スポンサーリンク

本日は京都府京都市で開催される花背トレイルランについて、ご紹介いたします。


スポンサーリンク

大会概要

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 山村都市交流の森
花背トレイルラン
種目
  • Sコース 42km
  • Aコース 25km
  • Bコース 16km
開催日 2024年10月27日(日)
過去
日程
  • 第11回:2024年10月27日(日)
  • 第10回:2023年10月29日(日)
  • 第9回:2022年10月23日(日)
  • 第8回:2021年10月下旬 中止
  • 第7回:2020年10月25日(日) 中止
  • 第6回:2019年10月20日(日)
開催地 〒601-1103 京都府京都市左京区 花脊八桝町250
山村都市交流の森 芝生広場
最寄駅
  • 地下鉄国際会館駅1番出口から送迎バスあり
    ※申込時受付(先着180人, 別途2,500円)
開始
時間
  • 6時30分:駐車場オープン
  • 8時00分:受付開始
  • 9時30分:受付終了
  • 9時40分:スタート前セレモニー
  • 9時50分:Sコース
  • 10時00分:Aコース
  • 10時30分:Bコース
  • 14時30分:表彰式
  • 15時30分:競技終了・閉会式
制限
時間
  • Sコース:5時間40分
  • Aコース:5時間30分
  • Bコース:5時間
定員
  • Sコース:30人
  • Aコース:300人
  • Bコース:200人
参加費
  • Sコース:12,000円
  • Aコース:9,000円
  • Bコース:7,000円
コース スタート・ゴール:交流の森

  • Sコース:42km、累積標高差 2,400m
  • Aコース:25km、累積標高差 1,400m
  • Bコース:16km、累積標高差 800m

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
Sコース
(42km)
累積標高差
2,400m
30人 12,000円 5時間40分

  • 9時50分:スタート
  • 12時30分:21km
  • 13時20分:26km
  • 14時30分:36km
  • 15時30分:ゴール
Aコース
(25km)
累積標高差
1,400m
300人 9,000円 5時間30分

  • 10時00分:スタート
  • 12時00分:9km
  • 14時00分:19km
  • 15時30分:ゴール
Bコース
(16km)
累積標高差
800m
200人 7,000円 5時間

  • 10時30分:スタート
  • 13時30分:10km
  • 15時30分:ゴール
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Twitterの最新情報はこちらから
  • 2024年大会から参加費値上げ
    Sコース:11,000円 ⇒ 12,000円
    Aコース:8,000円 ⇒ 9,000円
    Bコース:6,000円 ⇒ 7,000円
  • 2022年大会から参加費値上げ
    Sコース:10,000円 ⇒ 11,000円
    Aコース:7,000円 ⇒ 8,000円
    Bコース:5,000円 ⇒ 6,000円

会場アクセス「山村都市交流の森 芝生広場」

【参考】コースマップ

  • Sコース:①~㊺⇒⑥~㊿
  • Aコース:①~㊿
  • Bコース:①~⑩で折り返し⇒㊱~㊿

高低差

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、5月~6月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2019年 2019年5月31日(金) ~ 9月30日(月)
2020年 中止
2021年 中止
2022年 2022年7月1日(金)12:00 ~ 9月30日(金)
2023年 2023年6月1日(木)12:00 ~ 9月30日(土)23:00
2024年 2024年6月10日(月) ~ 9月30日(月)


応募方法

参考

エントリー締切時間

申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2022年 2022年9月30日(金)23:00
※最終日もエントリー可能でした。
2023年 2023年9月30日(土)23:00
※最終日もエントリー可能でした。
2024年 2024年9月30日(月)

『国際会館駅』周辺の宿泊場所

宿泊するなら大会会場までの送迎バスが出ている国際会館駅周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサーリンク

2023年

  • 距離25km累積標高1400m越え、山3つ!雨が降ったり止んだりで途中すごく寒い中でのレースでしたが無事に皆で完走をしてきました!
  • 私にとって、キツイトレイルランだったけど、とても楽しかった!達成感と、森林浴で、体はへとへとなんだけど、心が元気になった気がする!
  • 京都駅に到着予定時刻に目が覚めるという絶望的大寝坊から始まった初レース…。大阪⇔京都間で、新幹線を発動させてどうにかスタート地点にたどり着けました!トレランレースは初めてのことばかりで、刺激的で楽しかったです!ゼーゼーハーハー登って登って、ビビりながら下って下って。怪我なく無事に完走出来ただけで、上出来な1日でした!

2022年

  • 花背トレイルラン毎回快晴!トレイル率90%、Sコースは比叡山マイル完走者でもキツい関門、でも大会はアットホームなとても良い大会です。私は25kmの部、完走ペーサーしてきました。ほんっとに気持ち良い1日だった。
  • 舗装路の急斜下りで良い走り方が分からず!バタバタ大きな音出るし、脚や全身へも衝撃がすごくて、色々走り方試してみたけど、最後まであほの坂田走りみたいになってしまった!羽ばたくガニ股!コースはジャリ道や舗装された道も多く、トレイルもふかふかの緩やかな傾斜で走れる区間多くて、気持ちよく走れた!ジャリ道はKAMI100に向けてもいい練習になったはず!テーマが「スマイル」だった今大会!険しい顔でゴールしてそうなのが、ちょっと心残りです!
  • スタート直後、登山道に入るまで先頭集団についていったらキロ4分ちょい!登りですぐに撃沈!下りで抜かしては登りで抜かされて必死で走りました!途中のエイドでは置いてある胡瓜、みかん、バナナ、あんぱん、クリームぱん、コーラにポカリほとんど全部食べてお腹いっぱい!コースもわかりやすく誘導してくれて暖かい応援もあってほんといい大会やなぁって思いました!
  • トレイルレースの中でも、とりわけ関門が鬼設定レベルと言われている「花背トレイルラン」のSコースに出場してきました!これは僕が最終的に目指している「比叡山INTの50マイル」に匹敵するスピードが要求されるレースで、完走率が極めて低いドSな設定のレースです!正直、レース前は中間地点にある一番キツい関門(21キロを2:40で走る)でアウトかなぁと思っていたのですが、2度の試走からベストなペース配分を割り出して、走れるところはとにかくしっかり走って、前半にある程度出し切ってもいいやという思いで突っ込みました!それが功を奏して関門を5分前にパスできて、その後は少し関門が緩くなるので、使う筋肉をうまく分散させて乳酸がたまらないように、かつスピードを落とさないようにということだけを意識してなんとか完走することができました!終わってみればとっても楽しいトレランレースとなりました!
  • コースは16km・25km・42kmとあり、なんと42kmはマラソンサブ3レベルじゃないと制限時間内に完走できないと言われる超ハードコース!序盤から上りのキツイところがあり、息も上がりつつ、沢山の人に抜かされつつ、後半は気持ちよく走ることが出来ました!初めてのコースだったので自分がどこを走っているのか全く想像できず。誘導の方の言われるままに!でもGARMINでgpxデータを入れていたお陰で、今が何個目のクライムで、その中でもどのくらいのところを走ってるのかわかるのでそれに随分助けられました!紅葉もキレイだったし、走り終わったあとのごった煮も美味しかったし、楽しい大会でした!

2021年以前

  • 2021年10月開催予定の第8回大会は中止が決定しました。2年連続の中止になります。来年は、花背トレイルランのスローガン「スマイル」に溢れた大会が開催できるように、万全の体制で準備するとお知らせがありました。
  • 25kmコースに参加しました。主催者の心意気を感じる大会です。累積標高差1400mとは思えないほどハードコースです。昨年よりも5分短縮できました。2020年大会も参加したいです。
  • トレイル率が高くて走りやすいアットホームな大会です。
  • ほのぼのした雰囲気が良かったです。コースのロケーションは最高、いい森でした。でも林道が長いので覚悟が要ります。
  • Sコースの21km地点の関門でタイムアウト!そのままAコースを走って25kmを走りました。全力で挑戦はできたと思います。
  • AコースまたはフルマラソンをサブスリーじゃないとエントリーできないSコースはレベル高すぎです。


最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!