スポンサードリンク

本日は2022年に開催される第15回 東京マラソンについて以下の流れで、ご紹介いたします。

要約
  • 大会概要(第15回)
  • 応募方法や申込期間
  • 過去の抽選倍率
  • 抽選発表日
ポイント
スポンサードリンク

大会概要

詳細情報

大会名称 東京マラソン
※過去大会の情報をベースに作成
種目
  • マラソン
  • 10km (10.7km)
開催日 2022年3月6日(日)
過去の日程
  • 第15回:2022年3月6日(日) 予定
  • 第15回:2021年10月17日(日) 延期
  • 第14回:2020年3月1日(日)
  • 第13回:2019年3月3日(日)
  • 第12回:2018年2月25日(日)
  • 第11回:2017年2月26日(日)
  • 第10回:2016年2月28日(日)
  • 第9回:2015年2月22日(日)
  • 第8回:2014年2月23日(日)
  • 第7回:2013年2月24日(日)
  • 第6回:2012年2月26日(日)
  • 第5回:2011年2月27日(日)
  • 第4回:2010年2月28日(日)
  • 第3回:2009年3月22日(日)
  • 第2回:2008年2月17日(日)
  • 第1回:2007年2月18日(日)
開催地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿2-8-1
東京都庁周辺
最寄り駅
  • JR新宿駅 徒歩8分 (600m)
  • 都営大江戸線 都庁前駅 徒歩2分(120m)
スタート
時間
  • 9時05分:車いすマラソン・10km
  • 9時10分:フルマラソン・10km
  • 11時10分:10km 競技終了
  • 16時10分:マラソン競技終了
制限時間
  • フルマラソン:7時間
  • 10km:1時間40分
定員
  • マラソン:24,700人
  • 10km:300人
参加費
  • フルマラソン:23,800円(国内)、18,500円(海外)
  • 10km:12,400円(国内)、6,700円(海外)
コース
  • マラソン:
    東京都庁~飯田橋~神田~日本橋~浅草雷門
    ~両国~門前仲町~銀座~高輪~日比谷~東京駅前・行幸通り
    ※日本陸上連盟公認コース
    ※ワールドアスレティックス/AIMS公認コース
  • 10km:
    東京都庁~飯田橋~神田~日本橋

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
マラソン 24,700人

  • 一般エントリー 21,860人
  • ONE TOKYO 2,000人
  • 都民エントリー 700人
  • 準エリート 650人
  • エリート 100人
  • 車椅子 10人
  • 車椅子エリート 30人
  • 国内 23,800円
  • 海外 18,500円
  • 7時間
  • 車いす 2時間10分
10km 300人

  • ジュニア&ユース 170人
  • 視覚障害者 10人
  • 知的障害者 15人
  • 移植者 5人
  • 車椅子 3人
  • 国内 12,400円
  • 海外 6,700円
  • 1時間40分
  • 車いす 35分
参考
  • 公式サイトの詳細はこちらから
  • 2021年大会からフルマラソンの参加費が300円値上げされました。
    またPCR検査費6,800円が別途必要になります。
    フルマラソン:16,200円 ⇒ 23,800円(国内)
    10km:5,600円 ⇒ 12,400円
  • 2021年大会定員が大幅削減されます。
    フルマラソン:37,500人 ⇒ 24,700人
    10km:500人 ⇒ 300人
  • 2020年大会から参加費5,400円値上げされました。
    ※参加費  10,800円 → 16,200円
  • 2023年大会からは連続落選者のエントリー枠も設けられる予定です。

会場アクセス「東京都庁」

コースマップ

2020年大会からコースが若干変更されています。

変更箇所

変更箇所は4箇所です。①東京都町、②水道橋、③上野広小路、④田町折返しになります。

コースマップ (2020年大会)

スタートは新宿にある東京都庁前、ゴールは東京駅前・行幸通りです。

出典元:大会サイト コースマップ

スポンサードリンク

申込期間

先行エントリー

ONE TOKYOプレミアムメンバーの先行エントリー開始は例年、7月上旬頃の予定です。
エントリーは抽選です。2020年大会の申込期間は18日間でした。

2017年 2016年7月2日(土) 16:00 ~ 7月31日(日) 17:00
2018年 2017年7月3日(月) 10:00 ~ 7月31日(月) 17:00
2019年 2018年7月2日(月) 10:00 ~ 7月31日(火) 17:00
2020年 2019年7月2日(火) 10:00 ~ 7月19日(金) 17:00
2021年 2021年3月22日(月) 10:00 ~ 3月31日(水) 17:00
2022年 2022年11月上旬 ~ 11月下旬 予想
ポイント

ONE TOKYOプレミアムメンバーで申し込むと、当選チャンスは最大4回!

  • 東京都居住者 –> 「都民エントリー」へ自動抽選
  • その他居住者 –> 「一般枠」へ自動抽選
  • 二次募集へ自動抽選

ONE TOKYOプレミアムメンバー年会費4,400円を支払った有料会員です。一般枠より1ヶ月早くエントリー開始されます。

メリット1 先行エントリーに申し込みできる
メリット2 二次抽選に参加できる
メリット3 イベントや講習会クリニックに優先参加/料金割引
メリット4 ジョグポート有明の料金割引(1回 700円 → 500円)

都民エントリー

2020年大会から都民エントリーが新設されました。エントリー開始は例年、7月下旬頃の予定です。エントリーは抽選になります。2020年大会の申込期間は10日間です。

2017年 対象なし
2018年 対象なし
2019年 対象なし
2020年 2019年7月22日(月) 10:00 ~ 7月31日(水) 17:00
2021年 2021年3月22日(月) 10:00 ~ 3月31日(水) 17:00
2022年 2022年11月下旬 予想
ポイント
  • 都民エントリーは東京都内居住者を対象としています。
  • 都民エントリー落選者は一般枠で自動抽選。

一般エントリー

一般エントリーは、先行エントリー終了後に開始されます。エントリー開始は例年、8月上旬頃の予定です。エントリーは抽選です。

2017年 2016年8月1日(月) 10:00 ~ 8月31日(水) 17:00
2018年 2017年8月1日(火) 10:00 ~ 8月31日(木) 17:00
2019年 2018年8月1日(水) 10:00 ~ 8月31日(金) 17:00
2020年 2019年8月1日(木) 10:00 ~ 8月30日(金) 17:00
2021年 2021年3月22日(月) 10:00 ~ 3月31日(水) 17:00
2022年 2022年12月上旬 ~ 12月下旬 予想
スポンサードリンク

チャリティーエントリー

チャリティーエントリーは「個人チャリティ」「クラウドファンディング」「アクティブチャリティ」の3つがあります。2020年大会では、寄付総額は約7億円、寄付件数は7,800件も集まりました。

申込期間

2020年
  • 個人チャリティ
    2019年7月2日(火)10:00~7月8日(月)17:00
  • クラウドファンディング
    2019年7月22日(月)10:00~9月13日(金)17:00
  • アクティブチャリティ
    2019年7月22日(月)10:00~最長で9月25日(水)17:00
2021年 2021年のランナー募集は行われません。
2022年 2022年11月上旬 ~ 12月下旬 予想

エントリー方法

その1 個人チャリティ
その2 クラウドファンディグ
その3 アクティブチャリティ
参考
  • 個人チャリティーは10万円以上の寄付した方
  • クラウドファンディングも同じく10万円以上の寄付を集めた方で、期間内にあつまった総額でチャリティランナーを決定します。
  • アクティブチャリティは20万円以上の寄付した方。アクティブチャリティは寄付事業先を選択できます。法人も参加できます。

※別途出走料が必要です。

応募方法

参考
スポンサードリンク

過去の抽選倍率

東京マラソン2020の抽選倍率は一般11.1倍、先行8.2倍

東京マラソン2020の各カテゴリーの抽選倍率は下記のとおりです。

カテゴリー 倍率 定員 申込人数
プレミアムメンバー 8.16倍 3,000人 24,487人
都民エントリー 32.76倍 1,000人 32,758人
一般エントリー 11.12倍 26,370人 293,275人
10km 1.72倍 400人 691人

フルマラソン 過去の抽選倍率

先行エントリー

ONE TOKYOプレミアムメンバーの抽選倍率は定員3000人に対して、9倍弱です!

2015年 9.41倍(抽選対象 28,223人 / 定員 3,000人)
2016年 9.08倍(抽選対象 27,251人 / 定員 3,000人)
2017年 9.62倍(抽選対象 28,873人 / 定員 3,000人)
2018年 9.05倍(抽選対象 27,139人 / 定員 3,000人)
2019年 8.76倍(抽選対象 26,267人 / 定員 3,000人)
2020年 8.16倍(抽選対象 24,487人 / 定員 3,000人)
2021年 延期

都民エントリー

定員1000人と少ないため、倍率はかなりアップして30倍程度です。

2016年 対象なし
2017年 対象なし
2018年 対象なし
2019年 対象なし
2020年 32.7倍(抽選対象 32,758人 / 定員 1,000人)
2021年 延期

一般エントリー

26,000人に対して30万人程度の応募のため、倍率は11倍程度です。

2007年 3.2倍(抽選対象 77,521人 / 定員 25,000人)
2008年 5.2倍(抽選対象 130,062人 / 定員 25,000人)
2009年 7.5倍(抽選対象 226,378人 / 定員 30,000人)
2010年 8.9倍(抽選対象 272,134人 / 定員 32,000人)
2011年 9.2倍(抽選対象 294,469人 / 定員 32,000人)
2012年 9.6倍(抽選対象 282,824人 / 定員 29,400人)
2013年 10.3倍(抽選対象 303,450人 / 定員 29,400人)
2014年 10.3倍(抽選対象 302,442人 / 定員 29,400人)
2015年 10.7倍(抽選対象 304,825人 / 定員 28,400人)
2016年 11.3倍(抽選対象 308,810人 / 定員 27,370人)
2017年 12.2倍(抽選対象 321,459人 / 定員 26,370人)
2018年 12.1倍(抽選対象 319,777人 / 定員 26,370人)
2019年 12.1倍(抽選対象 330,271人 / 定員 27,370人)
2020年 11.1倍(抽選対象 293,275人 / 定員 26,370人)
2021年 延期

10km 過去の抽選倍率

抽選倍率は2.5倍程度です。

2017年 3.11倍(抽選対象 1,244人 / 定員 400人)
2018年 2.54倍(抽選対象 1,017人 / 定員 400人)
2019年 2.35倍(抽選対象 940人 / 定員 400人)
2020年 1.72倍(抽選対象 691人 / 定員 400人)
2021年 延期

フルマラソンよりも当選しやすくて走りやすいです!毎年倍率が下がっています!

スポンサードリンク

抽選発表日

先行エントリー

先行エントリーの抽選発表日はこちらです。

2016年 2015年8月16日(日)
2017年 2016年8月15日(月)
2018年 2017年8月22日(火)
2019年 2018年8月24日(金)
2020年 2019年8月7日(水)
2021年 2021年4月20日(火)
2022年 2021年12月上旬 予想

都民エントリー

都民エントリーの抽選発表日はこちらです。

2016年 対象なし
2017年 対象なし
2018年 対象なし
2019年 対象なし
2020年 2019年9月20日(金)
2021年 2021年4月23日(金)
2022年 2021年12月上旬 予想

一般エントリー

一般エントリーの抽選発表日はこちらです。当選者の入金日は2021年6月下旬の予定です。

2016年 2015年9月16日(金)
2017年 2016年9月16日(土)
2018年 2017年9月25日(月)
2019年 2018年9月25日(火)
2020年 2019年9月20日(金)
2021年 2021年4月28日(水)
※入金期間:6月23日(水)~30日(水)
2022年 2022年1月上旬 予想
参考

先行エントリーと一般エントリーの抽選結果ですが、メールが届いていなくて不安な方はチェック可能です。
–> 東京マラソン2021のエントリー状況をマイエントリーでチェック!

二次募集について

対象

2021年
  • ONE TOKYOプレミアムメンバーの全員当選
  • 上記欠員について、都民エントリー抽選
2022年 ONE TOKYOプレミアムメンバーを優先して募集されると予想します。

抽選発表日・入金期間

2021年 2021年7月20日(火)
※入金期間:7月20日(火)~26日(月)
2022年 2022年1月下旬 予想

『新宿駅』周辺の宿泊場所

宿泊するなら会場から徒歩で約10分の新宿駅周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

2021年

  • エントリーしていた東京マラソンは、2022年3月に延期になりました。それに伴って東京マラソン2022は開催されないことも決定しました。
  • 東京マラソン2020から権利移行した方が、出走予定の2022年3月は中止になって、2021年10月17日から延期になった東京マラソン2021を2022年3月6日に開催するそうです。2020ランナーは2022年走れなくて、2021ランナーは2022年開催の2021年大会を走れるということなのか・・・
  • 東京マラソンの中止発表が、7月18日~9月17日まで20%返金です。9月18日以降の返金は0%です。2023年大会に権利移行されます。
  • 9月30日(木)まで緊急事態宣言延長が発表されたため、東京マラソン開催可否は9月17日(金)理事会で判断されます。
  • ギリギリまで悩みましたが・・・東京マラソン2021は放棄しました。
  • 二次抽選実施です!対象は、今年3月のプレミアムメンバーエントリー落選者、当選発表は7月下旬です。制約がお多い上に、追加費用もかかるから辞退が多かったのだろうなぁ。個人的には、このくらいの制約で走る権利を放棄する気はないので、走りたい!!抽選結果が楽しみです。
  • 入金案内メールが来たけれど、参加料+PCR検査で23,300円と結構な金額です。仮に陽性だったら、走れなくても、参加料は返金されないだろう。参加するかどうか悩みどころです。
  • 入金が6月に設定されていますが、入金前の中止なら、前回と同様に救済措置はないでしょう。当選で喜ぶのはまだ早いと思います。
  • 2021年4月20日にプレミアムメンバーの抽選結果の発表がありました。3年連続当選した方もいます!
  • 東京マラソンの抽選申込に当選するかどうか分からないですが、とりあえず都庁近くのホテルを確保しました。なんとしても抽選が当たって、当日爆走したい!!
  • 都民エントリーの抽選結果が4月23日か・・・ドキドキ。開催されるか否かもドキドキですが・・・
    ※一般エントリーは4月28日です。
  • 当選したらスマホを入れるアームバンドかポーチを探します!
  • スマホ・マスク・ICカードを持って走る。手荷物預かりなし!ゴール付近のコインロッカーは使えないだろうし、走る前に電車でメンタルやられそう。
  • 10月開催予定の東京マラソンの開催概要が厳しい。手荷物預かりなし。スタート地点に行くまでマスク必須。スタート地点まで走る格好で来てね!ゴール後は更衣スペース作るけれど、限りがあるので、そのまま帰宅してね。

2020年以前

  • スタートしてから日比谷辺りまでは下り坂。その後もほぼフラットでとても走りやすいコース「自己記録の更新をしやすいコース」という評判通りでした。
  • 日本で最大規模のマラソンなので、参加者の数、沿道の応援する人の数に驚きます。東京の名所を楽しく苦しみながら、走ることが出来ますよ。
  • 私にとって初めてのフルマラソンで、「走り切れるか」「時間内に進めるか」と不安がたくさんありましたが、走ってみてすぐにその不安はなくなりました。
    沿道の声援の多さにとても驚きました。ほとんどずっと沿道で応援されている方がいて、全く知らない私に対しても「頑張れ!」と応援してくれて、とても励みになり終始楽しく走ることができました。
    また、美味しい給食コーナーもたくさんあり、普段は走りながらパンを食べたりはしませんが、ついつい足を止めて食べてしまうラインナップでした。
  • 道もほとんど平坦で走りやすく、沿道の声援や応援イベントも多く、初心者の方でもとても走りやすい大会だと思います。
    美味しい給食がたくさんあり、その場で食べないといけないものもありますが、袋に入っているものもあるので小さいランポーチをつけておくとお持ち帰りもできるので良いと思います。
    東京ということもあり、全国各地、世界中からたくさんの参加者がいて、本気で走る人もいますが、お祭りイベントの気分で参加している人も多いので、とても楽しい大会だと思います。
  • 都内名所を巡るコース スタートからゴールまで沿道の応援が途切れることなく 他のマラソン大会とはけた違いの至福の42.195キロでした。
  • 言わずと知れた国内レース最大の祭りとなった東京マラソン 高倍率の抽選に当たった瞬間からテンションが上がります。参加費は高めですが 十二分に楽しめる大会です。7時間のリミットもビギナーにはハードルが低くて参加しやすく、ロケーション、サポート全てにおいて最高です。
  • 日本で一番のマラソン大会は、スタート前からゴールまで始終、お祭り騒ぎでした。
    ただ、初マラソンゴールの瞬間は、達成感よりもただ茫然としておりました。
    大会当日の前に、ランナー受付があるのですが、その催しものから大会当日にかけて、ランナーへのサービスはとても素晴らしいものでした。
    大会当日は、スタートまで給食サービスがあり、走る前の準備が整えられていて、また、ボランティアスタッフ自身も楽しんでいおり、全体的に雰囲気がよかったです。
    実際、大会の最中は、沿道の声援が途絶えることなく、また、市民の差し入れがあり、ランナー、観客がとても楽しんでおりました。
    走っている最中に、ストレッチをするために道の端にそれた時、ボランティアの方が横で他のランナーの妨げにならないよう、壁を作ってくれて、ボランティアの方のホスピタリティが最高でした。
  • 箱根駅伝ファンの方は、東京マラソンと湘南国際マラソンに参加されると、駅伝の区間の一部を走ることができるので、おすすめです。
  • 平坦なコースで、観光名所が随所にあり、走りやすいです。
    招待ランナー含め本気で走る系の人も多く、またテレビほかマスコミ関係者なども多く、居心地が悪い局面もある。あちらにしてみればイヤなら参加するなだろうから仕方がないとは思う。

    ボランティアが多数いるので大人数イベントの割にはスムーズで沿道に応援も多いので非常に走りやすい。だがやはり、着替え、荷物置き場、トイレが課題になるのはやむを得ないかなと思う。市民ランナーはタイムを出す場でなく、お祭りという認識が正解かな。
  • 東京タワー、浅草、都庁、銀座など東京の観光名所を堂々と走れる気持ちよさがあります。そして、坂などがほぼなくとても走りやすいです。
    さすが3万人以上参加する東京の大会だけあって、スポンサー企業の力の入れようも凄く、前々日からのエキスポのお金の掛け方がお祭りのようで走る前から楽しめます。参加賞も豪華です。こんなにお金のかかった大会は見たことがないですし、当選倍率もとんでもないのでランナーにとっては一つのステータスの大会だと思います。
  • 初めてフルマラソンに挑戦しましたが、30km過ぎからすごくきつかったです。
    練習も毎日出来なくて、20kmまでしか走ったことがなかったので、練習の大切さを思い知りました。
    本番では沿道でたくさんの人が応援してくださって本当に嬉しく、楽しく走れました。
    30kmくらいで、足をつってしまった時に、沿道にいた見ず知らずの男性がスプレー式の鎮痛剤を貸してくださって、人の温かさも感じることができました。
    結果、制限時間内に完走することが出来て達成感があり、やれば出来ると自信を持てました。

まとめ

東京マラソンについて下記をご紹介いたしました。

要約
  • 大会概要(第15回)
  • 応募方法や申込期間
  • 過去の抽選倍率
  • 抽選発表日

東京マラソンは新型コロナウィルスの影響で3月開催が延期され、2022年3月6日(日)に開催される予定です。
最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。

スポンサードリンク

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!