スポンサーリンク

本日は2025年に開催される第53回 新春矢作川マラソンついて以下の流れで、ご紹介いたします。※矢作川 = やはぎがわ

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

要約
  • 大会概要(第53回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所
参考
  • 2024年大会は中止になりました。
    公式サイトのニュースはこちらから
    ※2023年6月1日発表
  • 2023年大会は中止になりました。
    公式サイトのニュースはこちらから
    ※2022年8月23日発表
  • 2022年大会は中止になりました。
    公式サイトのニュースはこちらから
    ※2021年9月29日発表


スポンサーリンク

大会概要

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 新春矢作川マラソン
※矢作川=やはぎがわ
※前回大会の情報をベースに作成
種目
  • ハーフマラソン
  • 10km
  • 3km
開催日 2025年1月上旬 ※予想
過去
日程
  • 第53回:2023年1月3日(火) 中止
  • 第53回:2022年1月3日(月) 中止
  • 第53回:2021年1月3日(日) 中止
  • 第52回:2020年1月3日(金)
開催地 〒444-1162 愛知県安城市姫小川町堂開道1-1
桜井中央公園
最寄駅
  • 名鉄西尾線 桜井駅 徒歩10分 750m
開始
時間
  • 7時30分:受付開始
  • 8時30分:開会式
  • 9時00分:10km
  • 9時10分:ハーフマラソン
  • 9時25分:3km
制限
時間
  • ハーフマラソン:2時間45分
  • 10km:90分
定員 3,000人
参加費
  • ハーフマラソン:3,500円
  • 10km:3,500円
  • 3km:70歳以上 3,000円, 中学生 1,500円
コース スタート・ゴール:桜井中央公園

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
ハーフ 3,000人 3,500円 2時間45分
10km 3,500円 90分
3km
  • 70歳以上
    3,000円
  • 中学生
    1,500円
参考

会場アクセス「桜井中央公園」

コースマップ


出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、9月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2020年 2019年9月2日(月) ~ 11月22日(金)
2021年 中止
2022年 中止
2023年 中止
2024年 中止
2025年 2024年9月上旬 ~ 11月下旬 ※予想


応募方法

参考

エントリー締切時間

申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2020年 2019年11月22日(金)
2021年 中止
2022年 中止
2023年 中止
2024年 中止
2025年 2024年11月下旬 ※予想

『北安城駅』周辺の宿泊場所

宿泊するなら大会会場から電車で約26分の北安城駅周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサーリンク

2024年

  • 2024年大会中止及び今後の大会について!全国のランナーの皆様へ!来年及び以降の新春矢作川マラソン大会の開催をしばらく中止させていただきます。本大会は、新型コロナウイルス感染症による3年連続中止の影響を受け、大会運営の要となる大勢のボランティアの募集が困難となっております。実施についてたくさんの協議をいたしましたが、安全な運営の継続が不可能と判断されたため中止と決定いたしました。今後は、行政の協力を得る形や規模を縮小しての開催を模索していきたいと思います。北は北海道から南は九州まで、この大会を楽しみにご参加いただいた多くの参加者様、また、大会を長年に渡り支援していただいた協力支援者の皆様には心より感謝申し上げます。

2022年以前

  • お正月三が日に開催される東海地区のランニング好きにはありがたい新春矢作川マラソンですが、2022年の第53回大会も中止になりました。箱根駅伝の復路の選手と同じ時刻に走ることができて、自分で勝手に盛り上がれる大会だっただけに残念です。
  • 新春矢作川マラソン に初めて参加しました。こんな大会があって50回以上も続いていたとは知りませんでした。関係者の方、地域の方々お世話になりました。都合が合えば来年も参加したいです。
  • 1月3日、恒例の「新春 矢作川マラソン大会」が桜井中央公園で開催され、2700人を超すランナーが青空の下で力走されました。そもそもは昭和42年、安城市と桜井町が合併したのを記念して第1回大会が開催され、今回で52回となる歴史のある大会です。

まとめ

新春矢作川マラソンについて下記をご紹介いたしました。

要約
  • 大会概要(第53回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所

新春矢作川マラソンは2025年1月上旬(※予想)の開催の予定です。
最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。


最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!