スポンサーリンク

本日は2024年に開催される第5回 比良びわ湖ビュートレイルランついて以下の流れで、ご紹介いたします。

要約
  • 大会概要(第5回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所


大会概要

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 比良びわ湖ビュートレイルラン
※比良トレイルラン
種目
  • 27km
  • 7km
開催日 2024年9月28日(土)
過去
日程
  • 第5回:2024年9月28日(土)
  • 第4回:2023年9月30日(土)
  • 第3回:2022年10月1日(土)
開催地 〒520-0515 滋賀県大津市八屋戸
守山公民館からバイパス手前のみどりの広場
最寄駅
  • JR湖西線 蓬莱駅 徒歩18分 1.1km
開始
時間
  • 7時30分:受付開始
  • 8時40分:受付終了
  • 9時00分:ウェーブスタート
制限
時間
  • 27km:8時間
  • 7km:2時間30分
定員 300人
参加費
  • 27km:9,500円
  • 7km:7,500円
コース
  • スタート:守山公民館からバイパス手前のみどりの広場
  • 27km:
    ゴール:北小松 比良げんき村 多目的広場前駐車場
  • 7km:
    ゴール:びわ湖バレイ(ロング1エイド同地点)

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
27km
累積標高
1,700m
300人 9,500円 8時間
7km
累積標高
1,000m
7,500円 2時間30分
参考

    会場アクセス「守山公民館からバイパス手前のみどりの広場」

    コースマップ

    【参考】27km(2023年)

    7km

    出典元:大会サイト コースマップ

    申込期間と応募方法

    エントリー開始は例年、12月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

    申込期間

    2023年 2023年3月3日(金) ~ 9月10日(日)
    2024年 2023年12月7日(木) ~ 2024年9月7日(土)

    応募方法

    参考

    エントリー締切時間

    申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

    2023年 2023年9月10日(日)
    ※最終日もエントリー可能でした。
    2024年 2024年9月7日(土)

    『近江舞子駅』周辺の宿泊場所

    宿泊するなら大会会場から車で約13分の近江舞子駅周辺が便利です。

    参考

    出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

    –> 楽天トラベルをいますぐチェック!

    口コミ

    スポンサーリンク

    2024年

    • 第5回大会よりヴァーチカルチャレンジ(7km)コースを新設いたしました。ロングコースの方は「スカイランニング近畿・東海選手権」を兼ねておりスカイランナーの方にもチャレンジして頂けることと思います。新設のヴァーチカルチャレンジコースの方は完走ゴール後、びわ湖テラス散策や観光でびわ湖の絶景を楽しんで頂けることと思います。またゼッケン提示でロープウェイ下山も楽ちんです!

    2023年

    • 比良トレイルランニングレース27K累積標高1900M走ってきました!JR湖西線蓬莱駅すぐの広場からスタートして蓬莱山~武奈ヶ岳の激登り、からの下っては登り返しのキッツいコースでした!明日はハムケツ筋肉痛確定です!しかし、武奈ヶ岳山頂から眺める琵琶湖は最高です!
    • ハードな登りとテクニカルな下りと琵琶湖を望む絶景が印象的なコースでした。上位狙えるかとエントリーしたものの絶不調。そのため平坦なところは走れずほぼ歩き、テクニカルな下りはもともと苦手なので歩き、登りはもちろん歩き、と結局歩き倒しでした。コースは去年より2km短いのに去年の女子のトップより40分も遅いタイムなので、今回の1位もラッキーだという思いがあるのですが、それでもやっぱり嬉しいです。なにより終わってホッとした!
    • 滋賀県の湖西にある比良の山々を走るトレイルランです。まずはびわ湖バレイまで1000mほど駆け上がりますが、さすがに途中からはほぼ歩き!登りきったらそのまま北上していきますが、決して平坦ではなく結構なアップダウンが待ち受けていました!しかし、初めてみる絶景!多少霞んではいましたが、びわ湖側も京都側の山々も、ともに素晴らしい景色!心は晴れ晴れですが、脚は既に終わってます!終盤の下りでは耐えきれず転倒も!何とかゴールにたどり着いた感じです。まあ、ロング走にはなりました!

    2022年

    • 距離25km累積標高1670mのレース!27.68km累積標高2215mで終了!ほろ苦なトレイルレースデビュー!
    • 滋賀にいながら初参加「比良トレイルラン」距離が29キロ、累積総標高1600mくらいだから、まぁ、普通に走れるだろ!って思ってたら大間違い。スタート前の大会運営側の説明から、この山タダ者じゃない雰囲気。予想はバッチリ当たりました笑!いきなりのながーい急坂、琵琶湖バレイから続くアップダウン、本来なら飛ばしたい下りは木の根、多くの石で慎重に。そして20キロくらいで、急に身体が動かなくなるトラブル。ハンガーノックか。初めてリタイアが頭をよぎりました。それでもスポーツ羊羹を食べ、一歩一歩進む中で、少しずつ身体が動き、なんとかゴール!ゴール後はいつものコーラに加え、三ツ矢サイダーまで。よっぽど身体が糖を求めてたんだな。全部含めて、よい経験、よいレースでした!!
    • 何とか完走出来ましたが、心身ともにズタボロ。武奈ヶ岳の上りで足攣りは泣きそうでした。でも絶景の連続は凄い。レース諦めて写真撮ってました!ゴール後は送迎バスに急いで写真撮れず。高島駅のガリバー前。同じポーズで!

    まとめ

    比良びわ湖ビュートレイルランについて下記をご紹介いたしました。

    要約
    • 大会概要(第5回)
    • 応募方法と申込期間
    • 過去の締切時間
    • 宿泊場所

    比良びわ湖ビュートレイルランは2024年9月28日(土)の開催の予定です。
    最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。


    最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!