スポンサードリンク

本日は2023年に開催される横浜マラソンについて以下の流れで、ご紹介いたします。

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

要約
  • 大会概要
  • 応募方法や申込期間
  • 過去の抽選倍率
  • 抽選発表日
参考
  • 2021年大会は中止になりました。
    公式サイトのニュースはこちらから
    ※2021年7月30日発表
  • 2020年大会は中止になりました。
    公式サイトのニュースはこちらから
    ※2020年5月8日発表
スポンサードリンク

大会概要

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

詳細情報

スポンサードリンク

大会名 横浜マラソン
※過去の大会情報をベースに作成
種目
  • フルマラソン
  • みなとみらい7kmラン
  • 車いすチャレンジ 約2.5km
  • オンラインマラソン 42.195km
開催日 2023年10月下旬 ※予想
過去
日程
  • 2022年10月30日(日)
  • 2021年10月31日(日) 中止
  • 2020年11月1日(日) 中止
  • 2019年11月10日(日)
  • 2018年10月28日(日)
  • 2017年10月29日(日) 中止
  • 2016年3月13日(日)
  • 2015年3月15日(日)
開催地 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1
パシフィコ横浜ノース(予定)
最寄駅
  • みなとみらい線 みなとみらい駅 徒歩7分 450m
  • JR京浜東北線 桜木町駅 徒歩19分 1.4km
開始
時間
  • 8時30分:フルマラソン・みなとみらい7kmラン
  • 9時40分:車いすチャレンジ
制限
時間
  • フルマラソン : 6時間30分
  • みなとみらい7kmラン:80分
  • 車いすチャレンジ:60分
定員
  • フルマラソン:23,000人
  • みなとみらい7kmラン:2,000人
  • 車いすチャレンジ:100人
  • オンラインマラソン:3,000人
参加費
  • フルマラソン:20,000円
  • みなとみらい7kmラン:5,000円
  • 車いすチャレンジ:4,500円
  • オンラインマラソン:5,000円
コース
  • フルマラソン:
    横浜ランドマークタワー
    〜 みなとみらい大橋
    ~ 横浜市中央卸売市場本場
    ~ パシフィコ横浜
    ~ 横浜赤レンガ倉庫
    ~ 横浜税関
    ~ 神奈川県庁本庁舎
    ~ 山下公園
    ~ 三溪園・本牧市民公園
    ~ 根岸駅前
    ~ 横浜南部市場(折り返し)
    ~ 首都高速湾岸線(杉田~本牧ふ頭)
    ~ 山下公園
    ~大さん橋
    ~ 横浜赤レンガ倉庫
    ~ 横浜ハンマーヘッド
    ~ 女神橋
    〜 パシフィコ横浜・臨港パーク
  • みなとみらい7kmラン
    横浜ランドマークタワー前
    〜横浜赤レンガ倉庫
    ~横浜ハンマーヘッド
    ~女神橋
    〜パシフィコ横浜 臨港パーク
  • 車いすチャレンジ
    パシフィコ横浜前交差点
    ~ 横浜赤レンガ倉庫
    ~ 横浜ハンマーヘッド
    ~ 女神橋
    〜 パシフィコ横浜・臨港パーク

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
フル 23,000人

  • 女性ランナー
    優先枠 6,000人
  • 地元優先枠
    (横浜市民枠)
    2,000人
  • 地元優先枠
    (神奈川県民枠)
    1,000人
  • 一般枠 12,600人
  • チャリティ枠
    400人
  • ふるさと納税枠
    500人
  • 横浜マラソン
    チャレンジ枠 500人
20,000円 6時間30分(390分)

  • 9時10分:0km
  • 9時35分:4.1km
  • 9時54分:6.7km
  • 10時24分:10.8km
  • 10時55分:14.8km
  • 11時16分:17.5km
  • 11時38分:20.2km
  • 12時04分:23.3km
  • 12時44分:27.9km
  • 13時44分:34.5km
  • 14時25分:38.9km
  • 14時39分:40.2km
みなとみらい
7kmラン
2,000人 5,000円 80分
車いす
チャレンジ
約2.5km
100人 4,500円 60分
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Twitterの最新情報はこちらから
  • 2022年大会から『みなとみらい7kmラン』を新設
  • 2022年大会から参加費値下げ
    フルマラソン:23,000円 ⇒ 20,000円
  • 2021年大会から参加費6,800円値上げ
    フルマラソン:16,200円 ⇒ 23,000円
    1/7フルマラソン:4,300円 ⇒ 開催なし
  • 2022年大会から定員増加
    フルマラソン:20,000人 ⇒ 23,000人

会場アクセス「パシフィコ横浜ノース」

コースマップ

スポンサードリンク

フルマラソン

【参考】フルマラソン(2021年)

スタートはみなとみらい大橋から横浜市庁舎に変更されました。ゴールはパシフィコ横浜・臨港パークです。横浜スタジアム周辺を走るコースがなくなり、シンプルになりました。また、2021年大会のコースは日本陸上競技連盟公認コースではございません。

【参考】フルマラソン(2020年以前)

2020年大会以前のコースはこちらになります。

みなとみらい7kmラン

【参考】1/7フルマラソン(2020年以前)

スタートはみなとみらい大橋、ゴールは山下公園前です。

   車いすチャレンジ

スタートはパシフィコ横浜前交差点、ゴールはパシフィコ横浜・臨港パークです。

【参考】高低差(2021年)

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

申込期間

女性ランナー・地元優先・一般・みなとみらい7kmラン・車いすチャレンジ枠

2020年 2020年4月1日(水)12:00 ~ 4月30日(木)17:00
2021年 2021年4月7日(水)12:00 ~ 5月11日(火)17:00
2022年
  • 先行枠(2021年申込者で出走権獲得者):
    2022年4月7日(木)12:00 ~ 4月21日(木)23:59
  • 女性ランナー・地元優先・一般・みなとみらい7kmラン・車いすチャレンジ枠
    2022年4月26日(火)12:00 ~ 5月17日(火)23:59
2023年 2023年4月上旬 ~ 5月中旬 ※予想
ポイント

女性ランナー優先枠・地元優先枠で落選した場合は、自動的に一般枠で再抽選が行われます。

ふるさと納税枠・チャリティ枠・オンライン枠・出走権付き宿泊

2020年
  • チャリティ・外国人・ふるさと納税枠
    2020年4月1日(水)12:00 ~ 5月25日(月)17:00
2021年
  • ふるさと納税枠
    2021年4月7日(水)12:00 ~ 6月17日(木)17:00
  • チャリティ枠
    2021年5月26日(水)12:00 ~ 6月24日(木)17:00
  • オンライン枠
    2021年7月1日(木)12:00 ~ 7月30日(金)17:00
2022年
  • ふるさと納税・チャリティ・オンライン枠
    2022年4月26日(火)12:00 ~ 6月20日(月)23:59
  • 出走権付き宿泊プラン
    ~2022年6月30日(木)
2023年 2023年4月下旬 ~ 6月下旬 ※予想
参考

ふるさと納税枠は、横浜市に12万0000円以上の寄付した方は無抽選で出走権を獲得できます。
※2022年大会から、12万3000円から12万円に値下げ
※2021年大会から、10万円から12万3000円に値上げ

スポンサードリンク

応募方法

参考

抽選倍率と過去の倍率

一般枠

2015年 3.41倍(抽選対象 66,381人 / 定員 19,450人)
2016年 3.13倍(抽選対象 60,982人 / 定員 19,450人)
2017年 2.71倍(抽選対象 59,462人 / 定員 21,950人)
2018年 5.78倍(抽選対象 29,117人 / 定員 5,040人)
2019年 2.26倍(抽選対象 34,081人 / 定員 15,074人)
2020年 中止
2021年 1.29倍(抽選対象 16,508人 / 定員 12,775人)
2022年 1.14倍(抽選対象 10,230人 / 定員 8,991人)
参考
  • 2021年大会は、募集人数9,800人に、女性ランナー優先枠の残った枠(2,975人)を加えた、12,775人が定員となります。
  • 2018年大会は、2017年大会に出走できなかった方に優先枠が設けられた影響で、定員が少なくなっております。
  • 2017年大会は、台風22号の影響で中止となりました。

地元優先枠の抽選倍率

地元優先枠(横浜市民枠)

2019年 4.29倍(抽選対象 8,586人 / 定員 2,000人)
2020年 中止
2021年 3.04倍(抽選対象 6,072人 / 定員 2,000人)
2022年 2.92倍(抽選対象 3,473人 / 定員 1,190人 )

地元優先枠(神奈川県民枠)

2019年 10.3倍(抽選対象 10,310人 / 定員 1,000人)
2020年 中止
2021年 3.53倍(抽選対象 3,533人 / 定員 1,000人)
2022年 3.80倍(抽選対象 2,233人 / 定員 588人)

女性ランナー枠

2019年
2020年
2021年 0.50倍(抽選対象 3,025人 / 定員 6,000人)
2022年 0.57倍(抽選対象 2,015人 / 定員 3,535人)

1/7フルマラソン

2019年 5.8倍(抽選対象 5,809人 / 定員 1,000人)
2020年 中止
2021年 開催なし
2022年 2.32倍(抽選対象 4,635人 / 定員 2,000人)
ポイント

チャリティ枠、外国人枠は先着順

抽選発表日

女性ランナー・地元優先枠

2020年 2020年5月14日(木)
2021年 2021年5月25日(火)
※入金締切:6月1日(火)17:00
2022年 2022年5月27日(金)
※入金締切:6月6日(月)23:59
2023年 2023年5月下旬 ※予想

一般枠

2020年 2020年5月28日(木)
2021年 2021年6月8日(火)
※入金締切:6月17日(木)17:00
2022年 2022年6月10日(金)
※入金締切:6月20日(月)23:59
2023年 2023年6月上旬 ※予想

2次募集

2022年のニュースを確認しましたが、2次募集の案内はございませんでした。

2018年 発表なし
2019年 発表なし
2021年 発表なし
2022年 発表なし

『桜木町駅』周辺の宿泊場所

宿泊するなら大会会場から徒歩で約23分で迎える桜木町駅周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサードリンク

2022年

  • 3年ぶりとなる大会の開催で、生まれ育った横浜の街をたくさんのランナーさんと走れる喜びや沿道からのあたたかな応援を追い風にして、42.195kmの道のりの間、感謝の気持ちを込めて、楽しく駆け抜けられました!
  • 少し時間が経ってしまいましたが、日曜日にパパが横浜マラソンに参加しました!岩手に続き2週連続のフルマラソンだったので心配でしたが、無事に完走することができて良かったです!ちなみに横浜は参加料がとても高いみたいなんですが、完走メダルが過去一立派で重かったです!
  • 横浜マラソンで出川哲郎の実家の店がみえました!横浜駅から歩いて5分くらいのところにある海苔屋さんです!蔦金商店と言って100年くらい続く老舗の海苔屋です!現在はお兄さんが経営しております!
  • 横浜マラソン無事に完走しました!3年ぶり2回目のフルマラソン。楽しみと不安でいっぱいだったけど、日々のランニングの成果もでて目標のサブ4達成!沿道の応援も凄く嬉しかった!ベイスターズ頑張れとか来年は優勝しようー!とか励ましてもらえてパワーになりました!
  • ヨッシー作戦大成功!!&横浜マラソン無事完走!記録を狙えないなら、せめて沿道から、ボランティアさんから声援をもらいたいと、2019年の大阪マラソンに続き今回もヨッシーの被り物をして参加しました!なぜヨッシー?って、私がヨシユキだから、それだけです!沿道からボランティアさんからは勿論、沢山のランナーさんからも声掛けてもらったり、走りながら写真や動画を一緒に撮ったりと身体はキツかったけど、楽しい42.195kmでした。

2021年

  • 中止になったけれど、手数料を除く全額返金と参加賞Tシャツとタオル、次回大会の出走権確保してくれるのはありがたいです。
  • 横浜マラソンのリアル大会は2年連続で中止になりました。オンラインは予定通り実施されます。返金方法やオンラインマラソンへの移行などの手続きは、8月18日(水)以降に参加ランナーに連絡されます。
  • ボランティアや運営スタッフの体制構築の見通しが立たないというのが理由で中止になりました。残念すぎる・・・
  • 横浜マラソンの抽選エントリーしました。TVKの放送もあるし、Youtubeの配信もあるはずだから、注目度は高いと思います。
  • 10月末に行けるかなぁ。こないだも中止だったし、2017年の台風のときもあったし・・・
  • 横浜マラソンにエントリーしました。目標あった方が、日々のランニングも楽しめるので・・・。当選確率低そうですが、当選の場合、久しぶりのフルマラソンになります。怪我しない程度にがんばります。
  • 横浜マラソンの参加費23,000円ですが、「横浜なら宿泊費もかからないし、交通費も安い」とおおきめの独り言を言って、結局エントリー!笑
  • 参加費23,000円+手数料1,150円(5%)は高い!!どうせ、当選しないだろうけれど・・・

2020年以前

  • 横浜の名所を回って走る大会で、沿道の人も多く楽しめました。が、1番きつい時間帯に首都高を走るのがとてもキツかったです。首都高を走る経験はなかなかできないので楽しみにしていましたが、すごくきつい時間に、上り坂に道が斜めになっているので左右のバランスがとりにくくとても大変でした。
    しかし、走り終わった後に同じ参加者の方とその話をしたらみんな同じことを言っていてとても盛り上がり楽しかったです。
  • 首都高で良く見かける誘導車も並んでいて、その電光掲示板も応援メッセージが流れていて、とてもレアなものが見られます。きつい道のりではありますが、ゴール前に赤レンガ倉庫が見えた時はとても感動すると思います。
  • 2017年に走るはずが台風で中止となって優先的に2018年に走れることになりました。ラッキー給食目当てでしたがやはりラッキー給食は美味しかったです。マラソンは初心者なので、食べたいのは山々ですが、後半走って食べて体力の限界でした。ラッキー給食がある次は何かな?というのがモチベーションになるとても良い大会でしたが、なんせこの大会は曰く付き(台風の前の年は距離数が足りなかったり、翌年台風で中止になったり、コロナで中止になったり)なので、無事走ることができてよかったです。また完走メダルがとても可愛いです。
    ※ラッキー給食:配布時間が明かされていない。
  • ラッキー給食がやはり目玉です。横浜中華街名物だったり美味しいものが食べれます。普通のマラソンとは違った楽しみがあります。ただ一般人は抽選なので抽選に受かればといったところです。
  • ラッキー給食:ハーバー、コーラ、肉まん、プチトマト、シュウマイ、ゆで卵など
  • コースですが、前半は横浜の街並みを楽しみながら走れます。後半は首都高速を走れるのですが、景色が見えづらく、単調になるので30キロ前後はかなりきつかったです。
    最後は沿道にかなりの見物客がいて、なにか自分がマラソン選手のようになった気分を味わえました。
    横浜名物の焼売などエイドが充実していて、楽しめる大会です。ただ、2015年大会のコースは200mほど短かったみたいで、正式な記録にはならないというオチがありました。

まとめ

横浜マラソンについて下記をご紹介いたしました。

要約
  • 大会概要
  • 応募方法や申込期間
  • 過去の抽選倍率
  • 抽選発表日

横浜マラソンは2023年10月下旬(※予想)に開催される予定です。
最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。

スポンサードリンク

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!