スポンサーリンク

本日は山梨県富士吉田市で開催されるランナーズ24時間リレーマラソンin富士北麓公園について、ご紹介いたします。


スポンサーリンク

大会概要

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 ランナーズ24時間リレーマラソンin富士北麓公園
種目
  • 24時間
  • 6時間
開催日 2022年7月16日(土)・17日(日)
過去
日程
  • 第28回:2022年7月16日(土)・17日(日)
  • 第27回:2021年7月3日(土)・4日(日)
  • 第26回:2020年7月11日(土)・12日(日) 中止
  • 第25回:2019年7月13日(土)・14日(日)
開催地 〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田立石5000
富士北麓公園
最寄駅
  • 富士急行線 河口湖駅 バスで約22分
開始
時間
大会1日目

  • 10時00分:スタート
  • 16時00分:6時間 競技終了

大会2日目

  • 10時00分:24時間 競技終了
制限
時間
  • 24時間:24時間
  • 6時間:6時間
定員
  • 150チーム
  • ソロ 50人
参加費
  • 24時間:
    ソロ 12,000円
    6人 54,000円~15人 135,000円
  • 6時間:
    ソロ 6,000円
    2人 10,000円~ 6人 30,000円
コース
  • 富士北麓公園内の周回コース
  • 一周は約1.2km
  • 今年はほぼ平坦なコース

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
24時間
  • 150チーム
  • ソロ 50人
  • ソロ 12,000円
  • 6人 54,000円

    15人 135,000円
24時間
6時間
  • ソロ 6,000円
  • 2人 10,000円

    6人 30,000円
6時間
参考

    会場アクセス「富士北麓公園」

    コースマップ

    出典元:大会サイト コースマップ

    申込期間と応募方法

    エントリー開始は例年、4月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

    申込期間

    2020年 2020年3月13日(金) ~ 5月25日(月)
    2021年 2021年5月6日(木) ~ 6月6日(日)
    2022年 2022年4月25日(月)20:00 ~ 6月20日(月)

    応募方法

    参考

    エントリー締切時間

    申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

    2022年 2022年6月20日(月)
    ※最終日もエントリー可能でした。

    『河口湖駅』周辺の宿泊場所

    宿泊するなら大会会場からバスで約32分の河口湖駅周辺が便利です。

    参考

    出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

    –> 楽天トラベルをいますぐチェック!

    口コミ

    スポンサーリンク

    2023年

    • 1995年より28年に渡り開催してきた『ランナーズ24時間リレーマラソンin富士北麓公園大会』ですが、諸般の事情により2022年7月に開催した第28回大会をもって終了することが決まりました。

    2022年

    • うどんなどの給食サービスは大幅縮小され、さらには弁当の注文もないという。たくさん持ってくるか屋台で済ますしかありません。できれば吉田うどんの店は欲しかった!
    • 雨のレースでした。最後の最後で少し天気が回復。それでも富士山はやはり拝めませんでした。

    2021年

    • 2年振りにランナーズ24時間リレーマラソンに参加してきました!6時間の部ですが。今回はミズノランニングクラブのメンバーと。やっぱりリレマラはキツかった…!でも3位入賞で報われたのでヨシ!
    • ランナーズ24時間リレーマラソン!家族4人で完走しました!キッズランで親に手を引かれて走っていた私も、ランナーとして参加できる大人になっております!筋肉痛で大変なことになっておりますが、いい休日をを過ごせました。明日宮古に戻ります!
    • 7月の3日と4日に第27回ランナーズ24時間リレーマラソンに参加しました!エントリーは24時間ソロ、まあ非常識だわ!スタート前に湘南出身の19歳ドラマーMIKIさんがライブ演奏を披露、これがすんごく素敵!スタート時点が最もやる気のないわたくしのテンション爆上がり!そのMIKIさんがイメージガールを務める「湘南ゴールドエナジー」が参加者に配布されたのですが、これがまた美味しいわけ!開発に携わった方もマラソン大会出てるそうで、どこかでご一緒したいですなあ!肝心のレースについては、全身が筋肉痛になったり胃が瀕死になったりしましたが、最後まで走り切れました!


    最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!