スポンサーリンク

本日は長野県北安曇郡小谷村で開催される小谷トレイルオープンin栂池について、ご紹介いたします。


スポンサーリンク

大会概要

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 小谷トレイルオープンin栂池
※栂池 = つがいけ
種目
  • 27km
  • 11km
開催日 2022年8月7日(日)
過去
日程
  • 2022年8月7日(日)
開催地 〒399-9422 長野県北安曇郡小谷村千国乙12840-1
栂池高原スキー場
※栂池 = つがいけ
最寄駅
  • JR大糸線 白馬大地駅 徒歩1時間3分 4.1km
開始
時間
大会前日

  • 14時00分:受付開始
  • 17時00分:受付終了

大会当日

  • 8時00分~8時30分:27km受付開始
  • 9時00分~9時30分:11km受付開始
  • 9時00分:27km スタート
  • 10時00分:11km スタート
制限
時間
  • 27km:8時間
  • 11km:3時間
定員
  • 27km:500人, 50組
  • 11km:300人, 50組
参加費
  • 27km:
    10,000円, 学生 7,000円,
    ペア18,000円, 学生ペア 12,600円
  • 11km:
    7,000円, 学生 5,000円,
    ペア 12,000円, 学生ペア 8,500円
コース スタート・ゴール:雪の広場

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
27km
  • 500人
  • 50組
  • 10,000円
  • 学生
    7,000円
  • ペア
    18,000円
  • 学生ペア
    12,600円
8時間
11km
  • 300人
  • 50組
  • 7,000円
  • 学生
    5,000円
  • ペア
    12,000円
  • 学生ペア
    8,500円
3時間
参考

    会場アクセス「栂池高原スキー場」

    コースマップ

    出典元:大会サイト コースマップ

    申込期間と応募方法

    エントリー開始は例年、3月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

    申込期間

    2022年 2022年3月25日(金) ~ 7月22日(金)
    2023年 発表なし(※2023年8月8日現在)
    2024年 発表なし(※2024年6月24日現在)
    2025年 2025年3月下旬 ~ 7月下旬 ※予想

    応募方法

    参考

    エントリー締切時間

    申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

    2022年 2022年7月22日(金)
    ※最終日もエントリー可能でした。
    2025年 2025年7月下旬 ※予想

    『白馬大地駅』周辺の宿泊場所

    宿泊するなら大会会場から徒歩で約8分の白馬大地駅周辺が便利です。

    参考

    出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

    –> 楽天トラベルをいますぐチェック!

    口コミ

    スポンサーリンク

    2022年

    • 小谷トレイルオープン27km!スキー場ぐるぐるきつかったー!暑かったー!27kmだったけどGPSは30km超えてました。エイドの漬物美味しかった!帰りは岩岳の湯!
    • 小谷トレイルオープンin栂池!白馬だし、夏場の練習にと思い軽い気持ちでエントリーしたら、とんでもないコースでした。ちゃんと走ったのは皆生大会以来。登れない、降れない、走れない(笑)!27キロのコースでしたが私のガーミンは30キロ。久しぶりのトレラン、とりあえず無事にゴールできて良かったです。
    • 27km出走します!この距離は久々。。。前日受付の為に前泊!ゲレンデコースってことで、開始3kmで800mくらい登るんです!山ひたすら登る・・・エグいよね??
    • サロモン ゴールデントレイルシリーズの小谷トレイルオープンin栂池、エントリーが始まっているんですね!
    • 今年からアジア初開催となる、日本戦(GTNSJ)が、6月の湯沢を皮切りにスタートします!出場するトップ選手たちは、ポルトガルで開催される「シリーズ・グランドファイナル」への招待チケットをかけた熱いレースシーズンになりそうです!と言いつつ、イベントと謳うだけあって、どのレースもいろんなカテゴリーが用意されてます。みんなで「山を駆ける」を楽しむ時間!GTNSJ対象エントリーも良し、マイペースにレースを楽しむソロ参加、ペア参加、リレー参加のエントリーもありますよ!ん?リレーってどんなだろ?


    最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!