選です。抽選結果は12月中旬ごろ発表予定です。

    申込期間

    2020年 2019年11月5日(火) ~ 11月19日(火)
    2021年
    • 優先エントリー:
      2020年12月24日(木) ~ 2021年1月4日(月)
    • 一般エントリー:
      2021年1月8日(金) ~ 2021年2月28日(日)
    2022年
    • 優先エントリー:
      2021年11月17日(水)20:00 ~ 11月23日(火・祝)
      ※2020年大会エントリーされた方のみ
    • 一般エントリー:
      2021年11月26日(金)20:00 ~ 12月9日(木)
    2023年
    • フルマラソン:
      2022年11月8日(火)20:00 ~ 11月21日(月)
      ※申込期間延長:12月20日(火)まで
    • 車いす:
      2022年11月15日(火)20:00 ~ 12月14日(水)
    • ファンラン:
      2022年11月24日(木)20:00 ~ 12月14日(水)
    2024年
    • フルマラソン:
      2023年11月7日(火)20:00 ~ 12月11日(月)
      ※申込期間延長:2024年1月14日(日)まで
    • 車いす・ファンラン:
      2023年11月14日(火)20:00 ~ 12月11日(月)
    2025年 2024年11月上旬 ~ 12月中旬 ※予想


    応募方法

    参考

    エントリー締切時間

    申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

    2022年
    • 優先エントリー:
      2021年11月23日(火・祝)
      ※最終日もエントリー可能でした。
    • 一般エントリー:
      2021年12月9日(木)
      ※11/26(金):エントリー開始1時間経たずに定員のため締切
    2023年
    • フルマラソン:
      2022年12月20日(火)
      ※アスリート枠:定員に達したため締切(11/8)
      ※その他:最終日もエントリー可能でした。
    • 車いす・ファンラン:
      2022年12月14日(水)
      ※定員に達したため締切(11/24)
    2024年 2024年1月14日(日)
    ※ファンラン:定員に達したため締切(11/27)
    ※アスリート枠:定員に達したため締切(12/1)
    ※フルマラソン:最終日もエントリー可能でした。
    2025年 2024年12月中旬 ※予想

    『阿波富田駅』周辺の宿泊場所

    宿泊するならスタート場所である徳島県庁の近くの阿波富田駅周辺が便利です。

    参考

    出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

    –> 楽天トラベルをいますぐチェック!

    口コミ

    スポンサーリンク

    2024年

    • とくしまマラソン完走!食べたものは、いちご、トマト、そうめん、そば米雑炊、甘酒2回、すだちジュース、桃と葡萄のジュース、コラーゲンゼリー!もらったものは、お菓子4個、ちくわ、フィッシュカツ!相変わらず、沿道に愛想振り撒きまくり、楽しみ尽くした42km!雨だったけど、それを忘れるくらい楽しかった!
    • 前半は心配していた雨は気にならず、身体も呼吸も楽で設定ペースを淡々と刻んでいけましたが、西条大橋を渡って折り返してから25km以降は、冷たい雨と風に体温を奪われてしまい、思うように脚が動かなくなり、ラスト5kmは寒さで手足の感覚も無くなって、シーズン目標2時間45分切りは未達でした!
    • エイドを食べ尽くし、みなさんからの『おかえり』にじーんとし、エール交換をしながらの42.195km!今回も最高のファンランでした!3時間36分くらいでゴール!ういろうとか和菓子とか食べすぎかな?というくらい頬張ってしまった!

    2023年

    • 吉野川を往復するコースやったからずっと平坦で高低差もほぼ無かったから走りやすかった。昨日までは疲労溜まってるからサブ3で走れたら良いなと思ってたけど、スタートして走ってたら結構脚が動いたから、サブ45を目指した。でもハーフが手元で1:21:43で通過してまだ余裕あったからサブ40行けるって思ったけど流石に無理やった笑
      だから今回も後半上げれたし、ラストもトラック勝負になったけど、最後差し切った!あとワコールの安藤友香さんに勝った笑!安藤さんは本気じゃなくゆっくり走ってたけど笑!あと大迫傑さんに声かけてもらった!
    • 今回はサブ3.5のペーサーについていく作戦!まあまあ狭い河川敷をサブ3.5の団体が走るから、なかなかの混み具合!でも名古屋でその混み混みから、逃れようと先行して失敗したから、今回は我慢してついていく!何も考えんとただついていく20㎞までは応援にも、しっかり応えながら、その後は、今回は給食集めもせず、まあまあ必死に頑張った!ラストサブ3.5したかったから、ほんまはPB狙っとったけど、38㎞までついていったけど、最後粘りきれんかった!さあこれをどう攻略していこかな!とくしまマラソン!大迫選手に会いたいとエントリーした大会!スタートで手振ってくれた!15㎞のエイドでまさかの給水もらえた!幸せや~!神野大地選手はマッハの速さで横を駆け抜けていった!色々楽しかった!後、とくしまで絶対したかったこと!眉山ラン!一緒にとくしまを走る同年代ランナーふたりがマラソン前日やのに付き合ってくれた!一番キツイとこは外して気持ちよく走れるとこをちょっとだけ片道4㎞!登り止まらず走りきれた!下りは登りよりゆっくり!こけたら大変やからな!眉山いい山やった!楽しかった~!
    • スタート~ゴールまで順調にレースを展開!途中、ゲストランナーの大迫傑選手から給水を受け取ったことも貴重な経験に!大会に携わった方々、最高です!自己ベスト更新、最高です!とくしまラーメン、最高です!
    • 壮大な吉野川の河川敷をゆるやかに登って行き、半分から降って行くコース。途中道路下をくぐるたびに細かなアップダウンを繰り返す。見渡す限り青空!鳥のさえずり。そして川。景色は変わらず進んでる感はあまりありませんが、途中阿波踊りや太鼓の応援、沿道の温かい応援が背中を押してくれます!初の遠征で興奮していたのか一睡も出来ずに迎えてしまい、頭はボーっとしたまま、身体も終始重く、ついでに気温が上がり暑くて喉はすぐカラカラに。苦手な給水もこまめに取り脱水に気をつけました。25キロ過ぎにサブ4の団体に飲み込まれたのを機会にその中でぬくぬくついて行く計画に。ところが38キロの小さな坂で足が完全に売り切れてしまいそこからどんどん離されていく。チームメイト2人に声かけてもらうも返事すらまともに出来ずさよなら〜!なかなか前に出ない足と戦い最後の200mはスピードup!なんとかグロスでサブ4で来ました!その後はチームのみんなでわちゃわちゃ。徳島ラーメンや阿波踊鶏、美味しかった。みんなで遠征楽しかった!また行きたいな。サプライズ応援もめっちゃ嬉しかった。ありがと。大迫さんも近くで見れて大満足!

    2022年

    • 3月27日(日)開催予定の実走大会は中止になりました。3年ぶりの大会開催の予定ですが、残念です。参加料は中止までに要した経費等を差し引きして、返金される予定です。また実走大会がオンライン大会に振替されます。

    2021年

    • 一般枠で申し込もうとしていましたが、エントリー開始して1時間経たずに締め切りになりました。
    • 2年連続で中止になりました。2020年のエントリー者かつ県内在住者限定のため、定員5,000人に対して、2,116人の集まりのようです。
    • 2020年大会の県内在住者は8,100人に上る「優先権」を持つ対象者に2020年12月24日~1月4日で、参加を呼びかけて、2,116人の4割り程度に留まりました。

    2020年以前

    • とくしまマラソンに行ったら必ず、東大徳島ラーメン食べに行っています。去年に続いて、今年も現地にいけませんが、また食べたいですね。すき焼きみたいなスープが美味しいです。
    • コース前半が上り、後半は下りで走りやすいです。走っている写真もタダでもらえて、なかなかナイスな大会です。
    • とくしまマラソンのコースは見通しが良すぎて、はるか先を走っているランナーの姿が見えて、心が折れかけました。おかやまマラソンTシャツを着ていたので、岡山頑張れの声援がうれしかったです。
    • 四国三郎こと吉野川の橋を渡り、河川敷を延々と走るため、風が強いと一気に開催が怪しくなります。
    • コースの土手では、たんぽぽや野アザミ、黄色や紫の花がたくさん咲いています!
    • 吉野川沿いを走れて、景色がいいです。


    最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!