スポンサードリンク

本日は2023年に開催される中央アルプススカイラインジャパンついて以下の流れで、ご紹介いたします。

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

要約
  • 大会概要
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所
スポンサードリンク

大会概要

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

詳細情報

スポンサードリンク

大会名 中央アルプススカイラインジャパン
※過去の大会情報をベースに作成
種目
  • SKYLINE38k 38.2km
  • HIGHLAND20k 21.0km
  • KOMAKAPPA10k 10.2km
  • MIYASAN4k 4.0km
開催日 2023年7月上旬 ※予想
過去
日程
  • 2022年7月3日(日)
  • 2021年7月4日(日)
  • 2019年7月7日(日)
開催地 〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂北割一区759-447
駒ヶ根ファームス
最寄駅
  • JR飯田線 駒ヶ根駅 徒歩1時間2分 4.3km
開始
時間
大会前日

  • 12時00分:受付開始
  • 18時00分:受付終了

大会当日

  • 3時00分:受付開始
  • 6時30分:SKYLINE38k
  • 7時30分:HIGHLAND20k
  • 9時00分:KOMAKAPPA10k
  • 10時00分:MIYASAN4k
制限
時間
  • SKYLINE38k:9時間
  • HIGHLAND20k:7時間30分
  • KOMAKAPPA10k:5時間
  • MIYASAN4k:2時間
定員
  • SKYLINE38k:500人
  • HIGHLAND20k:400人
  • KOMAKAPPA10k:300人
  • MIYASAN4k:100人, 50組
参加費
  • SKYLINE38k:10,000円, 高校生8,000円
  • HIGHLAND20k:8,000円, 中高校生 6,000円
  • KOMAKAPPA10k:5,000円, 小中高校生 4,000円
  • MIYASAN4k:3,000円, ファミリー 4,000円
コース
  • SKYLINE38k:
    スタート:駒ヶ池, ゴール:駒ヶ根ファームス
  • HIGHLAND20k:
    スタート:森と水のアウトドア体験広場, ゴール:駒ヶ根ファームス
  • KOMAKAPPA10k:
    スタート:駒ヶ池, ゴール:駒ヶ根ファームス
  • MIYASAN4k:
    スタート・ゴール:森と水のアウトドア体験広場

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
SKYLINE38k
38.2km
+2,571m
-2,597m
500人
  • 10,000円
  • 高校生
    8,000円
9時間
HIGHLAND20k
21.0km
+1,245m
-1.245m
400人
  • 8,000円
  • 中高校生
    6,000円
7時間30分
KOMAKAPPA10k
10.2km
+628m
-636m
300人
  • 5,000円
  • 小中高校生
    4,000円
5時間
MIYASAN4k
4.0km
+86m
-85m
  • 100人
  • 50組
  • 3,000円
  • ファミリー
    4,000円
2時間
参考

    会場アクセス「駒ヶ根ファームス」

    コースマップ

    スポンサードリンク

    SKYLINE38k

    HIGHLAND20k

    KOMAKAPPA10k

    MIYASAN4K

    高低差

    • SKYLINE38k

    • HIGHLAND20k

    • KOMAKAPPA10k

    • MIYASAN4k

    出典元:大会サイト コースマップ

    申込期間と応募方法

    エントリー開始は例年、3月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

    申込期間

    2021年 2021年4月2日(木) ~ 6月20日(土)
    2022年 2022年3月12日(土) ~ 6月12日(日)
    ※申込期間延長:6月17日(金)まで
    2023年 2023年3月中旬 ~ 6月中旬 ※予想
    スポンサードリンク

    応募方法

    参考

    エントリー締切時間

    申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

    2021年 2021年6月20日(土)
    2022年 2022年6月17日(金)
    ※最終日もエントリー可能でした。
    2023年 2023年6月中旬 ※予想

    『駒ヶ根駅』周辺の宿泊場所

    宿泊するなら大会会場から徒歩で約7分の駒ヶ根駅周辺が便利です。

    参考

    出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

    –> 楽天トラベルをいますぐチェック!

    口コミ

    スポンサードリンク

    2022年

    • 前日までの猛暑から一転雨模様!果てしなく続く急登に雨で泥んこのズル滑り激下り!大変な目に遭いましたがなんとか走り切りましたトレイルの下りが下手くそ過ぎて、上りで抜いて下りで抜かれるレース展開!ロード区間は本職の意地で抜きまくりました。
    • 中央アルプススカイラインジャパン20キロの部に参加してきました。距離や累積標高などの条件は軽井沢とほぼ同じ。ただ、登りっぱなし・降りっぱなしなので3時間から3時間半くらいの間でゴールできればいいかな、と思いながらスタート!無事スタート地点のゲートに戻ってきて出し切るべくラストスパート決めて両手を広げてゴール!時計を止めたところでそこにいたスタッフの方から「あれ、ここ、ゴールじゃないですよ」恥ずかしいを通り越して放心。(GARMINも20丁度くらいだったのでてっきり…実際はその後1キロ以上先にあって、心がポッキリ折れて歩いてしまいました…)それでも何とか軽井沢を上回るタイムでゴール!
    • 距離は40k程度なんだけど、、お〜きく二回盛大に急登を上げて落とすという過去最高強度のレース。消費カロリー5200kcal!ほんと久々に参りましたw
    • スタート時点では雨が降ったり止んだりでしたが、スタートして山に入ったあたりから雨が振り続けるレースでした。下りで38キロに出ていた、くれいじーかろさんに抜かれた。とんでもないスピードで下って行ってしまった。
      いいもの見たわー。
    • 中央アルプススカイラインジャパン遠征、まずはJRに延々と揺られて駒ヶ根まで!やはり名物ソースカツ丼を食べねば!駅についてちょった歩いて向かったのは福寿美。そして、待つこと10分、きました!このボリューム!感動的。カツがしつこすぎず、さっぱりすぎずの、絶妙なバランス。あと、おかずがいろいろついてくるのがうれしいです。やっぱりここのが好きかも。おいしゅうございました!

    2021年

    • 先日行われた中央アルプススカイラインジャパン2021!10kmに参加してきました。コロナ禍と雨の中大会を開催していただき本当にありがとうございました!楽しかったです。
    • 日曜日は駒ヶ根市で開催された中央アルプススカイラインジャパンの38キロに参加してきました。コロナの影響でコースは変更になり19キロのコースを2周となりましたが、どうやら本来のコースより厳しいコースになったみたいで、地獄を見てきました!獲得標高3200mあったみたいでずーと急坂登ってるか下ってるかでした。タイムは9時間のリミットギリギリ!1周目の下りで盛大に転けて膝痛いし、寒いし、2周目はドロドロになった急坂で滑りまくってこけまくって泥んこになりながらゾンビのようになってなんとかゴール!メチャ辛かったけど、まずは38キロ完走できた事が嬉しくて、その後からペース配分や転けて膝痛めたことの反省が来て、最終的にはまあまあ近場で開催されてるから来年もっと頑張ってまた参加しようとなりました!
    • 無事、制限時間内にゴールして念願のメダルをゲット!スタートから雨やったから予想はしてたけどスリッピーなコースに悪戦苦闘で案の定泥んこ祭り!めっちゃエグいコースやったけど楽しかった!

    まとめ

    中央アルプススカイラインジャパンについて下記をご紹介いたしました。

    要約
    • 大会概要
    • 応募方法と申込期間
    • 過去の締切時間
    • 宿泊場所

    中央アルプススカイラインジャパンは2023年7月上旬(※予想)の開催の予定です。
    最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。

    スポンサードリンク

    最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!