スポンサーリンク

本日は2024年に開催される第3回 奥出雲おろちループグルメマラソンついて以下の流れで、ご紹介いたします。

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

要約
  • 大会概要(第3回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所


スポンサーリンク

大会概要

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 奥出雲おろちループグルメマラソン
※過去の大会情報をベースに作成
種目
  • ソロの部 37km
  • リレーの部 37km
開催日 2024年10月上旬 ※予想
過去
日程
  • 第2回:2023年10月8日(日)
  • 第1回:2022年9月24日(土)
開催地 〒699-1811 島根県仁多郡奥出雲町八川2500-294
道の駅 奥出雲おろちループ
最寄駅
  • JR木次線 三井野原駅 徒歩13分 1.2km
開始
時間
  • 7時00分:受付開始
  • 8時00分:説明会
  • 8時30分:ソロの部 スタート
  • 9時00分:リレーの部 スタート
  • 15時00分:制限時間
制限
時間
  • ソロの部:6時間30分
  • リレーの部:6時間
定員
  • ソロ 300人
  • 50チーム(2~5人)
参加費
  • ソロ 7,500円
  • リレー 15,000円
コース
  • スタート:道の駅奥出雲おろちループ
  • ゴール:鉄の彫刻美術館

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
37km
  • 300人
  • 50チーム
    (2~5人)
  • 7,500円
  • リレー
    15,000円
  • ソロの部
    6時間30分
  • リレーの部
    6時間
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Twitterの最新情報はこちらから
  • 2023年大会から参加費値上げ
    ソロの部:6,000円 ⇒ 7,500円
    リレーの部:12,000円 ⇒ 15,000円
  • 2023年大会から定員増加
    ソロの部:250人 ⇒ 300人

    会場アクセス「道の駅 奥出雲おろちループ」

    コースマップ

    スポンサーリンク

    高低差

    出典元:大会サイト コースマップ

    申込期間と応募方法

    エントリー開始は例年、6月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

    申込期間

    2022年 2022年6月24日(金) ~ 9月1日(木)
    2023年 2023年6月24日(土) ~ 9月8日(金)
    ※申込期間延長:9月15日(金)まで
    2024年 2024年6月下旬 ~ 9月上旬 ※予想
    スポンサーリンク

    応募方法

    参考

    エントリー締切時間

    申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

    2022年 2022年9月1日(木)
    ※最終日もエントリー可能でした。
    2023年 2023年9月15日(金)
    ※最終日もエントリー可能でした。
    2024年 2024年9月上旬 ※予想

    『出雲三成駅』周辺の宿泊場所

    宿泊するなら大会会場から電車で約2時間の出雲三成駅周辺が便利です。

    参考

    出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

    –> 楽天トラベルをいますぐチェック!

    口コミ

    スポンサーリンク

    2023年

    • 奥出雲おろちループグルメマラソン!お世話になってる整体の正木先生に教えて頂き初参加。“オモテナシ”が凄すぎた。
    • 37kmのコース一部を(八川駅〜三井野原駅)JR列車で9kmワープできるという、ちょっと変わった大会です。メインは4箇所のエイドで地元の特産物を全て食べて走るという条件付きで、メニューはおぼろ豆腐、山菜煮しめ、奥出雲そば、フルーツ、生どら焼き、笹巻き。全部美味しく頂きました。コースはほぼアップダウンできついコースですが給水場所も充実しています。ボランティアの学生さんがエイドや給水対応していましたが、「ありがとう」「お疲れ様」「最後のランナー来るまで大変だね。ご苦労さん」と声がけしながら走りました。ゴール後は仁多米の新米食べ放題、奥出雲牛の焼肉、味噌汁と疲れた身体に十分過ぎるエネルギー補給で満足感100%!
    • 奥出雲おろちループグルメマラソンに参加しました。その名の通り、エイドで地産のグルメが振る舞われるわけですが、それを必ず食べなければいけないというルール。なんて自分に合ったマラソンなんでしょう。37kmのソロ(リレーもある)を軽い気持ちで申し込んだわけですが、これがまあ〜キツかった。途中の峠越えは想像以上の勾配&長さ。そんな辛い時でも、平成初期生まれとしては、ZARDの『負けないで』がイントロからバチっと脳内再生余裕なので、なんとか気持ちは頑張れたのですが(足は止まりかけた)、コース後半はほぼ上り坂。前半で、これは帰りやばそうだとうすうす気づいてはいたのですが、直面してみると本当に辛い。歩きつつの終盤でしたが、そんなに他の人に抜かれなかったことを思うと、みんな同じようにキツかったんだな!終了後も手厚く、仁多米新米と奥出雲和牛の定食付きというなんともありがたい。当日かなり気温が低かったので味噌汁が沁みました。他にも、沿道での町のみなさまの声援があたたかく、普段の生活の中でこんなに人に応援されることなんてないのでそれだけでも参加した価値があると思いました。正直、来年も出たいけど、リレーで出たいな!

    2022年

    • 夢のような時間を過ごした今日。キツかったけど奥出雲おろちループグルメマラソン、凄く楽しかったのですよ。また行くよ、奥出雲町。また行くよ島根県。
    • 奥出雲おろちループグルメマラソン、正直記録は良くなかったですが、幸運だったのが木次線の良いタイミングでトロッコ列車と並走、乗客の方々から手を振って頂けて嬉しかったです。ゴール後も遠くでトロッコ見れました。
    • 奥出雲の景色、大自然、グルメ、地元の皆さんの応援を楽しめる大会。おじいちゃんおばあちゃんの応援に全力で答えてました!奥出雲の良さが詰まった大会でした。絶対来年も参加します!そして今度こそ入賞するぞ!!!
    • 37キロのレース中、4つの休憩所で地元の特産グルメを食べないと次に進めないという一風変わったマラソン。グルメと聞いて気楽にかまえてたのが甘かった。。峠越えとラスト10キロの延々と続く坂道に、太ももが大泣き。これぞヤマタノオロチの洗礼や。八川地区の方々の声援と、庭からホースでミストシャワーぶっかけてくれたおじさんをきっと忘れない。弱気がぶっとんだな〜。レース中のお腹にもやさしく美味しい食事を準備してくださったスタッフの皆さんに感謝です!!またゆっくり奥出雲におじゃまします。
    • タイトル長っ!とても変わった楽しいレースでした。道の駅からスタートしてすぐ2kmの坂下り(箱根6区かと思った笑)その後、起伏に富んだ23kmのランニング!ヘロヘロになった後、レース途中で昼食!それから木次線に乗って移動!三井野原駅で下車して1kmランしてフィニッシュ!フードエイドも舞茸汁、奥出雲そば、シャインマスカット、仁多米、島根和牛とバラエティ豊か!暑くて脚がちょいちょい攣りましたが、食欲とランニング欲と鉄オタ欲を同時に満たすかなり楽しいレースでした。
    • 楽しそうな大会が島根であるけど、これ村岡ダブルフルマラソンの前日なんだよね~!これもエントリーすると35㎞+45㎞で、2日で計80㎞になっちゃうなしかも両方、起伏のあるコース(笑)
    • 道の駅奥出雲おろちループをスタートし約37㎞をソロまたはチームリレーで走破するマラソン!エイドでは八川の美味しいグルメが楽しめます。帰路、八川駅〜三井野原駅間をJR木次線を利用してワープし、ゴールまでランニングしても完走です。
      • コース上に4箇所のエイドステーションを設置します。各エイドステーションでは、八川地区ならではのオリジナルグルメをお楽しみいただけます。ランナーはエイドでは必ずグルメを食べないといけません。リレー参加者はエイド到着者と出発者のみエイド補給食が食べられます。
        第1エイド:舞茸:舞茸を使ったオリジナルグルメ
        第2エイド:川西そば道場:手打ち出雲そば
        第3エイド:絲原記念館:地元産品こだわりスウィーツ
        第4エイド:八川小学校:地元産品オリジナルグルメ
        ゴール:新米仁多米のおにぎりと地元産品グルメ

      まとめ

      奥出雲おろちループグルメマラソンについて下記をご紹介いたしました。

      要約
      • 大会概要(第3回)
      • 応募方法と申込期間
      • 過去の締切時間
      • 宿泊場所

      奥出雲おろちループグルメマラソンは2024年10月上旬(※予想)の開催の予定です。
      最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。


      最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!