スポンサーリンク

本日は神奈川県秦野市で開催される丹沢ボッカ駅伝競争大会ついて、ご紹介いたします。


スポンサーリンク

大会概要

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 丹沢ボッカ駅伝競争大会
種目
  • B:20kg
  • C:10kg (15歳以上の女子)
開催日 2024年5月12日(日)
過去
日程
  • 第36回:2024年5月12日(日)
  • 第35回:2023年6月4日(日)
  • 第35回:2022年6月5日(日) 延期
  • 第35回:2021年6月上旬 延期
  • 第34回:2020年6月上旬 中止
  • 第33回:2019年6月2日(日)
  • 第32回:2018年6月3日(日)
開催地 〒259-1304 神奈川県秦野市堀山下1513
神奈川県立秦野戸川公園パークセンター
最寄駅
  • 小田急小田原線 渋沢駅からバスで約15分
  • 小田急小田原線 渋沢駅 徒歩57分 4.1km
開始
時間
  • 8時00分:受付開始
  • 9時00分:受付終了
  • 9時15分:開会式・競技説明
  • 10時00分:スタート
  • 12時30分:競技終了
  • 13時30分:閉会式・表彰式
制限
時間
2時間30分
定員 50チーム
参加費
  • B:20kg:14,000円, 高校生のみ 5,000円
  • C:10kg:14,000円, 高校生のみ 5,000円
コース スタート:県立秦野戸川公園
ゴール:花立山荘
全長6,187m、標高差1,010m

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
B:20kg 50チーム
  • 14,000円
  • 高校生のみ
    5,000円
2時間30分
C:10kg
15歳以上
の女子
  • 14,000円
  • 高校生のみ
    5,000円
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Twitterの最新情報はこちらから
  • コースを4区間に分け、1チーム4人で規定重量の荷物を背負って、リレーして運び上げ、所要時間を競う。
    ※小石の袋詰
  • 各区間距離(距離 6,187m, 標高 290m→1,300m)
    1区:距離 2,707m, 標高 290m→610m
    2区:距離 1,241m. 標高 610m→900m
    3区:距離 1,054m, 標高 900m→950m
    4区:距離 1,185m, 標高 950m→1,300m
  • 2024年大会から参加費値上げ
    一般:12,000円 ⇒ 14,000円
    ※クラスA:開催なし
  • 2023年大会から参加費値下げ
    一般:14,000円 ⇒ 12,000円
    高校生:6、000円 ⇒ 5,000円
    ※クラスA:開催なし
  • 2022年大会から定員削減
    110チーム ⇒ 50チーム
    ※クラスA:開催なし

会場アクセス「秦野戸川公園パークセンター」

コースマップ

スポンサーリンク

大倉バス停前をスタートします。

見晴茶屋、駒止茶屋、堀山茶屋、花立山荘でゴールです。

高低差

290mから1300mまで駆け上ります。

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、2月~3月の予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2020年 2020年2月10日(月) ~ 3月27日(金)
2021年 延期
2022年 2022年4月4日(月) ~ 4月22日(木)
2023年 2023年4月3日(月) ~ 4月20日(木)
2024年 2024年3月1日(金) ~ 3月19日(火)
2025年 2025年2月上旬 ~ 3月中旬 ※予想


スポンサーリンク

応募方法

参考

エントリー締切時間

申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2023年 2023年4月20日(木)
※定員に達したため締切(4/12頃)
2024年 2024年3月19日(火)
※定員に達したため締切(3/11頃)
2025年 2025年3月中旬 ※予想

『渋沢駅』周辺の宿泊場所

宿泊するなら大会会場までバスが出ている渋沢駅周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサーリンク

2024年

  • 男子は20kg、女子は10kgの砂利を背負ってバカ尾根を駆け上がるという奇祭!ホントは自分も出たかったけど今年は速攻でエントリーが埋まってしまいエントリー出来ずってことで応援だけ行くことに!カルチャーの女子チームが頑張ってた!惜しくも入賞逃したけど、みんなNICEファイトでした!来年はエントリーしたいなぁ!
  • 丹沢ボッカ駅伝の伴走役を無事にやりきりました。チームとしては昨年よりタイムを大きく縮めた6位入賞!今回入賞したチームで最も長く連続入賞を継続しており、素晴らしいのひと言です。20kgの砂利を背負って登る選手のみなさんの活躍には刺激をいただきました。また来年大倉尾根でお会いしましょう!
  • 今年も丹沢ボッカ駅伝の季節がやってきました。今回は選手の伴走で2〜4区を走ってきます。登山道補修用の砂利を運んでいただける選手のみなさん、ありがとうございます!

2023年

  • チームで挑んだボッカ駅伝!20キロの砂利を背負って大倉尾根を駆け上がるイカス大会!優勝縛りの時代から10年近く経過して他のチームが新陳代謝していく中、ロートル軍団の奮闘。結果は5位。また来年このフィールドに帰って来れるよう精進します。
  • 第35回丹沢ボッカ駅伝に参加してきました!4年ぶりの開催!20kgの砂利をタスキとして大倉から花立山荘まで4人でリレーする競技!私は一区の2.7km、300mUP!『20kgなんて余裕でしょ』なんて余裕ぶってたけど、全然走れなくてビビる!ホントに鬼の形相でなんとか二区にバトンタッチ!結果、50チーム中、16位!自慢できる順位じゃないけど、みんなで最後まで諦めずに走りきりました!トップと約20分差!まぁ、初めてにしては上出来!また来年も頑張ります!終わった後はいつものホルモン焼き!汗いっぱいかいた後の肉は美味しい!
  • ドMの祭典、丹沢歩荷駅伝が4年ぶりに帰ってきた!土砂降りの中初参戦した2016年から足掛け7年。7年後もまだ10kgの砂利を背負ってバカ尾根を登ってるとは。。。今回の担当は3区。4区にはわざわざ長野から信越の女神ちゃんが砂利を背負に来てくれたから負けるわけにはいかなーーい!速くは走れないけど、後ろに追いつかれないように肺がおかしくなりそうなくらい走って、なんとか1位のまま襷を渡し、そのまま女神ちゃんは前を走ってた男子を1チーム抜いてゴール!ついに女子優勝!

2022年

  • 6月5日開催予定の第35回大会は1年延期になりました。
  • 私がエントリーしてから3回目の延期… また来年こそは!

2019年以前

  • 登山道整備のため、20kgの砂利をタスキにして、山に担ぎ上げます!
  • 久しぶりの山は楽しく、久しぶりのボッカはきつかった。心肺はまだ余裕があったけれど、荷物の重さに身体が耐えられていない。
  • 本来選手の予定でしたが、会社の仲間にお願いして、サポート役になりました。残念なのは、下山したら、豚汁が売り切れでした。
  • 丹沢ボッカ駅伝は日本で2番目につらく、きつい駅伝らしいです。1番キツイ駅伝は富士登山駅伝です。
  • 会社の同僚と素人チームで参戦しましたが、80チーム中、63位で大健闘しました!!


最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!