スポンサーリンク

本日は岩手県和賀郡西和賀町で開催される河北新報 錦秋湖マラソンについて、ご紹介いたします。


スポンサーリンク

大会概要

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 河北新報 錦秋湖マラソン
種目
  • 30km
  • ハーフマラソン
  • 10km
開催日 2024年5月26日(日)
過去
日程
  • 第44回:2024年5月26日(日)
  • 第43回:2023年5月28日(日)
  • 第42回:2022年5月29日(日)
  • 第41回:2021年5月30日(日) 中止
  • 第40回:2020年5月31日(日) 中止
  • 第39回:2019年5月26日(日)
開催地 〒029-5512 岩手県和賀郡西和賀町川尻40
西和賀町役場湯田庁舎前
最寄駅
  • JR北上線 ほっとゆだ駅 徒歩5分 450m
開始
時間
  • 9時00分:30km・ハーフ
  • 9時05分:10km
制限
時間
  • 30km:2時間45分
  • ハーフマラソン:2時間30分
  • 10km:1時間30分
定員 2,300人
参加費
  • 30km:4,000円
  • ハーフマラソン:4,000円
  • 10km:3,500円
コース スタート・ゴール:西和賀町役場湯田庁舎前
※30km・ハーフ・10km:日本陸連公認コース

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
30km 2,300人 4,000円 2時間45分
ハーフ 4,000円 2時間30分
10km 3,500円 1時間30分
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Xの最新情報はこちらから
  • 2023年大会から定員増加
    合計1,200人 ⇒ 合計2,300人
  • 2022年大会から定員削減
    合計2,300人 ⇒ 30km・ハーフ 600人, 10km 600人

会場アクセス「西和賀町役場湯田庁舎前」

コースマップ

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、12月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2020年 2019年12月21日(土) ~ 2020年4月7日(火)
2021年 中止
2022年 2022年1月11日(火) ~ 3月27日(日)
2023年 2023年1月10日(火) ~ 3月26日(日)
※専用申込書:3月19日(日)まで
※申込期間延長:4月2日(日)まで
2024年 2024年1月7日(日) ~ 3月24日(日)
※専用申込書:3月17日(日)まで
※申込期間延長:3月31日(日)まで
2025年 2025年1月上旬 ~ 3月下旬 ※予想


応募方法

参考

エントリー締切時間

申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2022年 2022年3月27日(日)
※定員に達したため締切(3/12現在)
2023年 2023年4月2日(日)
※最終日もエントリー可能でした。
2024年 2024年3月31日(日)
※最終日もエントリー可能でした。
2025年 2025年3月下旬 ※予想

『湯川温泉』周辺の宿泊場所

宿泊するなら大会会場から車で約6分の湯川温泉周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

プチ情報

スポンサーリンク

2023年

  • 錦秋湖ハーフマラソン走ってきました!前日までの飲み過ぎ食べ過ぎの不摂生の中、またまた雨中レースになり、身体が重たく、スピードに乗れず!40分切りも出来ず。不甲斐ない結果に終わりました。飲み会とトレーニングの両立をどうするか、秋に向けての大きな課題です。
  • 終日雨の錦秋湖、特に後半つらかった。昨年2:37:10(5:13/km)!今年2:48:14(5:34/km)!和賀川を上る、往路のぼり、復路下りの30km!通常、後半(復路)ペースアップするのですが、どんどん苦しくなりました。脚はできている、心肺も問題ない、腰回りのだるさ、腰痛からくるものだったと思います。ちなみに、毎年参加いただいています、川内選手(今年は夫婦で参加)には往路11km地点ですれ違いましたので、川内選手は19km走破している計算になります。すれ違う時、お辞儀をしたら、ちゃんとあの速さの中でお辞儀をし返してくれました。初めてお会いして以来、ずっと好青年のままです!制限時間2:45の仕切りがありましたが、例年少し温情があって、ゴールを認めてもらえたようです。例年、長蛇の列でGETできなかったわらび餅を最後の最後に確保することができました。
  • 錦秋湖ハーフマラソンゴール!背中に背負う「逢いにいかなくちゃ。」のコピーは、大阪で活動するコピーライター村上美香さんの言葉。クリエイターが、主体的にいろんな人に会いに行くことで、自分を切り拓いていくことが大事ということで書かれたコピー。でも、フルマラソンを経験した人なら誰でも経験があると思うけど、30㌔を過ぎたら毎回違うもう1人の自分が現れて、いろんなことを語りかけてくる。そんなもう1人の自分に逢いにいくことが、マラソンの醍醐味なんかなということで、このコピーを我々のチームではみんな背中に背負ってるんですよ!

2022年

  • 錦秋湖マラソン。制限時間3分前にゴール!今週も胃をやられたので、遠回りして、道の駅羽後の冷がけそばが優しい!
  • スタートから勢いよく前に出て5キロ通過17分08秒、後半疲れて35分カットならず。久しぶりの西和賀に訪れて最高だったなと思います!これからビール飲む!
  • 錦秋湖マラソンハーフの部!サブ100惜しかった〜。途中垂れたけど川内優輝選手に越された18キロ付近で復活できたのが収穫!(川内さん効果?)あと、先週の失敗レースから立ち直って10分くらい縮められたのも良かった!
  • 3年振りに開催した錦秋湖マラソン30kmに参加。今回は走りやすい気候でした!最後は足をつりながらゴール! おもてなし抜群の舞茸ご飯牛乳、温泉無料券参加賞で満喫しました!
  • 錦秋湖マラソンを走ってからは湯川温泉の吉野屋旅館へ。温泉に入ってさっぱり。いい温泉だった!温泉の後はドライブイン湯田で昼ご飯。ミルク味噌ラーメンとジンギスカン単品を注文。どちらも美味しくて大満足。ごちそうさまでした!
  • ほっとゆだ駅に隣接する温泉で汗を流し、北上まで向かいます!すべてRUNNERのみ!
  • 錦秋湖マラソン10kゴールしました。今回も沿道から沢山の声援と、出場ランナーの方々から声をかけて貰い楽しく走る事が出来ました。開催してくれた運営の皆様、そして近隣住民の皆様方のご理解に感謝感謝ですー!着慣れてる炭次郎の衣装が 1番しっくりくるなと。
  • 西和賀町の錦秋湖マラソンハーフの部に参加しました!キツかったですの一言!6キロ過ぎたあたりから全然体が思うように動かなくて、我慢したかったけどできなくてそのままずるずる〜って感じでペースダウン!マラソンの難しさを体験した日になりましたねー!
  • この大会は、すべてのコースが日本陸連公認コースになってて、全国でも30kmの公認コースは珍しいと思う。
    そしてゲストランナーに川内優輝選手が来てくれる大会。10kmのコースは結構アップダウンが多いけど、地元の方の沿道の応援が多くて、なんとか頑張れるイメージ。行ったことないけど、前日はマラソン前夜祭として錦秋湖湖水まつりがあるらしい。

2019年

  • 錦秋湖マラソンは、日本で4大会しかない日本陸連公認30km大会で制限時間も2時間45分ですので、ある程度トレーニングをしている旅好きランナーにはオススメの大会です。前日の花火やレース後の乳製品、そして種類豊富な温泉。蕎麦に、西わらびもあります。
  • 高校総体を観に行きたかったけど、錦秋湖マラソンで10km走って来てしまった!死ぬほど暑かった。2km地点で目標を完走に切り替えました。高校生の皆さんほんとお疲れさまです。
  • ゴール後には水、スポンジ、完走証、ポカリのほか、名物の牛乳寒天、湯田牛乳、おこわも頂きました。錦秋湖マラソンでレース後にもらえるものは本当に充実していると思います。これだけもらえて30kmの参加料は3500円ですので、とてもお買い得です。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!