スポンサーリンク

本日は青森県弘前市で開催されるみちのく津軽ジャーニーランについて、ご紹介いたします。


スポンサーリンク

大会概要

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 みちのく津軽ジャーニーラン
種目
  • 266K
  • 154K
開催日 2024年7月13日(土)~15日(月・祝)
過去
日程
  • 第8回:2024年7月13日(土)~15日(月・祝)
  • 第7回:2023年7月15日(土)~17日(月・祝)
  • 第6回:2022年7月16日(土)~18(月・祝)
  • 第5回:2021年7月17日(土)~19(月)
  • 第4回:2019年7月13日(土)~15(月・祝)
  • 第1回:2016年7月17日(日)・18日(月・祝)
開催地
  • 266K会場:
    〒036-8085 青森県弘前市末広4丁目10-1
    弘前市総合学習センター
  • 154K会場:
    〒030-1733 青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩新町2
    外ヶ浜町三厩体育館
最寄駅
  • 266K会場:
    JR奥羽本線 弘前駅 徒歩32分 2.3km
  • 154K会場:
    JR津軽線 三厩駅 徒歩19分 1.4km
開始
時間
大会1日目

  • 12時30分:受付開始
  • 13時20分:受付終了
  • 13時30分:開会式・競技説明会
  • 16時00分:266K スタート

大会2日目

  • 12時00分:受付開始
  • 12時50分:受付終了
  • 13時00分:開会式・競技説明会
  • 15時00分:154K スタート

大会3日目

  • 20時00分:競技終了
制限
時間
  • 266K:52時間
  • 154K:29時間
定員
  • 266K:180人
  • 154K:120人
参加費
  • 266K:20,000円
  • 154K:15,000円
コース
  • 266K:
    弘前市総合学習センター
    ~ 岩木山麓
    ~ 鯵ヶ沢港
    ~ 亀ヶ岡遺跡
    ~ 十三湖西岸
    ~ 脇元「鰊御殿」
    ~ 小泊「小説津軽の像記念館」
    ~ 龍飛崎
    ~ 今別役場前
    ~ 平舘
    ~ 蟹田
    ~ やまなみライン
    ~ 津軽中里駅
    ~ 金木「斜陽館」
    ~ 五所川原市街地
    ~ 国道 399 号線バイパス(鶴田町~板柳町~藤崎町)
    ~ 黒石市街地
    ~ 田舎館村
    ~ さくら野百貨店弘前店
  • 154K:
    外ヶ浜町三厩体育館
    ~ 龍飛崎
    ~ 三厩体育館
    ~ 今別役場前
    ~ 平舘
    ~ 蟹田
    ~ やまなみライン
    ~ 津軽中里駅
    ~  金木「斜陽館」
    ~ 五所川原市街地
    ~ 国道 399 号線バイパス(鶴田町~板柳町~藤崎町)
    ~ 黒石市街地
    ~ 田舎館村
    ~ さくら野百貨店弘前店

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
266K 180人 20,000円 52時間
154K 120人 15,000円 29時間
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Twitterの最新情報はこちらから
  • 2024年大会から参加費値下げ
    266km:20,500円 ⇒ 20,000円
    154km:15,500円 ⇒ 15,000円
  • 2023年大会から参加費値上げ
    263K:20,000円 ⇒ 20,500円
    ※142K:新設
  • 2024年大会から定員削減
    266km:240人 ⇒ 180人
    154km:160人 ⇒ 120人
  • 2023年大会から定員増加
    300人 ⇒ 400人

    会場アクセス

    266K会場「弘前市総合学習センター」

    154K会場「外ヶ浜町三厩体育館」

    コースマップ

    高低差

    出典元:大会サイト コースマップ

    申込期間と応募方法

    エントリー開始は例年、2月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

    申込期間

    2022年 2022年6月3日(金) ~ 6月20日(月)
    2023年 2023年4月7日(金)12:10 ~ 6月15日(木)
    2024年 2024年2月20日(火)12:10 ~ 6月13日(木)
    2025年 2025年2月中旬 ~ 6月中旬 ※予想

    応募方法

    参考

    エントリー締切時間

    申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

    2022年 2022年6月20日(月)
    ※最終日もエントリー可能でした。
    2023年 2023年6月15日(木)
    ※最終日もエントリー可能でした。
    2024年 2024年6月13日(木)
    ※最終日もエントリー可能でした。
    2025年 2025年6月中旬 ※予想

    『弘前駅』周辺の宿泊場所

    宿泊するなら大会会場から徒歩で約6分の弘前駅周辺が便利です。

    参考

    出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

    –> 楽天トラベルをいますぐチェック!

    口コミ

    スポンサーリンク

    2023年

    • 第7回みちのく津軽ジャーニーラン!これまで開催と中止、コースや距離を変更しながら継続して第7回を数えたみちのく津軽ジャーニーラン。今回は263Kと142Kの形をとって悪天候と快晴が場所によって日替わり分刻みで顔を見せる中での開催。第3回まで選手で参加していて、それ以降は縁あってボランティアとして関わっているおかげで、走っているけど走らない人として大会を観測しています。
    • みちのく津軽ジャーニーラン263km!本州の北の先っぽ、津軽半島を自らの脚でぐるっと1周。普段、ランニングが楽しいとか、好きとか言ってるけど、途中、何度、心底、走りたくないと思ったことか…笑!救ってくれたのは、出会う人々とその方々の優しさ。薪割りをしてた地元のマダムが、「これも何かの縁だから」とくれたホタテバター棒とミルクティー。要は、44時間、濃密な旅でしたとさ!
    • 3日間かけて200km超を走る津軽周遊マラソン、最後のエイドステーションがスポーツプラザ藤崎に設置されるということで設置のお手伝いにきました!夜通し選手の為に頑張るスタッフもすごい!僕は一旦引き上げて朝またきます。

    2022年

    • 残念ながら144kmでDNF!3月から月400km走り込んで足を作ったつもりだったし100マイルも経験あるけどアスファルトのウルトラマラソン超えは流石にキツかった!私にはレベルが高かった様です!竜飛岬から羊蹄山と樽前山が見えた!お猿さんも応援してくれた!丸1日空いたので黒石市を観光した!103Mの登り窯や街道で婆へらアイス売ってたり黒石は古き良き風習の残る街だった!
    • みちのくDNF!歩行困難なほどに足裏崩壊!140km地点でリタイヤ!あとから来た仲間もみんなここで仲良くリタイヤ!ずーっと降り続けた雨!龍飛の山越えの時が1番ひどくて全身ずぶ濡れ!早く龍飛を終わらせようと登り下りを頑張りすぎて足やられちゃいました!
    • みちのく津軽ジャーニーランのゴールシーン泣けるわー!
    • みちのく津軽ジャーニーラン266K!17:00スタートしました!125キロ地点、龍飛崎までやってきました。この後、津軽半島沿いに蟹田まで走ります。

    2019年以前

    • みちのく津軽ジャーニーラン。朝3時に横浜を発って11時半に着きました。263kmの皆さん、188kmの皆さん、楽しい旅を!
    • たくさんのランナーが走ってるー!263kmを走るみちのく津軽ジャーニーラン!がんばれー!
    • みちのく津軽ジャーニーラン263km無事ゴールしました!私的に、3つの目標がありました。1.全エイド開設後に挨拶がしたい!川の道での反省をスタッフの方々へ顔を合わせて伝えたい!2.沢山の人と楽しむ!3.走りながらの後付けですが、何があっても感じた思いをゴールまで時間内に持ち帰る。しかし頭の中がごちゃごちゃでゴールして、館山代表の顔を見たら40近くもなって涙が溢れて。。。色々と考えてたのに何を話したら良いやら。。。 有り難う御座いました。しかし上手く言葉にならなかったです。


    最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!