スポンサーリンク

本日は岡山県加賀郡吉備中央町で開催される岡山吉備高原車いすふれあいロードレースについて、ご紹介いたします。


スポンサーリンク

大会概要

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 岡山吉備高原車いすふれあいロードレース
種目
  • ハーフマラソン
  • 10km
  • 3km
開催日 2024年10月13日(日)
過去
日程
  • 第36回:2024年10月13日(日)
  • 第35回:2023年10月8日(日)
  • 第34回:2022年10月9日(日)
開催地 〒716-1241 岡山県加賀郡吉備中央町吉川7511
吉備高原総合リハビリテーションセンター駐車場付近
最寄駅
  • JR伯備線 備中高梁駅 バスで約52分
開始
時間
  • 8時00分:受付開始
  • 9時30分:受付終了
  • 9時35分:出発式
  • 9時55分~:3km
  • 10時50分~:10km
  • 11時00分~:ハーフマラソン
制限
時間
  • ハーフマラソン:2時間20分
  • 10km:1時間30分
  • 3km:50分
定員
  • 一般ロードレース
    1,500人
参加費
  • ハーフマラソン:3,000円
  • 10km:3,000円
  • 3km:3,000円
コース
  • 公益財団法人 日本陸上競技連盟公認コース
    コースの下見は全体では特に行いませんが、
    以下の日程にてコース図を掲示します。
  • (1)10月12日(土)14:30~
    国立吉備青少年自然の家玄関前
    (前日行事受付場所)
  • (2)10月13日(日)8:00~
    吉備高原総合リハビリテーションセンター駐車場
    (選手受付場所)

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
ハーフ 一般
ロード
レース
1,500人
3,000円 2時間20分
10km 3,000円 1時間30分
3km 3,000円 50分
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Twitterの最新情報はこちらから
  • 2024年大会から参加費値上げ
    2,500円 ⇒ 3,000円

    会場アクセス「吉備高原総合リハビリテーションセンター駐車場付近」

    【参考】コースマップ(2023年)

    ハーフマラソン

    10km

    3km

    出典元:大会サイト コースマップ

    申込期間と応募方法

    エントリー開始は例年、6月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

    申込期間

    2023年 2023年6月2日(金) ~ 8月21日(月)
    2024年 2024年6月1日(土) ~ 8月20日(火)

    応募方法

    参考

    エントリー締切時間

    申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

    2023年 2023年8月21日(月)
    ※最終日もエントリー可能でした。
    2024年 2024年8月20日(火)

    『吉備高原』周辺の宿泊場所

    宿泊するなら大会会場から徒歩で約12分の吉備高原周辺が便利です。

    参考

    出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

    –> 楽天トラベルをいますぐチェック!

    口コミ

    スポンサーリンク

    2023年

    • 昨年に引き続き今年も『岡山吉備高原車いすふれあいロードレース』に参戦してまいりました!今回もハーフマラソンでしたが、前半の調子が悪くて、思うように足が使えず、かなりキツかったけど、ハーフ中間を超え他あたりから、調子も戻りペースを上げ、そのままフィニッシュまでいけました。本当言うと10kmもいかないあたりで、DNFという文字がよぎった!しかし、それは自分にとって納得のいかない決断になると思った瞬間のペースアップだったので、本当にラッキーと思い、そのまま走りきれることができ、更に去年より約2分ほどPB更新まで出来ました!これも、いつも一緒に練習している仲間たちのおかげだと思います!来年またリベンジするぞ!
    • 気候コンディション良く、目標の40分切り、10kmPB達成できました。何よりも沿道や一緒に走るラン仲間からの応援エール、とても嬉しく力をもらいました。
    • ハーフの部に参加しました。ここ2.3年怪我が多くて、まともに走れないですが、今出せる力を出せました。昨年も参加したんだけど、タイムは同じくらい。でも、ゴール後の気持ちが全然違う!去年は、怪我明けにもかかわらず、自分の力を見誤り、前半飛ばし過ぎて、後半バテバテのレースで苦しさだけが残ったレースでした。今年も怪我明けだったけど、前半落として、後半ペースを保ち、残り6kmペース上げることができて、気持ちよくゴールできました。登りの馬力がもっと欲しい!

    2022年

    • 平坦な部分がほぼないコースでしたが、アップダウンに強い二人が地力を発揮してきっちり80分切りを果たしました。
    • 第34回岡山吉備高原車いすふれあいロードレース!3年ぶりに、彬子女王殿下のお越しいただき開催されました。
    • 昨日9日、岡山吉備高原車いすふれあいロードレースが3年ぶりに開催されました!昨年の東京パラリンピックで活躍した日本代表を含む国内トツプ級アスリートらが熱戦を展開!車いすと一般ランナーが同じコースを走るレースとしては国内の草分け的な存在だそう。


    最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!