スポンサーリンク

本日は埼玉県秩父郡小鹿野町で開催される両神山麓トレイルランについて、ご紹介いたします。


スポンサーリンク

大会概要

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 両神山麓トレイルラン
種目
  • 20.7km
  • 11.1km
  • 6.3km
開催日 2024年6月23日(日)
過去
日程
  • 第12回:2024年6月23日(日)
  • 第11回:2023年6月25日(日)
  • 第10回:2022年6月26日(日)
  • 第10回:2021年6月27日(日) 中止
  • 第9回:2020年6月28日(日) 中止
  • 第8回:2019年6月23日(日)
  • 第7回:2018年6月24日(日)
開催地 〒368-0202 埼玉県秩父郡小鹿野町両神小森707
国民宿舎両神荘
最寄駅
  • 西武秩父線・西武秩父駅から大会専用バスあり
    ※往復1,400円, 参加申込時に明記
  • 西武秩父線・西武秩父駅 ~ バス ~ 薬師堂下車
  • 秩父鉄道 三峰口駅 ~ バス ~ 薬師堂下車
    会場まで徒歩7分 550m
開始
時間
  • 9時40分:開会式
  • 10時20分:20.7km・11.1km・6.3km
制限
時間
  • 20.7km:5時間30分
  • 11.1km:3時間30分
  • 6.3km:2時間30分
定員
  • 20.7km:450人
  • 11.1km:200人
  • 6.3km:250人
参加費
  • 20.7km:4,900円
  • 11.1km:4,500円, 高校生 3,500円
  • 6.3km:4,200円, 高校生以下 3,200円
コース
  • 20.7km/11.1km:
    公園管理道路入口付近
    ~ 公園管理道路
    ~ 山居広場
    ~ 展望休憩舎
    ~ 両神神社奥社
    ~ 鳥居山
    ~《花しょうぶ園
    ~ 薬師堂コース
    ~ 山居広場
    ~ 展望休憩舎
    ~ 両神神社奥社
    ~ 鳥居山コース
    ~ 花しょうぶ園》

    ~ 両神神社
    ※20.7kmコースは赤字を3周
  • 6.3km:
    公園管理道路入口付近
    ~ 公園管理道路
    ~ 山居広場
    ~ 展望休憩舎
    ~ 両神神社奥社
    ~ 鳥居山コース
    ~ 両神神社

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
20.7km 450人 4,900円 5時間30分
11.1km 200人
  • 4,500円
  • 高校生
    3,500円
3時間30分
6.3km 250人
  • 4,200円
  • 高校生以下
    3,200円
2時間30分
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Twitterの最新情報はこちらから
  • 大会専用バス 往復1,400円
    西武秩父線・西武秩父駅から会場まで
    ※参加申込時に明記が必要
  • 小鹿野町山村広場に無料駐車場
    ※大会当日のみ
    ※会場まで徒歩3分
  • 2024年大会から種目変更
    20.7km・6.3km ⇒ 20.7km・11.1km・6.3km
  • 2023年大会から種目変更
    20.7km・11.1km・5.1km ⇒ 20.7km・6.3km
  • 2023年大会から参加費値上げ
    20.7km:4,600円 ⇒ 4,900円
    ※6.3km:新設
  • 2024年大会から定員削減
    20.7km:500人 ⇒ 450人
    ※11.1km:追加
  • 2023年大会から定員増加
    20.7km:400人 ⇒ 500人
    ※6.3km:新設
  • 2022年大会から定員削減
    20.7km:500人 ⇒ 400人
    11.1km:300人 ⇒ 200人
    ※5.1km:開催なし

会場アクセス「両神温泉国民宿舎」

コースマップ

スポンサーリンク

高低差

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、2月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2020年 2020年2月18日(火) ~ 5月28日(木)
2021年 中止
2022年 2022年3月25日(金) ~ 5月26日(木)
2023年 2023年3月15日(水)12:10 ~ 5月25日(木)
2024年 2024年2月16日(金)12:10 ~ 5月23日(木)


スポンサーリンク

応募方法

参考

エントリー締切時間

申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2022年 2022年5月26日(木)
※最終日もエントリー可能でした。
2023年 2023年5月25日(木)
※最終日もエントリー可能でした。
2024年 2024年5月23日(木)
※最終日もエントリー可能でした。

『両神温泉』周辺の宿泊場所

宿泊するなら大会会場となっている両神温泉周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

国民宿舎両神荘 ※会場側

予約の際、大会に参加することをお伝え下さい。特別料金設定があります。

口コミ

スポンサーリンク

2023年

  • 両神山麓トレイルランに参加してきました!20.7kmの部と6.3kmの部があり、6.3kmの部に参加しました!両神山麓トレイルランに参加するの、2018年以来5年ぶりでした!5年前とコースが変わって、序盤の峠走(ロード)が長くなってました!結果ですが、総合6位でした!途中、8位まで落ちましたが、下りで2人抜いて、6位になりました!走り終えて着替えた後ですが、20.7kmの部に参加されている知り合いの方々の応援に、まわりました!ハイタッチしたりして、楽しかったです!応援の後、参加賞の金券を使用して、カレーを買って食べました!美味しかったです!
  • 両神山麓トレイルラン(20.7km累積標高 1,528m)を5年ぶりに完走しました(3:38:50)。距離は短いけど、4周の周回コースで上昇高度が高くてハードなコース。以前は4周目でばてた記憶があったので、1周目の上りはゆっくりと行って、2周目までは無理して抜かないことを心がけて走った結果、タイムは自己ベストより少し遅かったけど、最後まで気持ちよく走ることができた。
  • 最近山を駆け回るのが楽しくて…6.3kmと20.7kmの二種類えらべたのに、調子に乗って長い方を選んでしまいました。下りは走りやすくて天国だったけど、標高差400m近くの急登を走るのは流石にまだ早かった!しかも周回コースなので4回も登らなきゃいけなくて、最後の方は半泣き!無事、脚は現在バッキバキです!エイドステーションのスイカやお饅頭、スタッフさんたちの優しさに励まされてなんとかやりきれました。

2022年

  • 両神山麓トレイルラン 20km 3h14min 1473D+!緩い登りや斜面変化はイケる!きつい登りもまあまあ!歩きも意外にイケてた!下りはダメ!速いランナーは次元が違う!別の競技をしていたかのよう!かぶり水ジャバジャバとしっかり給水と木陰のコースとで暑さは大丈夫でした!
  • 両神山麓トレイルラン!超久しぶりのショートレース!昨日の疲労が抜けず熱中症ぎみだったけど、家から比較的近いし練習ついでに参戦!いゃ〜、距離短いからとナメてた!この暑さでスピードレース!足攣りまくって歩きまくり…撃沈!
  • はじめてのトレイルランは秩父!11.1km走ってきました!20.7kmの人も合わせると633名でのスタート!走り切った〜!
  • 本日はスポーツエイドジャパンさんの両神山麓トレイルランに参加させていただきました。結果は関門に引っかかってしまいました。暑さに弱いので、ペースを落としすぎたみたいです。今日は真夏のような暑さでした。
  • 20kにエントリーしており、5キロ周回コースを4周するのですが、暑さもあり1周目でヘロヘロ!えっ、あと3周もするんですか!?トレイルの洗礼をまともに受け、メンタルもかなりやられました!それでもなんとか登り下りを繰り返し、登りは毎回ヘロヘロでしたが、3周目、4周目は降りにも少し慣れてきて、若干走れるようになりました!ゴールタイムは3時間30分!距離半分以下なのにフルマラソンより30分以上遅い!これがトレイルなんですね!とてもいい経験、トレーニングになりました!そして、途中のエイドのスイカやグレープフルーツ、コーラに助けられました!

2021年以前

  • 2021年大会は中止になりました。6月27日(日)開催予定でしたが、奥武蔵ウルトラマラソンが延期されて、その大会が開催されることになりました。
  • 2020年大会は中止になりました。来年は開始されますように。
  • 2019年大会の戦利品です!こんにゃく、しゃくし菜漬、道の駅 両神温泉薬師の湯の入浴割引券(500円)、食事券500円分、ミネラルウォーター500mlなど。食事券は焼き鳥と焼きそばに化けました。
  • 雨上がりで足場の悪いコースでしたが、最後まで安定したランニングをサポートしてくれました。基本的に滑りにくいですが、木の根っこだけは注意が必要です。自慢のソールには土がぎっしり。意外と重く感じます。
  • 20kmの部に参加しました。想像より10倍キツいレース展開です。後半は足がつってしまい、登り道は歩きながら、何とか完走できました。


最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!