スポンサードリンク

本日は2022年に開催される第9回 花背トレイルランついて以下の流れで、ご紹介いたします。

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。発表されましたら、情報を更新いたします。
開催期間や申込期間、開催場所、コースは過去の情報から予想しております。

要約
  • 大会概要(第9回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所
参考

2021年大会(第8回)は中止になりました。
公式サイトはこちらから
※2021年8月15日発表

スポンサードリンク

大会概要

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。発表されましたら、情報を更新いたします。
開催期間や申込期間、開催場所、コースは過去の情報から予想しております。

詳細情報

スポンサードリンク

大会名称 花背トレイルラン
※前回大会の情報をベースに作成
種目
  • Sコース(42km)
  • Aコース(25km)
  • Bコース(16km)
開催日 2022年10月中旬 ※予想
過去の日程
  • 第8回:2021年10月中旬 中止
  • 第7回:2020年10月25日(日) 中止
  • 第6回:2019年10月20日(日)
開催地 〒601-1103 京都府京都市左京区 花脊八桝町250
山村都市交流の森 芝生広場
最寄り駅
  • 地下鉄国際会館駅1番出口から送迎バスあり
    ※事前受付
スタート
時間
  • 7時00分:送迎バス出発
  • 8時00分:受付開始
  • 9時30分:受付終了
  • 9時40分:開会式
  • 9時50分:Sコース
  • 10時00分:Aコース
  • 10時30分:Bコース
  • 15時00分:送迎バス出発
  • 15時30分:競技終了・閉会式
制限時間
  • Sコース:5時間40分
  • Aコース:5時間30分
  • Bコース:5時間
定員
  • Sコース:30人
  • Aコース:300人
  • Bコース:200人
参加費
  • Sコース:10,000円
  • Aコース:7,000円
  • Bコース:5,000円
コース スタート・ゴール:交流の森

  • Sコース:42km、累積標高差 2,400m
  • Aコース:25km、累積標高差 1,400m
  • Bコース:16km、累積標高差 800m

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
Sコース
(42km)
30人 10,000円 5時間40分

  • 3時間40分:21km
  • 4時間40分:36km
  • 5時間40分:42km
Aコース
(25km)
300人 7,000円 5時間30分

  • 2時間:9km
  • 4時間:19km
  • 5時間30分:25km
Bコース
(16km)
200人 5,000円 5時間

  • 3時間:10km
  • 5時間:16km
参考
スポンサードリンク

会場アクセス「山村都市交流の森 芝生広場」

コースマップ

スポンサードリンク
  • Sコース:①~㊺⇒⑥~㊿
  • Aコース:①~㊿
  • Bコース:①~⑩で折り返し⇒㊱~㊿

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、5月下旬ごろの予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2019年 2019年5月31日(金) ~ 9月30日(月)
2020年 中止
2021年 中止
2022年 2022年5月下旬 ~ 9月下旬 ※予想


スポンサードリンク

応募方法

参考

エントリー締切時間

申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2019年 2019年9月30日(月)
2020年 中止
2021年 中止
2022年 2022年9月下旬 ※予想

『国際会館駅』周辺の宿泊場所

宿泊するなら大会会場までの送迎バスが出ている国際会館駅周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサードリンク
  • 2021年10月開催予定の第8回大会は中止が決定しました。2年連続の中止になります。来年は、花背トレイルランのスローガン「スマイル」に溢れた大会が開催できるように、万全の体制で準備するとお知らせがありました。
  • 25kmコースに参加しました。主催者の心意気を感じる大会です。累積標高差1400mとは思えないほどハードコースです。昨年よりも5分短縮できました。2020年大会も参加したいです。
  • トレイル率が高くて走りやすいアットホームな大会です。
  • ほのぼのした雰囲気が良かったです。コースのロケーションは最高、いい森でした。でも林道が長いので覚悟が要ります。
  • Sコースの21km地点の関門でタイムアウト!そのままAコースを走って25kmを走りました。全力で挑戦はできたと思います。
  • AコースまたはフルマラソンをサブスリーじゃないとエントリーできないSコースはレベル高すぎです。

まとめ

花背トレイルランについて下記をご紹介いたしました。

要約
  • 大会概要(第9回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所

花背トレイルランは2022年10月中旬(※予想)の開催の予定です。
最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。

スポンサードリンク

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!