スポンサーリンク

本日は2025年に開催される新潟ハーフマラソンついて以下の流れで、ご紹介いたします。

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

要約
  • 大会概要
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所
参考

2022年大会は中止になりました。
公式サイトのニュースはこちらから
※2021年12月6日発表


スポンサーリンク

大会概要

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 新潟ハーフマラソン
※過去の大会情報をベースに作成
種目
  • ハーフマラソン
開催日 2025年3月中旬 ※予想
過去
日程
  • 2024年3月17日(日)
  • 2023年3月19日(日)
  • 2022年3月中旬 中止
  • 2021年3月21日(日)
  • 2020年3月15日(日) 中止
  • 2019年3月17日(日)
  • 2018年3月18日(日)
開催地 〒950-0933 新潟県新潟市中央区清五郎67-12
デンカビックスワンスタジアム
最寄駅
  • JR信越本線 新潟駅 バスで約18分
開始
時間
  • 9時00分:スタート
制限
時間
3時間
定員 3,000人
参加費 6,600円
コース
  • スタート:新潟県スポーツ公園
  • ゴール:デンカビッグスワンスタジアム
    ※ハーフ:日本陸連公認コース

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
ハーフ 3,000人 6,600円 3時間

  • 9時00分:スタート
  • 9時22分:1.8km
  • 9時31分:3.0km
  • 9時51分:5.5km
  • 10時35分:11.0km
  • 11時06分:14.8km
  • 11時40分:19.1km
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Twitterの最新情報はこちらから
  • 2024年大会から参加費値下げ
    5,500円 ⇒ 6,600円
  • 2023年大会から参加費値上げ
    5,500円 ⇒ 7,500円
  • 2023年大会から定員削減
    5,000人 ⇒ 3,000人

会場アクセス「デンカビックスワンスタジアム」

コースマップ

スポンサーリンク

高低差

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、11月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2020年 2019年11月11日(月) ~ 2020年1月10日(金)
2021年 2021年1月18日(月) ~ 2月7日(日)
2022年 中止
2023年 2022年12月21日(水)12:00 ~ 2023年1月29日(日)
2024年 2023年11月22日(水)12:00 ~ 2024年1月14日(日)
※申込期間延長:1月28日(日)まで
2025年 2024年11月下旬 ~ 2025年1月中旬 ※予想


スポンサーリンク

応募方法

参考

エントリー締切時間

申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2023年 2023年1月29日(日)
※最終日もエントリー可能でした。
2024年 2024年1月28日(日)
※最終日もエントリー可能でした。
2025年 2025年1月中旬 ※予想

『新潟駅』周辺の宿泊場所

宿泊するなら大会会場からバスで約22分の新潟駅周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサーリンク

2023年

  • 素晴らしい快晴の空の下、走ってきました!怪我明け一発目とあって、PBは狙わず100分切れればヨシとしてスタート!予想通り10キロ以降はキツいのなんのってタレまくり〜!あわよくば、年代別で入賞!…ってそんなに甘くはない…!PBには程遠いけど、それでも練習不足の割には、まあまあなタイムでゴール!自分で自分を褒めたいです!
  • 東京マラソンの疲労も消え、調子良く臨めました。コースは終始平坦で走りやすかったですが、13kくらいまでほとんど向かい風できつかったです。その為前半で足を使い果たしてしまい、後半風がなくなってもスピードを上げられず落ちてしまいました。
  • 無事完走しました!スタートから調子良く、飛ばしてしまい、後半は歩きまくりました!いやぁ、きつかった!アルビレックス新潟のホームビッグスワンがスタート、ゴールでそこで走れるだけでもテンションあがりました!
  • 新潟ハーフマラソンの応援してから10km走。ゲストランナーで青学の岸本選手と横田選手、城西大の山本選手が来たけど生で見れて感動しました。

2022年

  • 2022年3月開催予定の2022年大会は中止になりました。2022年2月~9月の間、陸上競技場の公認1種およびWA公認クラス2の更新のため、デンカビッグスワンスタジアムの改修工事により使用禁止になるためです。

2021年

  • 2021年大会は、2020年大会エントリー者限定で開催されました。定員未達の場合、新潟県内在住者を追加で受付が行われました。
  • 新潟ハーフマラソン、ボロッボロでした・・3㎞の周回コースを7周でしたが、1周でキツクなって、2周目で終わりました。一昨年より15分近く遅かったです・・・でも久々に必死に走ってイイ汗かいて気持ち良かったです!
  • 暑くなり、給水所が無い中、ウエストポーチに装着したアミノバリューが、喉の渇きを潤してくれた!(スタート直後、重くて捨てようとした)
  • 2年振りに開催された新潟ハーフマラソンは自己ベストに遠く及ばず撃沈されました(GPSが暴れたのか距離がおかしくなってます)。原因は風、気温、周回コースならではの細かいアップダウンなどがありますが、一番は脚の疲れが取れなかったことですかね。

まとめ

新潟ハーフマラソンについて下記をご紹介いたしました。

要約
  • 大会概要
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所

新潟ハーフマラソンは2025年3月中旬(※予想)の開催の予定です。
最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!