スポンサーリンク

本日は2024年に開催される第3回 神崎発酵マラソンついて以下の流れで、ご紹介いたします。

要約
  • 大会概要(第3回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所


スポンサーリンク

大会概要

詳細情報

スポンサーリンク

大会名 神崎発酵マラソン
種目
  • ハーフマラソン
  • 10km
  • 2km
開催日 2024年5月19日(日)
過去
日程
  • 第3回:2024年5月19日(日)
  • 第2回:2023年5月28日(日)
  • 第1回:2022年5月22日(日)
開催地 〒289-0221 千葉県香取郡神崎町神崎本宿96
神崎ふれあいプラザ
最寄駅
  • JR成田線 下総神崎駅 徒歩17分 1.4km
開始
時間
  • 7時15分:開会式
  • 8時00分:2km
  • 8時20分:10km
  • 9時50分:ハーフマラソン
制限
時間
  • ハーフマラソン:3時間
  • 10km:1時間30分
  • 2km:なし
定員
  • ハーフマラソン:1,200人
  • 10km:600人
  • 2km:300人
参加費
  • ハーフマラソン:4,000円, 町内在住 3,000円
  • 10km:4,000円, 町内在住 3,000円
  • 2km:4,000円, 町内在住 3,000円, 小中学生 1,000円
コース スタート・ゴール:神崎ふれあいプラザ

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
ハーフ 1,200人
  • 4,000円
  • 町内在住
    3,000円
3時間
10km 600人
  • 4,000円
  • 町内在住
    3,000円
1時間30分
2km 300人
  • 4,000円
  • 町内在住
    3,000円
  • 小中学生
    1,000円
なし
参考
  • 公式サイトの大会概要はこちらから
  • Twitterの最新情報はこちらから
  • 2024年大会から参加費値下げ
    2km:小中学生 1,500円 ⇒ 1,000円
  • 2024年大会から定員増加
    2km:200人 ⇒ 300人
  • 2023年大会から定員増加
    ハーフ:900人 ⇒ 1,200人
    10km:450人 ⇒ 600人
    2km:150人 ⇒ 200人

会場アクセス「神崎ふれあいプラザ」

コースマップ

スポンサーリンク

ハーフマラソン

10km

2km

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

エントリー開始は例年、3月ごろの予定です。エントリーは先着順です。

申込期間

2022年 2022年3月6日(日) ~ 3月23日(水)
2023年 2023年2月4日(土) ~ 3月21日(火)
2024年 2024年2月3日(土) ~ 3月20日(水)
スポンサーリンク

応募方法

参考

エントリー締切時間

申込締切前に定員に達する可能性がありますので、早めにエントリーをおすすめいたします。

2022年 2022年3月23日(水)
※2km:定員に達したため締切(3/9)
※ハーフ・10km:定員に達したため締切
2023年 2023年3月21日(火)
※町外ハーフ・10km・2km・町内2km:定員に達したため締切
※町内ハーフ・10km:最終日もエントリー可能でした。
2024年 2024年3月20日(水)

『佐原駅』周辺の宿泊場所

宿泊するなら大会会場から電車で約30分の佐原駅周辺が便利です。

参考

出場予定している大会には、申込開始前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサーリンク

2023年

  • 千葉の神崎発酵マラソンに参加してきました。初の10km&憧れの公道を走るコース。暑くてキツかったけどなんとか完走できました!発酵の町だけあって、参加賞は手作りの藍染めTシャツ。同じ柄が1枚もないというのが素敵すぎる!ブースでお味噌や甘酒もいただき、とてもアットホームであたたかい大会でした。
  • 大会は凄く盛り上がっていて、町全体で盛り上げている感じでした。甘酒、冷汁の無料サービスや、藍染の参加Tシャツ!他にない、これ結構嬉しい!ゲストランナーの猫ひろしさんによる、猫ひろし準備体操だったり、アットホームな大会でした!駐車場もかなり余裕があって、時間ギリギリでも駐車場入れる感じ。コースはアップダウンあった?て、言うくらいフラット!ただ田んぼの真ん中走るので、今日は風が強く感じました!それでも来年も出ようかなって、思える大会でした!
  • 本日、エントリーしてた『第2回神崎発散マラソン』で10キロを走ってきました!今月はじめに腰をちょいと痛めて、ここんとこあまり走れなかったので、ムリせず臨むことに!いつも夜ランばかりでしたので、序盤は日中の暑さにヤラれそうになりましたが、中盤からはその暑さにも慣れ始め、無事ゴールとなりました!タイムは平凡でありますが、来月の富里スイカロードレースには少しでも状態を上げたく思いますよ!ゴール後に飲んだ、いちごのフルーツビネガーは結構なスッパさだったな〜!

2022年

  • 第1回神崎発酵マラソン走りましたー!3年ぶりのマラソン大会。今回はハーフ。練習不足だったけどなんとか完走。楽しかった。もっとランニング増やさなあかん!
  • 日差しも風も強くて不安でしたが、のどかな風景に地元の方の応援もあり、無事走りきることができました!練習で走ってるときと違って、応援あるとがんばれるねー、ありがとうございました!参加賞もオリジナルの藍染めTシャツ!甘酒も振る舞われてました!物販ブースには地元の他に日本中の発酵にちなんだお店が並び見てても楽しかったです!
  • 千葉県神崎(こうざき)町で開催された記念すべき第1回神崎発酵マラソンに参加してきました。ところで千葉の神崎ってどこ!?って思われる方も多いと思いますが、場所は千葉と茨城の県境に位置し、千葉県で最も人口が少ない町らしいです。本来なら2020年に第1回大会を開催する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で2年越しの開催となりました。この大会にボランティアで参加される神崎町在住の知り合いに、『ぜひ走って欲しい!』と言われ参加してみる事に!神崎町は、酒や糀、味噌、納豆などの製造元があり、まさに発酵の町!一人一人デザインが異なる参加賞の藍染めのTシャツも藍を発酵させて染色しているみたいです。そんな神崎町を走ってきましたが、メインは田んぼをぐるぐる回ると言った感じなので、坂はほとんどありませんでしたが、時間が経つにつれて強い日差しと走る方向によっては向かい風で大幅失速してしまいました!本来なら10時15分スタートでしたが、直前になって10時30分スタートに変更されるという珍事件も発生しましたが、まぁ初めての大会なので色々あったのでしょう!回を重ねるごとに、素晴らしい大会に成長していく事を期待しています
  • 北総の穀倉地帯として農産物と水源に恵まれた神崎町では、味噌や醤油、江戸時代から続く酒蔵で日本酒を生産しております。「発酵の里」を代名詞としている、神崎町主催の神崎発酵マラソンで発酵食品を存分に味わってください!
  • 第1回大会の参加賞は、大会オリジナルの藍染め半袖Tシャツです。「藍染め」は発酵の力を用いた染色で、1つ1つのTシャツが2つとない正に”オリジナル”の参加賞です。
  • 「自分はランナーじゃないんだけど神崎の発酵物が美味しくてこれに興味がある〜!」とのことで自分も要項を読んでいたら参加賞の世界にひとつだけのオリジナル藍染めTシャツや発酵食品に興味が湧いてきてその場の勢いで申し込み完了!

まとめ

神崎発酵マラソンについて下記をご紹介いたしました。

要約
  • 大会概要(第3回)
  • 応募方法と申込期間
  • 過去の締切時間
  • 宿泊場所

神崎発酵マラソンは2024年5月19日(日)の開催の予定です。
最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!