スポンサードリンク

本日は2022年に開催される第12回 奥多摩トレイルランついて以下の流れで、ご紹介いたします。

要約
  • 大会概要(第12回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所
参考
  • 2021年代替大会(第11回)は中止になりました。
    公式サイトのニュースはこちらから(PDF)
    ※2021年7月9日発表
  • 2021年大会(第11回)は中止になりました。
    公式サイトのニュースはこちらから(PDF)
    ※2021年5月9日発表
  • 2020年大会(第10回)は中止になりました。
    公式サイトのニュースはこちらから
    ※2020年4月6日発表
スポンサードリンク

大会概要

詳細情報

スポンサードリンク

大会名称 奥多摩トレイルラン大会
青梅~川井
種目
  • Aコース:33km
  • Bコース:10km
開催日 2022年6月4日(土)
過去の日程
  • 第11回代替:2021年7月17日(土) 中止
  • 第11回:2021年5月22日(土) 中止
  • 第10回:2020年5月16日(土) 中止
  • 第9回:2019年5月18日(土)
  • 第8回:2018年5月19日(土)
開催地 〒198-0041 東京都青梅市本町217
永山公園総合運動場
最寄り駅 JR青梅線青梅駅下車5分
スタート
時間
  • 7時00分:Aコース受付開始
  • 7時00分:Bコース受付開始
  • 8時30分:Aコース ウェーブスタート
  • 8時35分:Bコース 一斉スタート
制限時間
  • Aコース:9時間
  • Bコース:2時間20分
定員 300人
参加費
  • Aコース:6,000円
  • Bコース:4,000円
コース
  • 38km:
    青梅市永山公園
    ~高水三山
    ~棒の嶺
    日向沢の峰
    ~川苔山南側
    ~舟井戸
    ~大ダワ
    本仁田山
    ~案寺沢
    ~奥多摩工業裏
    ~氷川小正門
    氷川小体育館前
  • 33km:
    青梅市永山公園
    ~高水三山
    ~棒ノ嶺
    ~日向沢ノ峰
    ~川苔山南側(曲ヶ谷北峰)
    ~赤杭尾根(三ノ戸山)
    ~川井
    ~旧古里中正門
  • 10km:
    青梅市永山公園
    ~矢倉台
    ~三方山
    ~辛垣城址
    ~雷電山
    ~高源寺境内

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
Aコース
33km
150人 6,000円 9時間
Bコース
10km
150人 4,000円 2時間20分
参考
必須装備品
  • 水1,000ml以上
  • 行動食
  • 雨具(防寒具)
  • コンパス
  • 地図
  • ヘッドランプ
  • 携帯電話(スマートフォン)
  • 筆記用具
  • お金
  • 救急用品
スポンサードリンク

会場アクセス「永山公園総合運動場」

【参考】コースマップ(青梅~氷川)

スポンサードリンク

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、2月上旬頃の予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2020年 2020年2月1日(土) ~ 4月30日(木)
2021年 2021年3月1日(月) ~ 5月5日(水)
2022年 2022年4月5日(火) ~ 5月20日(金)


スポンサードリンク

応募方法

参考

エントリー締切時間

申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2020年 2020年4月30日(木)
2021年 2021年5月5日(水)
2022年 2022年5月20日(金)

『青梅駅』周辺の宿泊場所

宿泊するならスタート会場近くの青梅駅周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサードリンク

2021年

  • 7月17日(土)代替大会は東京都4回目の緊急事態宣言を受けて、中止になりました。
  • 5月22日(土)開催予定でしたが、緊急事態宣言が5月31日まで延長になりましたので、中止になりました。代替大会として7月17日(土)に開催されます!

2020年以前

  • 奥多摩トレイルランに参加してきまして、本当に大変な山道がこれでもか、これでもかと立ちはだかるので、尋常ではない汗を書きました。
  • 10km地点から30kmまで給水やエイドがないので非常食、水1リットル、エイドキット、防寒具をリュックに入れて走るから身体が重くて辛かった。
  • ポールを使っている方をちらほら見かけました。ポールを使うのと使わないのとでは、進みやすさが断然違うと使用者に言われました。

まとめ

奥多摩トレイルランについて下記をご紹介いたしました。

要約
  • 大会概要(第12回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所

奥多摩トレイルランは2022年6月4日(土)の開催の予定です。
最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。

スポンサードリンク

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!