スポンサーリンク

本日は徳島県海部郡美波町で開催される千羽海崖トレイルランニングレースについて、ご紹介いたします。


スポンサーリンク

大会概要

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 千羽海崖トレイルランニングレース
種目
  • エリート 49.6km・累積3856m
  • ロング 36.5km・累積2833m
  • ミドル 18.1km・累積1390m
  • ショート 10.4km・累積890m
開催日 2025年1月19日(日)
過去
日程
  • 第16回:2025年1月19日(日)
  • 第15回:2024年1月28日(日)
  • 第14回:2023年1月21日(土)・22日(日)
  • 第13回:2022年1月15日(土)・16日(日)
  • 第12回:2021年1月24日(日)
  • 第11回:2020年1月26日(日)
  • 第10回:2019年1月20日(日)
  • 第9回:2018年1月14日(日)
開催地
  • 前日受付
    〒779-2305 徳島県海部郡美波町奥河内寺前493-6
    道の駅 日和佐
  • エリート・ロング
    〒779-2304 徳島県海部郡美波町日和佐浦
    日和佐町民グラウンド
最寄駅
  • 前日受付
    JR牟岐線 日和佐駅 徒歩3分 220m
  • エリート・ロング
    JR牟岐線 日和佐駅 徒歩15分 1.2km
開始
時間
大会前日

  • 13時00分:受付開始
  • 16時30分:受付終了

大会当日

  • 6時30分:受付開始(エリート・ロング)
  • 8時00分:エリート・ロング女子
  • 8時15分:ロング男子
  • 8時30分:受付開始(ショート)
  • 10時30分:受付開始(ミドル)
  • 10時30分:ショート
  • 12時30分:ミドル
制限
時間
  • エリート:8時間15分
  • ロング:女子 8時間15分, 男子 8時間
  • ミドル:3時間45分
  • ショート:2時間10分
定員
  • エリート:80人
  • ロング:350人
  • ミドル:80人
  • ショート:80人, 親子ペア 20組
参加費
  • エリート:13,000円
  • ロング:10,000円
  • ミドル:8,600円
  • ショート:6,500円, 親子ペア 9,500円
コース
  • エリート:スタート:竜宮公園
  • ロング:スタート:竜宮公園
  • ミドル:スタート:牟岐少年自然公園
  • ショート:スタート:ほたる村
  • ゴール:美波町城山交流拠点施設

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
エリート
49.6km
累積
3856m
80人 13,000円 8時間15分
ロング
36.5km
累積
2833m
350人 10,000円
  • 女子
    8時間15分
  • 男子
    8時間
ミドル
18.1km
累積
1390m
80人 8,500円 3時間45分
ショート
10.4km
累積
890m
  • 80人
  • 親子ペア
    20組
  • 6,500円
  • 親子ペア
    9,500円
2時間10分
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Xの最新情報はこちらから
  • 2024年大会から参加費値上げ
    エリート:12,000円 ⇒ 13,000円
  • 2024年大会から定員増加
    エリート:100人 ⇒ 80人
  • 2023年大会から定員増加
    ミドル:300人 ⇒ 350人
    ※ロングプラス ⇒ エリート
    ※ショート:開催なし

    会場アクセス

    前日受付「道の駅 日和佐」

    エリート・ロング「日和佐町民グラウンド」

    コースマップ

    エリート

    ロング

    ミドル

    ショート

    出典元:大会サイト コースマップ

    申込期間と応募方法

    エントリー開始は例年、7月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

    申込期間

    2023年 2022年3月4日(金) ~ 2023年1月5日(木)
    2024年 2023年6月4日(日) ~ 2024年1月5日(金)
    2025年 2024年7月2日(火) ~ 2025年1月6日(月)

    応募方法

    参考

    エントリー締切時間

    申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

    2023年 2023年1月5日(木)
    ※最終日もエントリー可能でした。
    2024年 2024年1月5日(金)
    ※最終日もエントリー可能でした。
    2025年 2025年1月6日(月)

    『日和佐駅』周辺の宿泊場所

    宿泊するなら大会会場から徒歩で約13分の日和佐駅周辺が便利です。

    参考

    出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

    –> 楽天トラベルをいますぐチェック!

    プチ情報

    スポンサーリンク

    2024年

    • 海崖では、なぜか雨に降られ岩めちゃ滑るし、ウエアも濡れて寒くて、おまけに膝まで海に入って、速い人は海崖で雨に全く降られなかったらしい!海崖に至るまでの登りがあまりにキツくて、海超えたら次の関門でやめようと思ってたけど、海崖が面白くてテンション復活!それからは関門ごとの制限時間に滑り込むことだけを考えて走りました。
    • 徳島だし、海岸走れるし、36kmだし…と軽い気持ちでエントリーをしたこの大会はとってもタフでしたとさ。また「上りは走る!下も走る!フラットも走る!」と言われたので、今回はいつもと違ってサボらず登りも走ったりと突っ込んだ結果16km地点で脚を攣り一時は行動不能に…その後も足攣りと闘いながら未遂を含めると10回近くはあったものも無事にゴール出来ましたとさ!
    • 階段、階段、海崖の岩場に砂浜走って、また階段、階段!ロング36.5km、累積2833mをなんとか6時間50分で完走!帰りに味噌カツ食べて久しぶりのビール!

    2023年

    • 千羽海崖トレイル!やっと念願の海崖コース!ただ階段と痛みに心折られて、残り4kmくらいで最終関門時間切れDNF!
    • 階段地獄と砂浜&磯ランを満喫!去年の自分も超えれた〜!
    • 千羽海崖トレイルランニングレース2023に参加。ミドル18km!練習不足でロング34.5kmは避けたけど、5年越しでやっと走れた…天候良くて気持ちよく海岸進むも、階段地獄で失速!3時間切れなかったけど変な怪我せず完走できて良かった。とにかく階段だらけで両足内側広筋が終わりました。
    • 千羽海崖トレイルランニングレース2023に参加しました。今年は天候も良く、3年目にしてようやく名物の海崖を歩行することが出来ました!岩と石、砂、波で気持ちは焦るが前には進めずイラ!っと来ます!後半、ゴール5キロ手前で両ふくらはぎが攣り、走行中断ギャーッ!(うずくまる)などのトラブルがありましたが無事ゴールしました。最後は大喜びで終わりました。
    • ロングプラス女子はなんと2人だけ!しかも、もう1人は実力者!なので順位についてはラッキーだったという思いのほうが強いのですが!それでも3年連続の金!しかもゲストの鏑木さんが背負わせてくださるという!は素直に嬉しいです!ちなみによく聞かれますが、甲羅は貰えるわけではなく、表彰式が終わると即返却します(笑)!

    2022年

    • ロングクラス目標達成。ウェーブスタートなので渋滞なく走れる。ハイカーもいない。ってか、トレランの人だけやん。試走したら迷子になるか、崖から落ちてまうわ。。。階段多め。海岸線を走れなかったのでリベンジです。速そうなランナーが多く不安でしたが蹴落とされることなく完走できました。
    • 昨日は3年ぶり?の千羽海崖トレイルランレースに参加させていただきました。夜中トンガの地震により開催中止もうわさされましたがコース変更によりスタートでしました。相変わらずタフなコース後半の階段は足が残ってなくペースダウン!それでも初めて7時間ギリ。楽しませていただきました。大会関係者の方にコロナ禍、津波警報の中万全の対策をうっていただき開催してもらい感謝です。
    • 千羽海崖トレイルレース2022。34.5km。累積標高2597m。階段だらけ。めちゃくちゃきつかったのに前の日ハーフマラソン走ってたから、登りが足、重くて重くて、辛かったー!ウミガメの産卵地の徳島県、日和佐。入賞三位まではトロフィーが亀の甲羅です。黄色のタンクトップは2019年に鏑木剛賞を貰った時の景品。津波が心配されたけど、無事に開催されました。名物の海岸コースは変更されたけど、名物の階段コースはガッツリ昇らされました。

    スポンサーリンク

    最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!