スポンサーリンク

本日は山梨県富士吉田市で開催される富士登山競走について、ご紹介いたします。


スポンサーリンク

大会概要

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 富士登山競走
種目
  • 山頂コース 約21km
  • 五合目コース 約15km
開催日 2024年7月26日(金)
過去
日程
  • 第77回:2024年7月26日(金)
  • 第76回:2023年7月28日(金)
  • 第75回:2022年7月29日(金)
  • 第74回:2021年7月16日(金) 中止
  • 第73回:2020年7月17日(金) 中止
  • 第72回:2019年7月26日(金)
  • 第71回:2018年7月27日(金)
  • 第70回:2017年7月28日(金)
  • 第69回:2016年7月22日(金)
  • 第68回:2015年7月24日(金)
  • 第67回:2014年7月25日(金)
  • 第66回:2013年7月26日(金)
  • 第65回:2012年7月27日(金)
  • 第64回:2011年7月22日(金)
  • 第63回:2010年7月23日(金)
開催地 〒403-8601 山梨県富士吉田市下吉田6丁目1-1
富士吉田市役所
最寄駅 富士急行線 富士山駅 徒歩20分 1.7km
開始
時間
大会前日

  • 13時00分:受付開始
  • 20時00分:受付終了

大会当日

  • 6時30分:開会式
  • 7時00分:山頂コース
  • 8時30分:開会式
  • 9時00分:五合目コース
  • 11時30分:山頂ゴール制限時間
  • 12時30分:五合目ゴール制限時間
制限
時間
  • 山頂コース:4時間30分
  • 五合目コース:3時間30分
定員
  • 山頂コース:2,000人
  • 五合目コース:1,776人
参加費
  • 山頂コース:19,000円
  • 五合目コース:14,000円
コース
  • 山頂コース:
    富士吉田市役所
    ~ 吉田口登山道
    ~ 山頂に至る約21㎞
    (標高差約3,000m)
  • 五合目コース:
    富士吉田市役所
    ~ 吉田口登山道
    ~ 五合目に至る約15㎞
    (標高差約1,480m)

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
山頂
コース
約21km
2,000人 19,000円 4時間30分

  • 7時00分:スタート
  • 9時15分:五合目(佐藤小屋)
  • 11時00分:八合目(富士山ホテル)
  • 11時30分:山頂ゴール
五合目
コース
約15km
1,776人 14,000円 3時間30分

  • 9時00分:スタート
  • 11時00分:馬返し
  • 12時30分:五合目ゴール
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Twitterの最新情報はこちらから
  • 2023年大会から参加費値上げ
    山頂コース:17,000円 ⇒ 19,000円
    五合目k-す:12,000円 ⇒ 14,000円
  • 2022年大会から参加費値下げ
    山頂コース:18,000円 ⇒ 17,000円
    五合目コース:13,000円 ⇒ 12,000円
  • 2021年大会から参加費値上げ
    山頂コース:15,500円 ⇒ 18,000円
    五合目コース:10,500円 ⇒ 13,000円
  • 2024年大会から定員増加
    山頂コース:1,776人 ⇒ 2,000人
    五合目コース:1,500人 ⇒ 1,776人
  • 2023年大会から定員増加
    山頂コース:1,600人 ⇒ 1,776人
    五合目コース:900人 ⇒ 1,500人
  • 2022年大会から定員増加
    山頂コース:1,200人 ⇒ 1,600人
    五合目コース:800人 ⇒ 900人
  • 2021年大会から定員削減
    山頂コース:2,500人 ⇒ 1,200人
    五合目コース:1,276人 ⇒ 800人
  • 参加費にはシャトルバス代金含む
  • ストック・杖の使用は禁止
  • 山頂コースはヘルメット着用が必須
  • 山頂コースは前3大会で5合目コースで2時間20分以内の実績のある方のみ
  • 無資格で山頂コースに申し込んだ場合、申込みは無効

会場アクセス「富士吉田市役所」

コースマップ

スポンサーリンク

高低差

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、3月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2020年 2020年3月16日(月) 21:00 ~ 3月18日(水) 21:00
2021年 2021年4月23日(金) 21:00 ~ 4月25日(日) 21:00
2022年
  • 優先エントリー:
    2022年4月22日(金)21:00 ~ 4月25日(月)12:00
    ※第74回(2021年)申込者優先で募集開始
  • 市民枠(先着順):
    2022年5月9日(月) ~ 5月20日(金)
  • 市出身枠(抽選):
    2022年5月9日(月) ~ 5月18日(水) ※当日消印有効
  • 一般エントリー(先着順):
    2022年5月10日(火)21:00 ~ 5月12日(木)21:00
    ※山頂コース:400人, 五合目コース:250人
2023年
  • 2023年3月20日(月)21:00 ~ 3月22日(水)21:00
  • 追加エントリー:
    2023年4月17日(月)21:00 ~ 4月21日(金)
2024年
  • 2024年3月25日(月)21:00 ~ 4月8日(月)21:00
  • 追加エントリー:
    2024年4月27日(土)21:00 ~ 5月7日(火)
2025年 2025年3月中旬 ~ 4月上旬 ※予想

抽選発表日

2020年 ※先着順
2021年
  • 抽選発表日
    2021年5月11日(火) 10:00
  • 参加料入金期限
    2021年5月13日(木) 23:59
2022年 ※先着順
2023年 ※先着順
2024年 ※先着順


スポンサーリンク

応募方法

参考

エントリー締切時間

申込締切前に定員に達しますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2021年 2021年4月25日(日) 21:00
※抽選のため定員締切なし
2022年 2022年5月10日(火) 21:00
※定員に達したため締切(5/10当日)
2023年 2023年4月21日(金)
※五合目:定員に達したため締切(3/20当日)
※山頂:最終日もエントリー可能でした。
2024年 2024年5月7日(火)
※五合目:定員に達したため締切(3/25当日)
※山頂:最終日もエントリー可能でした。
2025年 2025年4月上旬 ※予想

『富士山駅』周辺の宿泊場所

宿泊するならスタート会場から徒歩で約20分の富士山駅周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサーリンク

2023年

  • 富士吉田市役所からスタートし、吉田口登山道から富士山山頂までの約21kmを一気に駆け上がるこのレースは、なんと戦後間も無く昭和23年から開催されている歴史ある大会。山頂コースの高低差は日本最大の約3,000mに及び、完走率が50%に満たないとてもタフなレースです。トレイルランニングやスカイランニングの猛者が集まるなか健闘。3時間00分30秒の上位でゴールしました。
  • 富士登山競走5合目コース!初の登りっぱなしのレース!やっぱキツイっすねー!目標の2時間切りはNG!とりあえず2:20切れたので、来年山頂コースのクリック合戦の権利は得ました!登りの苦手な私!色々課題がわかったような、、、来年までの楽しみがまた増えました!
  • 速報グロス4:11:42で山頂コース完走達成!昨年5合目コースより5分ほど速い前半戦で、6合目超えても余裕あったのでサブ4なるか?と期待しました。ただ3000m超えたあたりの8合目から標高の関係?からか身体重くて、もはやゾンビ状態でペース落ちる。頂上見上げるたびに、その高さに絶望でしたが、最後はランナー皆で「いけるぞー!」「あと100m!」「ラストー!」と声を掛け合い、励ましあうことで、一体感溢れる中での感激ゴールでした!

2022年

  • 富士登山競走5合目コースに参戦。距離約15km 獲得標高約1400m。スタート地点の標高780m、ゴールの標高2200m。初参戦なので最後尾Jブロックスタート。エントリーが1000人くらいで何人抜けるかなぁと。山に入ると混雑すると聞いてたので、ロードで突っ込んで。最後は脚が売り切れて久々に攣りながらのゴール。練習足らんやった。1時間40分切りはできんやったけど、無事に来年の山頂コース参加資格獲得。ゴール後はビール片手の楠田涼葉さんに会えて気さくに話してもらえた。とてもいい方すぎた。来年は富士山山頂目指して、もっと強くなろ。
  • 山頂コースなのに安定の5合目終了!来年までにはなんとかしよ!
  • 3年ぶりにチャレンジしてきました!でも~今回も5合目関門でアウト!馬返しまでは全力で走りきる目標が仇となり、浅間神社で足が売切れペースダウン!完走できるイメージができませんが、来年もチャレンジするんだろうなぁ!
  • 山頂コースでの開催は2018年以来だから4年ぶりに富士登山の苦しさを味わってきた。八合目から上の酸欠で全身が痺れる感じはレースでしか体験できない現象で、富士登山競走を走っている喜びを噛みしめながら登った。
    そしてゴール後の達成感は他のマラソンとは比較にならない独特のものがある。それがこのレースが病みつきになる要因でもある。
  • 富士登山競走山頂コース完走しました!コロナ禍にも関わらず開催にこぎ着けていただいた関係者のみなさんには本当に感謝です。ボランティアの方や応援の方の声掛けも本当に力になりました。ありがとうございました。山頂コース初挑戦の2018年は8合目の関門4時間を6分オーバー!2019年は悪天候による打ち切り、そして大渋滞に巻き込まれ5合目完走もタイムオーバー!2020年、2021年はコロナにより打ち切り!2017年の5合目挑戦から実に5年かけて、とうとう目標達成しました。今日は馬返し以降、終始脚がつっている苦しい展開でしたが、気力でなんとかカバーしました。

2021年

  • 富士登山競争が中止!最近登り頑張って、調子上げていたのに残念。緊急事態宣言ですか・・・オンライン大会はつまらないなぁ。
  • 富士登山競走の参加費返金は不要で良いと思います。去年も全額返金してくれたし、2年連続は苦しいはず。
  • 優先エントリーをもらっているけれど、エントリーするか悩む。季節的に大丈夫そうな一方、万が一、中止になった場合の返金なしは躊躇します。しかし、初出場のレースだし、挑戦したい気持ちはある。
  • 開催可否決定日以降の中止の場合は原則として、返金なしかぁ。でも、エントリーしないと昨年分の優先権がなくなっちゃうよね。ジレンマ。
  • 優先エントリー2,000人ということは、2021年大会は定員満たない状態で募集期日で締め切っていたけれど、そこそこエントリーしていたんだなぁ。
  • 2021年の富士登山競走は開会式・閉会式が行われません。なので、エイエイオーはなしになります。魅力が半減かなぁ・・・

2020年以前

  • 2020年大会の中止対応について、必要経費1,200円を差し引いた金額を返還。返還方法は、Runnetを使っている人はRUNPO返金、Runnetを使っていない人は現金返金でした。また第74回の優先エントリー権(※有料)という対応です。
  • 富士登山競走の山頂コースに参加するには五合目コース(約15km)で規定時間内(2時間20分以内)に完走しないといけないんです。今年は五合目コースにチャレンジします!
  • 富士登山競走の山頂コース完走に向けて、初参加の五合目コースのクリック合戦が一番難しい!

このグラフが面白いですね!!


最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!