スポンサーリンク

本日は2025年に開催される第72回 公認鹿島祐徳ロードレース大会ついて以下の流れで、ご紹介いたします。

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

要約
  • 大会概要(第72回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所
参考
  • 2022年大会(第70回)は延期になりました。
    公式サイトのニュースはこちらから
    ※2021年10月21日発表発表
  • 2021年大会(第70回)は延期になりました。
    公式サイトのニュースはこちらから
    ※2020年10月1日発表発表


大会概要

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 公認鹿島祐徳ロードレース大会
※過去の大会情報をベースに作成
種目
  • ハーフマラソン
  • 5km
  • 3km
  • 2km
  • ジョギング 2km
開催日 2025年2月下旬 ※予想
過去
日程
  • 第71回:2024年2月25日(日)
  • 第70回:2023年2月26日(日)
  • 第70回:2022年2月27日(日) 延期
  • 第70回:2021年2月28日(日) 延期
開催地 〒849-1321 佐賀県鹿島市古枝甲1465番地2
鹿島市林業体育館
最寄駅
  • JR長崎本線 肥前浜駅 徒歩26分 2km
開始
時間
  • 10時00分:ハーフマラソン
  • 10時20分:3km 中学生
制限
時間
  • ハーフマラソン:150分
  • 5km:35分
  • 3km:21分
定員 記載なし
参加費
  • ハーフマラソン:4,500円
  • 5km:2,500円
  • 3km:1,500円
  • 2km:1,000円
  • ジョギング2km:無料
コース スタート・ゴール:祐徳稲荷神社の参道
※日本陸連公認コース

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
ハーフ 記載なし 4,500円 150分

  • 10時00分:スタート
  • 10時35分:5km
  • 11時14分:10.5km
  • 11時53分:16km
  • 12時11分:18.5km
  • 12時30分:ゴール
5km 2,500円 35分
3km 1,000円 21分
2km 1,000円
ジョギング
2km
無料
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Twitterの最新情報はこちらから
  • 2023年大会から参加費値上げ
    3km:1,000円 ⇒ 1,500円
    ※5km・2km:開催なし
  • 2023年大会から参加費値上げ
    ハーフ:4,000円 ⇒ 4,500円
    5km:2,000円 ⇒ 2,500円
    ※3km・2km:開催なし

会場アクセス「鹿島市林業体育館」

コースマップ

会場案内

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、10月上旬ごろの予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2020年 2019年10月1日(火) ~ 12月15日(日)
2021年 延期
2022年 延期
2023年 2022年10月3日(月) ~ 12月15日(木)
2024年 2023年10月1日(日) ~ 12月15日(金)
2025年 2024年10月上旬 ~ 12月中旬 ※予想


応募方法

参考

エントリー締切時間

申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2023年 2022年12月15日(木)
※最終日もエントリー可能でした。
2024年 2023年12月15日(金)
※最終日もエントリー可能でした。
2025年 2024年12月中旬 ※予想

『肥前鹿島駅』周辺の宿泊場所

宿泊するならスタート会場近くの肥前浜駅から電車で約4分の肥前鹿島駅にあるスカイタワーホテルが便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサーリンク

2024年

  • 今年はハーフマラソンを走らせてもらいました!大きなアップダウンや細かなアップダウン!田園地帯では風通しがよろしく自然を感じられるコースでした!
  • 第71回鹿島祐徳ロードレース!ハーフ優勝は松並昂勢選手(青山学院大)で記録は1:05:15。合宿で鹿島に来ている東洋大の網本佳悟君(2年松浦)の姿も久しぶりに見ることができ、とても嬉しいです!東洋大勢に混じって走る島原の山の神、河野大毅選手(佐賀大)も見逃せません!

2023年

  • ハーフマラソンに参加してきました!学生時代10㎞で出たことがあり、10年以上ぶりに祐徳ロードへ!前々日までは20km以上はジョグって、前日だけ、減らして、疲労残ってたけど、練習と思って使い古したアルファフライで!もう少しフラットかと思っていたけど、2019年付近にコースが変わり微妙な起伏が続くコースでした!またもや風も強く、5mとかだったかな!北九州よりは天気も良いしマシかな…!12km」まで、美人ランナーさんと一緒に走れた!その後は向かい風、一人旅だったりして、粘れず!
  • 鹿島祐徳ロードレースは今年で70回を迎え、多くの有名選手を輩出し、全国・世界へ通じる登竜門として、広く知られる大きな大会となっています!
  • さが桜マラソンまで一か月を切ったということで最終調整でハーフをペース走!最高の天気、気温、そしてあたたかい沿道の応援のおかげで気持ちよくランできました!走る会のオジさんメンバーも爆走でみんな完走。素晴らしい!
  • 祐徳門前駐車場(鹿島市林業体育館裏)にある河津桜が咲き始めました!明日は鹿島祐徳ロードレース。天気も良さそうです。

2022年

  • 2月27日(日)開催予定の第70回大会は1年延期になりました。2年連続の延期になります。

2019年以前

  • 2019年大会ですが、鹿島祐徳ロードレース大会に東洋大学の酒井監督が来ていました。招待選手の2人にも会えました。
  • 2019年大会には、東京国際大学、明治大学、順天堂大学、大東文化大学、東洋大学と鹿島に合宿に訪れてくれています。ちょうど大会中に合宿しているのは順天堂大学です!鹿島祐徳ロードレース大会に出てくれるかもしれません!!
  • 2018年大会には青山学院大学の下田くんが来てくれました。スタートとゴールの一瞬しかみられなかったけれど、さすがです。青学ユニフォームで走っている姿を現地で応援できるのは多分今回が最後です。寂しい気がするけれど、GMOの黒のユニフォームが楽しみですね。
  • 鹿島祐徳ロードレース大会を初めて走りました。フラットなコースで走りやすく、大会の運営もスムーズで、雨にも関わらず、沿道の方々のたくさんの応援をいただき、気持ちよく走れました。
  • 2012年大会に参加しました。参加賞がおにぎり、豚汁、おしるこだったので、気に入りました!!

まとめ

公認鹿島祐徳ロードレース大会について下記をご紹介いたしました。

要約
  • 大会概要(第72回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所

公認鹿島祐徳ロードレース大会は2025年2月下旬(※予想)の開催の予定です。
最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。


最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!