スポンサードリンク

本日は2023年に開催される第13回 TOKYO成木の森トレイルランついて以下の流れで、ご紹介いたします。

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。発表されましたら、情報を更新いたします。
開催期間や申込期間、開催場所、コースは過去の情報から予想しております。

要約
  • 大会概要(第13回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所
スポンサードリンク

大会概要

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。発表されましたら、情報を更新いたします。
開催期間や申込期間、開催場所、コースは過去の情報から予想しております。

詳細情報

スポンサードリンク

大会名称 TOKYO成木の森トレイルラン
※過去の大会情報をベースに作成
種目
  • 実測21km ※GPS16.2km
開催日 2023年6月中旬 ※予想
過去の日程
  • 第12回:2022年6月12日(日)
  • 第11回:2021年5月16日(日)
  • 第10回:2020年5月3日(日)
  • 第9回:2019年5月12日(日)
  • 第8回:2018年5月6日(日)
開催地 〒198-0042 東京都青梅市成木7丁目1215
成木の家
最寄り駅
  • JR青梅線 青梅駅 車で約18分
スタート時間
  • 10時00分:スタート
制限時間 4時間15分
定員 600人
参加費 8,000円
コース 成木の家【Start】
→ なちゃぎり林道
→ 高水山常福院
→ 高水山山頂(標高735m)
→ 岩茸石山山頂(標高793m)
→ 黒山山頂(標高842m)
→ 権次入峠
→ 棒の嶺(標高969m)
→ 権次入峠
→ 黒山山頂
→ 小沢峠
→ 畑道
→ なちゃぎり林道
→ 成木の家【Goal】

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
実測21km
GPS16.2km
600人 8,000円 4時間15分
参考
    スポンサードリンク

    会場アクセス「成木の家」

    コースマップ

    スポンサードリンク

    出典元:大会サイト コースマップ

    申込期間と応募方法

    エントリー開始は例年、4月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

    申込期間

    2020年 2020年2月17日(月) ~ 4月6日(月)
    2021年 2021年3月10日(水) ~ 4月7日(水)
    2022年 2022年4月1日(金) ~ 5月10日(火)
    2023年 2023年2月中旬 ~ 5月上旬 ※予想
    スポンサードリンク

    応募方法

    参考

    エントリー締切時間

    申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

    2020年 2020年4月6日(月)
    2021年 2021年4月7日(水)
    2022年 2022年5月10日(火)
    ※最終日もエントリー可能でした。
    2023年 2023年5月上旬 ※予想

    『青梅駅』周辺の宿泊場所

    宿泊するなら大会会場から車で約12分の青梅駅周辺が便利です。

    参考

    出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

    –> 楽天トラベルをいますぐチェック!

    口コミ

    スポンサードリンク

    2018年

    • TOKYO成木の森トレイルラン走ってきました!去年より2kmくらい距離が短くなってペースは全く同じでした!現状維持です!このレースはすれ違い区間があって、ちょっと危ないですが自然と励まし合うことになって盛り上がります!後半は急すぎない下りで快調に飛ばすことが出来るので楽しいコースです!
    • GW最高の仲間とトレイルレース!標高約970mの登りにも負けず楽しいランできました!
    • 成木の森を走ってきました。苦手な登りでガンガン抜かれて、得意の下りで詰まるという悲しいレース展開でしたが、そこそこのリザルトが出てホッとしてます。20キロと書いてあったのに、15キロで終わってしまって、エンジンがかかる前に終わってしまいました…。

    まとめ

    TOKYO成木の森トレイルランについて下記をご紹介いたしました。

    要約
    • 大会概要(第13回)
    • 応募方法と申込期間
    • 過去の締切時間
    • 宿泊場所

    TOKYO成木の森トレイルランは2023年6月中旬(※予想)の開催の予定です。
    最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。

    スポンサードリンク

    最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!