スポンサードリンク

本日は2022年に開催される第30回 ハセツネCUP(ハセツネカップ)ついて以下の流れで、ご紹介いたします。

要約
  • 大会概要(第30回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所
参考
  • 2021年大会(第29回)は中止になりました。
    公式サイトのニュースはこちらから
    ※2021年9月17日発表
  • 2020年大会(第28回)は中止になりました。
    公式サイトのニュースはこちらから
    ※2020年6月24日発表
スポンサードリンク

大会概要

詳細情報

スポンサードリンク

大会名称 ハセツネCUP(ハセツネカップ)
※日本山岳耐久レース『長谷川恒男Cup』
種目
  • 奥多摩山域 71.5km
  • 奥多摩山域 143km(ダブル)
開催日 2022年10月9日(日)・10日(月)
過去の日程
  • 第29回:2021年10月9日(土)・10日(日) 中止
  • 第28回:2020年10月10日(土)・11日(日) 中止
  • 第27回:2019年10月13日(日)・14日(月) 中止
開催日 〒190-0164 東京都あきる野市五日市412
五日市会館
最寄り駅 JR五日市線 武蔵五日市駅 徒歩13分 950m
スタート
時間
大会1日目

  • 10時00分:受付開始
  • 12時00分:受付終了
  • 12時15分:開会式
  • 12時45分:エリートの部
  • 13時00分:一般・ダブルの部

大会2日目

  • 9時00分:表彰式
  • 13時00分:競技終了
制限時間 24時間
定員 2,000人
参加費
  • 一般:22,000円
  • 高校生:9,000円
  • 東京都山岳連盟員:20,000円
  • ふるさと納税:30,000円以上 + 参加費

※ふるさと納税枠もあり

コース 五日市中学校
→ 今熊神社
→ 市道山分岐(795m)
→ 醍醐丸
→ 生藤山(990m)
→ 土俵岳(1005m)
→ 笹尾根
→ 三頭山(1527m)
→ 大岳山(1266m)
→ 御岳神社(929m)
→ 金比羅尾根
→ 五日市会館前

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
奥多摩山域

  • 71.5km
  • 143km
2,000人
  • ダブル:33,000円
  • 一般:22,000円
  • 高校生:9,000円
  • 東京都山岳連盟員:20,000円
  • ふるさと納税:30,000円以上 + 参加費

※ふるさと納税枠もあり

24時間
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Twitterの最新情報はこちらから
  • 2022年大会から参加費値上げ
    71.5km:15,000円 ⇒ 22,000円
    71.5km(高校生):6,000円 ⇒ 9,000円
  • 2022年大会から定員削減
    2,500人 ⇒ 2,000人
スポンサードリンク

会場アクセス「五日市小学校」

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、6月上旬ごろの予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2020年 2020年6月1日(土) 10:00 ~
2021年
  • 第13回ハセツネ30Kエントリー者 or 通算15回以上完走者:
    2021年6月14日(月)10:00 ~ 6月28日(月)
  • 一般申込:
    2021年7月1日(木) 10:00 ~ 7月15日(木)
2022年
  • 第29回ハセツネCUPエントリー者 or 通算15回以上完走者:
    2022年5月20日(金)21:00 ~ 5月27日(金)
  • 一般申込:
    2021年6月1日(水)21:00 ~ 


スポンサードリンク

参加資格

  1. 大会当日において満16歳以上であること(18歳以下の参加者は保護者の承諾が必要)
  2. レースの全コースを迷うことなく、制限時間内に完走する自信があること
  3. 山岳遭難対策制度(山岳保険・日本山岳協会共済・jRO等)に加入していること
  4. 大会2週間前に日本に在住している人、国籍は問いません。(招待選手は除く)
  5. 新型コロナウィルス感染症防止のガイドライン(別途記載)を順守できること
  6. 一般カテゴリー以外では下記の条件も満たしていること
  7. エリートの部
    ・エントリー時にトレランJAPAN競技者登録選手であること
    ・一般の部の資格に加え下記のいずれかの条件を満たしていること
    ・歴代の優勝経験者
    ・過去の本大会を完走し、男子11時間未満、女子13時間未満の記録で完走経験がある選手
    ・上記の項目のいずれにも該当しない場合は、2022年6月時点のITRAパフォーマンスインデックスの総合指数男子550、女子500以上の選手
  8. ハセツネダブルの部
    ・⼀般の部の資格に加え下記のいずれかの条件を満たしていること
    ・18歳以上
    ・歴代の優勝経験者
    ・過去に本大会を完走し、10時間未満の記録で完走経験がある選手
    ・上記の項目のいずれにも該当しない場合は、2022年6月時点のITRAパフォーマンスインデックスの総合指数男子725、女子600以上の選手

応募方法

参考

エントリー締切時間

申込開始直後に締切になりますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2020年 2020年6月1日(土)
※申込開始後、すぐに締切
2021年
  • 一般申込:
    2021年7月1日(木)
    ※午前中で定員に達したため締切
  • ふるさと納税枠:
    2021年7月15日(木)
    ※最終日もエントリー可能でした。
2022年 2022年6月1日(水)

『武蔵五日市駅』周辺の宿泊場所

宿泊するならスタート会場から徒歩で約10分の武蔵五日市駅周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサードリンク

2021年

  • 2021年10月9日(土)~10日(日)開催予定の『第29回日本山岳耐久レース~長谷川恒男CUP』は中止になりました。参加料は最終決算の残金を2021年ハセツネ30Kの返金作業に準じて、返金されます。2022年3月末に開催される第14回ハセツネ30K大会の優先エントリー権が全員に付与されます。
  • ハセツネのエントリー始めっていたので、ふるさと納税枠でエントリーできました!
  • ハセツネのふるさと納税枠がまだ残っています。かつて、そんなことがあっただろうか。
  • ハセツネ優先エントリー完了。ただただ開催を願います。目標が定まったことをとりあえず良しとしよう!

2020年以前

  • 2020年大会も中止になりました。2年連続の中止です。
  • 2019年大会は、台風19号が本州接近で、大会前日の土曜日から翌日の朝まで記録的な降水量が見込まれるため、大会の中止が発表されました。27回を数える大会史上で初めてハセツネCUPが中止になりました。
  • ハセツネCUPもしくは長谷川恒男カップは「日本山岳耐久レース」とも呼ばれ、1992年より毎年開催されている東京の山岳地帯を走る総距離71kmのトレイルランニングです。
  • 累積標高差4582m。名称は、日本の登山家、長谷川恒男に由来する。日本では最も古くから行われているトレイルランニングです。
  • ラストの金毘羅尾根の手前、日の出山から見渡す夜景はより一層、人々の目に光り輝いて見えたかもしれません!
  • かの有名なハセツネCUPの由来になった、長谷川恒男さんの本を初めて読みました。ガチガチの登山記録ではなく、長谷川恒男さんの教育論的なことが書かれている本でした。すごい人の話は面白いですね。

まとめ

ハセツネCUPについて下記をご紹介いたしました。

要約
  • 大会概要(第30回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所

ハセツネCUPは2022年10月9日(日)・10日(月)の開催の予定です。
最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。

スポンサードリンク

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!