スポンサードリンク

本日は2023年に開催される第44回 北海道ロードレースついて以下の流れで、ご紹介いたします。

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

要約
  • 大会概要(第44回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所
参考

2021年大会(第42回)は中止になりました。
公式サイトのニュースはこちらから
※2021年8月26日発表

スポンサードリンク

大会概要

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

詳細情報

スポンサードリンク

大会名 北海道ロードレース
※過去の大会情報をベースに作成
種目
  • ハーフマラソン
  • 10km
開催日 2023年10月中旬 ※予想
過去
日程
  • 第43回:2022年10月16日(日)
  • 第42回:2021年10月10日(日) 中止
  • 第41回:2020年10月25日(日) 中止
  • 第40回:2019年10月20日(日)
  • 第39回:2018年10月21日(日)
開催地 〒005-0017 北海道札幌市南区真駒内公園3-1
真駒内セキスイハイムスタジアム
最寄駅
  • 地下鉄南北線 真駒内駅 徒歩23分 1.9km
開始
時間
  • 11時00分~:ハーフマラソン
  • 11時15分~:10km
制限
時間
2時間40分
定員 500人
参加費
  • ハーフマラソン:4,500円
  • 10km:3,500円
コース 真駒内セキスイハイムスタジアム1周5kmを6周する。

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
ハーフ 500人 4,500円 2時間40分
10km 3,500円 2時間40分
参考

会場アクセス「真駒内セキスイハイムスタジアム」

コースマップ

スポンサードリンク

ハーフマラソン・10km

5km

 

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、6月下旬ごろの予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2019年 2019年6月25日(火) ~ 9月22日(日)
2020年 中止
2021年 2021年7月20日(火) ~ 9月10日(金)
2022年 2022年7月21日(木) ~ 9月10日(土)
※申込期間延長:9月16日(金)まで
2023年 2023年6月下旬 ~ 9月上旬 ※予想


スポンサードリンク

応募方法

参考

エントリー締切時間

申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2019年 2019年9月22日(日)
2020年 中止
2021年 2021年9月10日(火)
2022年 2022年9月16日(金)
※最終日もエントリー可能でした。
2023年 2023年9月上旬 ※予想

『中島公園駅』周辺の宿泊場所

宿泊するなら真駒内駅から地下鉄で約23分の中島公園駅周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサードリンク

2021年

  • 第42回大会の30kmチャレンジは、7月20日から募集開始しましたが、新型コロナウイルス感染症の収束が見られず、募集定員削減等で、関係者と協議をしてきましたが、再び、北海道が緊急事態宣言になったことから、大会中止が決定しました。参加費は経費の一部を差し引き、参加賞と共にクオカードで返金される予定です。

2019年

  • ハーフマラソンに出場しました!スタート時はキロ5分ペースで行こうと頑張ったんですが、4kmで頑張りきれなくなり、あとはズルズル後退して、ぎりぎり2時間以内でゴールしました。もっと好タイムを狙っていたので悔しいです。
  • 気温が上がり、後半はちょっと脱水状態でした。この大会が終われば、北海道はしばらく雪の中。次の大会は3月のハーフマラソンかな。
  • 5kmに参加しました。天気最高、紅葉真っ盛りの風景最高でした。距離も自分にあっていたので、非常に楽しく走れました。これはハマりそう!!

まとめ

北海道ロードレースについて下記をご紹介いたしました。

要約
  • 大会概要(第44回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所

北海道ロードレースは2023年10月中旬(※予想)の開催の予定です。
最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。

スポンサードリンク

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!