スポンサードリンク

本日は2023年に開催される第12回 世界ジオパークトレイルラン神鍋高原ついて以下の流れで、ご紹介いたします。

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

要約
  • 大会概要(第12回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所
スポンサードリンク

大会概要

注意
大会概要はまだ発表されておりません。
過去の情報を元に記載しております。
開催期間、申込期間、開催場所、コースは過去情報から予想しております。

詳細情報

スポンサードリンク

大会名 世界ジオパークトレイルラン神鍋高原
※過去の大会情報をベースに作成
種目
  • 57km(57.4km)
  • 40km(39.3km)
  • 10km
開催日 2023年8月下旬 ※予想
過去
日程
  • 第11回:2022年8月21日(日)
  • 第10回:2021年11月21日(日)
  • 第10回:2021年8月22日(日) 中止
開催地 〒669-5379 兵庫県豊岡市日高町名色88-50
但馬ドーム
最寄駅
  • JR山陰本線 江原駅 バスで約32分
開始
時間
大会前日

  • 16時00分:受付開始
  • 18時00分:受付終了

大会当日

  • 6時00分:受付開始(57km)
  • 7時30分:受付開始(40km・10km)
  • 7時30分:57km
  • 9時00分:40km・10km
制限
時間
  • 57km:10時間
  • 40km:8時間
  • 10km:3時間
定員 300人
参加費
  • 57km:12,000円
  • 40km:9,500円
  • 10km:5,500円, 中高生 3,000円
コース
  • 57km:
    スタート:植村直己冒険館, ゴール:但馬ドーム芝生広場
  • 40km・10km:
    スタート・ゴール:但馬ドーム芝生広場

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
57km
※57.4km
累積獲得標高
2,760m
300人 12,000円 10時間
40km
※39.3km
累積獲得標高
1,710m
9,500円 8時間
10km
  • 5,500円
  • 中高生
    3,000円
3時間
参考

会場アクセス「但馬ドーム」

コースマップ

スポンサードリンク

57km

40km

10km

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、12月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2021年 2021年1月29日(金) ~ 8月1日(月)
2022年 2021年12月11日(土) ~ 2022年7月29日(金)
2023年 2022年12月中旬 ~ 2023年7月下旬 ※予想
スポンサードリンク

応募方法

参考

エントリー締切時間

申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2021年 2021年8月1日(月)
2022年 2022年7月29日(金)
※最終日もエントリー可能でした。
2023年 2023年7月下旬 ※予想

『神鍋高原』周辺の宿泊場所

宿泊するなら大会会場から徒歩で約17分の神鍋高原周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサードリンク

2022年

  • 第11回世界ジオパークトレイルラン(神鍋高原)完走!鯖街道ウルトラマラソンを彷彿とさせる大会でした!最初の数キロは1位の方に付いて行ったけど、明らかに僕とは走りの次元が違うと思って、ペースを落とす!いきなり7km程で1000mぐらい登るという、めちゃくちゃきついコース!雨もお昼ぐらいまで降ってて、ぬかるんでて、下りにくい!登り切った後は、林道、ロードの繰り返しで、ほぼトレイル要素は無しw 最後の2kmぐらいちょいトレイルあって、フィニッシュ!走られるコースやからこそ、きつい!淡々と走り続ける力がまだまだ足りないなと感じる大会でした!
  • 57キロ!累積2460メートル!熱中症対策を万全にして挑んだレース!終始、雨、曇で快適な旅に!エイドで用意してくれてる飲み物がキンキンに冷えていてこれまた最高!晴れていても多分大丈夫だった!
  • エントリーしたのは57kmの部。初めての50km台の大会でした。前日から雨で滑りやすく登りで苦戦したり、関門に迫られたことでペースを上げる場面が何度もあり、辛さや心配、時間のプレッシャーがかなりあった大会だったと思います。そんな中でも止まらずに進めたのは、今までしっかりと鍛えて、準備してきたからだと思います。

2021年以前

  • 鍋高原トレイル、34キロで関門アウト!6時間を9分超えてました!余裕ぶっこいて記念撮影とかしてたら‥まさかの!気にしてなかったなー!力が余ったのでスイカ持ち上げ大会に出場しました!
  • 天候にも恵まれて最高なトレラン日和。エントリーはもっと多かったはずが走ったのは34人と寂しめ!レースは序盤に数人でルートミス…でもそれから団子状態で蘇武岳を激登りしたのはめっちゃ楽しかった!山頂からは大パノラマで圧巻!中盤は10キロくらいのロード下りで腸脛靱帯にダメージが蓄積し、残り10キロはノックアウト。右足を引きずりながらゴール!コロナ禍で開催されたことに感謝。女性1位に抜かれた悔しさを糧に、より長い距離を走れるように修行や!
  • 初めてトレイルランの大会に参加してきました!最初の蘇武岳の激登りで脚を使い果たし、それ以降の登りはほぼ歩き!下りだけ頑張って、なんとかゴール!42km部門参加でしたが、実測38kmしか無く、バテバテだったんで、それはそれで嬉しかったです!

まとめ

世界ジオパークトレイルラン神鍋高原について下記をご紹介いたしました。

要約
  • 大会概要(第12回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所

世界ジオパークトレイルラン神鍋高原は2023年8月下旬(※予想)の開催の予定です。
最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。

スポンサードリンク

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!