スポンサーリンク

本日は高知県四万十市で開催される四万十川ウルトラマラソンについて、ご紹介いたします。


スポンサーリンク

大会概要

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 四万十川ウルトラマラソン
種目
  • 100km
  • 60km
開催日 2024年10月20日(日)
過去
日程
  • 第30回:2024年10月20日(日)
  • 第29回:2023年10月15日(日)
  • 第28回:2022年10月16日(日) 中止
  • 第27回:2021年10月17日(日) 中止
  • 第26回:2020年10月18日(日) 中止
  • 第25回:2019年10月20日(日)
  • 第24回:2018年10月21日(日)
  • 第23回:2017年10月15日(日)
  • 第22回:2016年10月16日(日)
  • 第21回:2015年10月18日(日)
  • 第20回:2014年10月19日(日)
開催地
  • 100km前日受付会場
    〒787-0008 高知県四万十市安並4231
    四万十市民スポーツセンター
  • 100kmスタート場所
    〒787-1442 高知県四万十市蕨岡甲6959
    四万十市立蕨岡中学校前
    ※蕨岡=わらびおか
  • 60km前日受付会場
    〒786-0515 高知県高岡郡四万十町久保川41-1
    四万十町十和体育館
  • 60km当日受付会場 & スタート場所
    〒786-0504 高知県高岡郡四万十町十川9
    四万十町こいのぼり公園前
最寄駅 100km前日受付会場:JR中村駅から徒歩34分 2.8km

100kmスタート場所:

  • JR宿毛駅~中村駅 臨時列車 3時40分発 無料
  • JR中村駅から無料シャトルバスあり
  • 中村駅周辺の宿泊所から無料シャトルバスあり
  • 黒潮町の宿泊所から無料シャトルバスあり

60km前日受付会場:JR十川駅から徒歩30分 2.4km

60kmスタート場所:

  • JR十川駅から徒歩7分 500m
  • JR窪川駅周辺の宿泊所から無料シャトルバスあり
  • JR中村駅周辺の宿泊所からJTBツアーバスあり(有料)
    ※事前申込み
開始
時間
大会前日

  • 11時00分:受付開始
  • 18時00分:受付終了

大会当日

  • 5時00分:開会式
  • 5時30分:100km
  • 7時00分:受付開始
  • 8時30分:受付終了
  • 9時00分:開会式
  • 9時30分:60km
  • 19時30分:競技終了
制限
時間
  • 100km:14時間
  • 60km:10時間
定員
  • 100km:1,600人
  • 60km:500人
参加費
  • 100km:20,000円
  • 60km:15,000円
コース
  • 100kmスタート:四万十市立蕨岡中学校前
  • 60kmスタート:四万十町こいのぼり公園前
  • ゴール:高知県立中村中学校・中村高等学校

※日本陸上競技連盟公認コース

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
100km 1,600人 20,000円 14時間

  • 5時間25分:36.6km
  • 8時間24分:56.5km
  • 8時間53分:61.4km
  • 10時間10分:71.3km
  • 11時間12分:79.5km
  • 12時間18分:86.9km
  • 13時間16分:93.9km
60km 500人 15,000円 10時間

  • 7時間12分:39.5km
  • 8時間18分:46.9km
  • 9時間16分:53.9km
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Twitterの最新情報はこちらから
  • 2022年大会から参加費値上げ
    100km:18,000円 ⇒ 20,000円
    60km:13,000円 ⇒ 15,000円
    ※抗原検査キット2,000円含む
  • 2023年大会から定員削減
    100km:1,800人 ⇒ 1,600人
    60km:600人 ⇒ 500人

会場アクセス

前日受付会場「四万十市民スポーツセンター」

100kmスタート「四万十市立蕨岡(わらびおか)中学校前」

60km前日受付会場 & 当日受付会場 & スタート場所

コースマップ

スポンサーリンク

高低差

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、5月~6月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2020年 2020年5月29日(金) ~ 6月19日(金)
2021年 2021年7月26日(月)20:00 ~ 8月15日(日) ※先着順
2022年 2022年7月11日(月)20:00 ~ 7月29日(金) ※先着順
2023年 2023年6月1日(木)20:00 ~ 7月31日(月) ※先着順
2024年 2024年6月3日(月)20:00 ~ 6月30日(日) ※先着順


スポンサーリンク

応募方法

参考

エントリー締切時間

申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2022年 なし ※先着順のため
※最終日もエントリー可能でした。
2023年 なし ※先着順のため
※フル:定員に達したため締切(6/6)
※60km:定員に達したため締切(6/12)
2024年 2024年6月30日(日)

『宿毛駅』周辺の宿泊場所

宿泊するならJR中村駅まで臨時列車が出ているの宿毛駅周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサーリンク

2023年

  • 4年ぶり4回目の四万十川ウルトラマラソン100kmに参戦。痛風発作中の足に万全の措置を施し挑みましたが、走ると薬も効かず42kmがやっとでした。4回目で初リタイア!毎回新たな気付きや感動をくれる四万十川ウルトラマラソン。今回は、リタイア後に知り合ったランナーさんたちとの交流や、頑張るランナーから学んだこと、健康管理の重要性を再認識したことが収穫かな。
  • 4年ぶりの開催。100キロの道のりは険しかった。5時半スタート!真っ暗の中、寒くなくちょうどの気温、いいペースで走り始める。10キロぐらいから坂道に入り、中盤から急な山道になり、走ったり歩いたり。下りは足が攣りそうになりゆっくり走る。大自然を駆け抜けると、四万十川が見えてくる。沈下橋を通り、眺めが最高だった。61キロ地点のカヌー館で軽く昼食を摂って、エネルギー補給をする。仲間の差し入れ、応援に勇気づけられる。けど、70キロでピタッと足が止まってしまった。限界を超えて、半べそだった。そんな私に、ゴールまで一緒に行こうと声をかけてくれ、信じてついていった。たいまつの明かりが見えてくるとゴールが近い。よくここまで走ってこれたなぁとしみじみ。楽しめたか、いや苦しさが遥かに勝っていた。
  • 都会ではMGCだレガシーハーフだと盛り上がっている中、四国の西の方の山では全国からなかなかの変態さんたちが集まって四万十川をウロウロしてました!昨年は直前でキャンセルなり、私自身初参加。事前にコース確認で最初の20キロの600mの上りにビビってましたがほぼ走って登る事が出来、まあまあのスタート。峠直前で高知放送の高橋アナと合流して40キロまで伴走させていただきました。いろいろお話しすると、宮崎日南出身の29歳。何やらとても身近に感じたナイスガイでした!それにしても番組の企画とはいえアナウンサーの方も大変!コースは沈下橋等を除けば、ほぼほぼ川沿いの林道を走る景色の変わらない単調なコースながらも、ボランティアをはじめ沿道の応援がとても暖かく、とても良い大会でした!

2022年

  • 本来であれば明日の四万十川ウルトラマラソン参加のために四国入りの予定も、大会キャンセルになっちゃったので、どうせならと四国の百名山へ!
  • 今日は四万十川ウルトラマラソンの予定だった日。中止になってしまったけれど、四万十を走ってきました。私の力ではスタッフの力無しで100kmは無理なので、道の駅四万十とおわと道の駅よって西土佐の間を中心に36km。夜は味劇場ちかで一人打ち上げ。今日同じように走っていた人たくさんいたみたい。

2021年

  • 中止が決まりました。2年連続の中止です。復旧した岩間沈下橋もランナーが走る予定でした。
  • 昨年まで通行止めとなっていた岩間沈下橋の復旧も終わり、来年大会では、四万十川を代表する岩間沈下橋もコースに復帰します!!
  • 今年は60kmだけ開催の可能性があるみたいです。オンラインマラソンもありがたいけれど、そろそろ普段の大会に出たい。
  • 60km、600名で開催に向けて動き出しているみたいです。
  • 最終可否判断は7月中旬だそうです。開催の場合、先着順の予定らしいです。例年は抽選です。どうなるのかな??

2020年以前

  • 14年~11年前かな・・・四万十川ウルトラマラソンの受付会場でもらった『応援の石』!地元の中学生の作品です。
  • 四万十川の半家沈下橋(はげちんかばし)のたもとに石のハート!最初は2019年のウルトラマラソンの取材で見つけました。石の上に微妙なバランスで立つ。2019年暮れにはかすかに動いていました。ハートの石は四万十川の精霊かもしれない。
  • 友達が四万十川ウルトラマラソンを7回も完走していました!!四万十中毒!
  • アップダウンだらけで、暑くて厳しい条件だったけれども、コースと応援が最高でした!!めちゃくちゃ気持ちよく走れて、11時間を切ることができました。自己ベストを10分更新で、本当に嬉しいです。


最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!