スポンサードリンク

本日は2023年に開催される第5回 四国中央スカイランついて以下の流れで、ご紹介いたします。

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

要約
  • 大会概要(第5回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所
スポンサードリンク

大会概要

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

詳細情報

スポンサードリンク

大会名 四国中央スカイラン
※過去の大会情報をベースに作成
種目
  • バーティカル 5,300m
  • バーティカルキッズ 1,200m
開催日 2023年11月上旬 ※予想
過去
日程
  • 第4回:2022年11月6日(日)
  • 第3回:2021年11月7日(日)
  • 第2回:2020年11月1日(日)
  • 第1回:2019年11月17日(日)
開催地 〒799-0301 愛媛県四国中央市新宮町馬立4491-1
霧の森 塩塚高原
最寄駅
  • JR予讃線 伊予三島駅 バスで約57分
開始
時間
  • 9時20分:バーティカル 一般・中学生クラス
  • 10時30分:バーティカルキッズ
制限
時間
記載なし
定員
  • バーティカル:150人
  • バーティカルキッズ:50人
参加費
  • バーティカル:6,000円, 中学生 3,600円
  • バーティカルキッズ:小学生 1,500円
コース
  • バーティカル:
    距離:5,300m
    (計測は霧の森ステージからスタート後、約500m先の登山口より)
    標高差:+850m
    下山:自走
  • バーティカルキッズ:
    距離:1,200m
    標高差:+170m​

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
バーティカル
5,300m
150人
  • 6,000円
  • 中学生
    3,600円
記載なし
バーティカル
キッズ
1,200m
50人 小学生
1,500円
参考

    会場アクセス「霧の森 塩塚高原」

    コースマップ

    スポンサードリンク

    高低差

    標高差は+850mです。

    出典元:大会サイト コースマップ

    申込期間と応募方法

    エントリー開始は例年、6月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

    申込期間

    2021年 2021年6月3日(木) ~ 10月25日(月)
    2022年 2022年6月9日(木) ~ 10月24日(月)
    2023年 2023年6月上旬 ~ 10月下旬 ※予想
    スポンサードリンク

    応募方法

    参考

    エントリー締切時間

    申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

    2021年 2021年10月25日(月)
    2022年 2022年10月24日(月)
    ※最終日もエントリー可能でした。
    2023年 2023年10月下旬 ※予想

    『伊予三島駅』周辺の宿泊場所

    宿泊するなら大会会場から徒歩で約4分の伊予三島駅周辺が便利です。

    参考

    出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

    –> 楽天トラベルをいますぐチェック!

    口コミ

    スポンサードリンク

    2022年

    • 四国中央スカイランバーティカル!塩塚峰までの駆け上がり競争!2年前、僕を山の有る生活に引きづり込んでくれた大会!感謝しかない。今日も山友と大会に関わった全ての方に感謝です。久しぶりの塩塚がきれいすぎた。
    • 四国中央スカイラン出店&出走してきました!初めてのRUNのレースでしたが、楽しかったです!試走会で一緒だった方と帰りは降りてきましたが、いろいろとお話ができて楽しかったです。何よりうれしかったのは、ゼッケンにactcycの文字が入っている事!レース後、炊き出しを食べて、温泉に入りました。まだまだおなかが空いていたので、霧の森で最近いつも食べているあめごを購入。1つはビッグサイズでした。来年も是非参加したいと思います!
    • 人生初のスカイラン(トレイル)大会!距離:5,300m!標高差:+850m!5キロぐらいなので、楽勝でしょと思っていたが、舐めてました!メチャクチャ勾配きちぃー!下半身パンパンでほぼ歩き!途中最高の筋トレだと思い、ゴールまで向かいました。なんとか無事完走できたので、最高の1日でした!
    • 今年も四国中央スカイランのスィーパー役として大会協力。4回目の今大会も天候に恵まれて最高の天気でした。コースは塩塚峰山頂までの距離 5,300m、標高差+850m!を一気に駆け上がる​バーティカルレース。山頂がゴールなので、スタート地点まではレースでは無いけど戻ってこないといけないので実質距離は10km超。スタート前には選手の必携装備品となっている防寒着を持っているかどうか全員確認。持っていない人が一人いたけど、預け手荷物の中に忘れていました。また、ゼッケンの取り付け位置が選手要綱に記載されている「腹部」で無い人には腹部につけるよう指導。(スカイランニングのルールではズボンやバックにゼッケンを取り付けているのは認められません。)
      で、これでスタート前の業務完了。スタートは15秒間隔で選手がスタート切るので、自分は最後の選手がスタート切ってから最後尾の選手について山頂ゴールまで追走。山頂ですぐに折り返して、下りも最後尾選手についていきながらマーキングを外していき、霧の森へと戻ってきてミッション完了。今日も無事に終えられてホッとしました。

    2021年

    • 雨になるかと思ってましたが、良い天候に恵まれ四国中央スカイラン楽しんできました。結果は目標に届かず。でも得るものはありました。来年はこの悔しさを忘れないようにしたいです。新宮はアクセスも良くお茶も美味しく、この季節にはピッタリな場所。賑わうのがわかる気がします。塩塚峰からの眺めとVTの爽快感は病みつきになりますね。
    • 四国中央スカイランに参加しました。こちらは3年連続出場!前日の疲れが残ってて身体が重くてしんどかったですが、昨年と同じぐらいのタイムで走れました。
    • VKはゴール後山頂からの景色をゆっくり楽しめるし、選手同士応援し合う雰囲気もまた良いなと。昨年初めてVKに挑戦し、好きになるきっかけになった大会。今年も出れて良かったです。とても温かい大会でした!運営してくださった関係者の皆様ありがとうございました!

    まとめ

    四国中央スカイランについて下記をご紹介いたしました。

    要約
    • 大会概要(第5回)
    • 応募方法と申込期間
    • 過去の締切時間
    • 宿泊場所

    四国中央スカイランは2023年11月上旬(※予想)の開催の予定です。
    最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。

    スポンサードリンク

    最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!