スポンサーリンク

本日は鹿児島県大島郡喜界町で開催される東経130度 喜界島マラソンについて、ご紹介いたします。


スポンサーリンク

大会概要

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 東経130度 喜界島マラソン
種目
  • フルマラソン
開催日 2024年4月14日(日)
過去
日程
  • 第10回:2024年4月14日(日)
  • 第9回:2023年4月16日(日)
  • 第8回:2022年4月17日(日) 中止
  • 第7回:2021年4月18日(日) 中止
  • 第6回:2020年4月19日(日) 中止
開催地 〒891-6202 鹿児島県大島郡喜界町湾565-2
自然休養村管理センター
最寄駅
  • 喜界空港から徒歩16分 1.2km
開始
時間
大会前日

  • 13時00分:受付開始
  • 18時00分:受付終了

大会当日

  • 7時00分:受付開始
  • 7時30分:開会式
  • 8時00分:スタート
  • 13時00分:表彰式
  • 15時00分:制限時間
  • 18時00分:打上げパーティー ※検討中
制限
時間
7時間
定員 180人
参加費
  • 5,000円
  • 打上げパーティー
    5,000円
コース スタート・ゴール:自然休養村管理センター

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
フル
マラソン
180人 5,000円 7時間
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Twitterの最新情報はこちらから
  • 2023年大会から参加費値上げ
    4,000円 ⇒ 5,000円
  • 2024年大会から定員増加
    150人 ⇒ 180人
  • 2023年大会から定員削減
    200人 ⇒ 150人

会場アクセス「自然休養村管理センター」

コースマップ

スポンサーリンク

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、12月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2020年 2019年12月20日(金) ~ 2020年3月8日(日)
2021年 中止
2022年 中止
2023年 2022年12月7日(水) ~ 2023年2月24日(金)
2024年 2023年12月8日(金) ~ 2024年2月22日(木)
2025年 2024年12月上旬 ~ 2025年2月下旬 ※予想


スポンサーリンク

応募方法

参考

エントリー締切時間

申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2023年 2023年2月24日(金)
※定員に達したため締切(2/15)
2024年 2024年2月22日(木)
※定員に達したため締切(1/23)
2025年 2025年2月下旬 ※予想

『喜界空港』周辺の宿泊場所

宿泊するなら大会会場から徒歩で約15分の喜界空港周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサーリンク

2024年

  • 鹿児島県奄美群島の喜界島でフルマラソンの大会があったので飛行機の便もおさえて初参加しました!人口7,600人の小さな島で島1周がちょうどフルマラソンとほぼ同じ距離の島です!参加者180人と小規模な大会ですが、沿道の応援は島の住民総出で応援してくれるので、体は疲れても心は元気になる大会です!島の強風と暑さにやられて、28㌔以降歩いてしまい5時間13分とワーストの記録となってしまいましたが、夜に開催された打上げパーティーは琉球民謡で踊りながら歌ったりしてとても盛り上がりました!島人の温かさと自然の厳しさ、文化に触れることができ、マラソン人生最高の1日でした!来年も参加したいです!
  • 喜界島マラソンというのはスギラビーチや一本道など喜界島の観光スポットを巡りながら42.195kmのコースを走ります!今回は約180名のランナーの参加があり約120名程は島外から参加されたランナーでした!

2023年

  • 奄美群島日本復帰70周年記念 喜界島マラソン2023!2時間55分26秒!総合5位!晴れ / 気温21℃〜25℃!30km過ぎて大失速。ラスト6kmは歩きとほとんど変わらないペースまで落ちた。前3日間シンスプリントでまともに走れていなかったのが原因として大きいが、それを差し引いてもレース中終始リズムに乗れなかった。天候コンディション、練習状況からしてタイムを求めるような位置付けのレースではなかったが、それにしてもフルマラソンは中途半端な練習では歯が立たないなと改めて痛感した。
  • この週末、第9回喜界島マラソンに参加してきましたー!このフルマラソン、なんと、島一周出来るんです。そこに惹かれ参加したのですが、島の人たちの温かさに本当に惹かれました。というのも、大会中は島中の人が沿道に出ていて、どこを走っていても島の人達の声援に包まれ、すごく疲れているのだけど笑顔で走れる。ちょっと歩いていたら「歩いちゃダメよー。腕を振ってがんばれー!!」と背中を押され、「はーい!!」とまた走り出せる。「東京から来てくれてありがとうねー」とか。有名な長い長い一本道では「写真撮ってあげるよ。はい、ジャンプして」と、ほんとにジャンプしてパチリ。心が温かくなりました!!結果はどうあれ楽しい楽しい42.195キロでした。そしてランのご褒美はもちろん島名物を堪能。「夜光貝のお刺身」はめっちゃコリコリで濃厚!「油そうめん」は全く脂っこくなくさっぱり!「長命草の天ぷら」は苦味が体に染みわたるー。どれもこれも美味しかった!!
  • 昨日は3年ぶりの喜界島マラソン大会で2回目の挑戦でした。各集落での応援は島人や島外から来られた参加者にとって大きな力に変わったと思います。本当に嬉しかったです。奄美から来られた知り合いの方々も大満足で、景色も良い、人もいい、おもてなし最高!と来年も是非参加したいと言っていただきました。

2022年

  • 2022年4月17日(日)開催予定の第8回大会は中止になりました。第6回から3大会連続中止になります。

2019年

  • 奄美にいます。喜界島経由のフェリーで来たので、もっと前から予定を立てていれば喜界島マラソンも参加できたのですが・・・奄美で一緒に降りた人は喜界島マラソンの参加者でした。
  • 昨日は第5回喜界島マラソン!お金出してなんでこんなきつい思いしてんのかいて走りながら後悔してた。でも沿道の応援は力になるし、エイドではマンゴージュースとか胡麻菓子とかあって楽しかった!また来年走るか?って聞かれたら走らんけども!
  • 喜界島マラソン、フルマラソンとしては、コスパが良かった気がする。参加費4000円、オリジナルT-シャツ、オリジナルバスタオル、黒糖焼酎、珊瑚のミサンガ、完走後の鶏飯食べ放題!


最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!