スポンサードリンク

本日は2022年に開催される第42回 クイーンズ駅伝ついて以下の流れで、ご紹介いたします。

要約
  • 大会概要(第42回)
  • 応募方法と申込期間
  • 予想順位
  • 口コミ
スポンサードリンク

大会概要

詳細情報

スポンサードリンク

大会名 全日本実業団対抗女子駅伝競走大会
クイーンズ駅伝 in 宮城
種目
  • 42.195km / 6区
開催日 2022年11月27日(日)
過去
日程
  • 第42回:2022年11月27日(日)
  • 第41回:2021年11月28日(日)
  • 第40回:2020年11月22日(日)
  • 第39回:2019年11月24日(日)
  • 第38回:2018年11月25日(日)
開催地
  • スタート場所
    〒981-0212 宮城県宮城郡 松島町磯崎浜1-2
    松島町文化観光交流館
  • ゴール場所
    〒983-0045 宮城県仙台市宮城野区宮城野2丁目11-6
    弘進ゴムアスリートパーク仙台
最寄駅
  • スタート場所
    JR東北本線 松島駅 徒歩14分 1.1km
  • ゴール場所
    JR東北本線 仙台駅 徒歩21分 1.7km
開始
時間
大会前日:

  • 10時00分~12時00分:区間最終エントリー
  • 13時30分:監督会議

大会当日:

  • 8時00分:競技者変更届け
  • 12時15分:スタート
  • 16時30分:表彰式
放送
日程
TBS系列28局フルネット
11時50分 ~ 14時54分
制限
時間
なし
定員 24チーム
参加費 30,000円
コース スタート:松島町文化観光交流館前
ゴール:弘進ゴムアスリートパーク仙台
6区間/42.195km

種目・定員・参加料・制限時間

種目 定員 参加料 制限時間
駅伝
42.195km
24チーム 30,000円 なし
参考

会場アクセス

スタート場所「松島町文化観光交流館」

ゴール場所「弘進ゴムアスリートパーク仙台」

コースマップ

スポンサードリンク
  • 1区:7.6km(松島町文化観光交流館前~ヤマダデンキテックランド塩釜店前)
  • 2区:3.3km(~塩竈市上下水道部前)
  • 3区:10.9km(~富士化学工業前)
  • 4区:3.6km(~聖和学園高等学校前)
  • 5区:10.0km(~仙台第二高等学校前)
  • 6区:6.795km(~弘進ゴムアスリートパーク仙台)

出典元:大会サイト コースマップ

申込期間と応募方法

申込期間

2020年 2020年10月19日(月) ~ 10月23日(金)
2021年
  • チームエントリー:
    2021年10月25日(月)9:00 ~ 10月29日(金)17:00
  • 区間最終エントリー:
    2021年11月27日(土)10:00 ~ 12:00
  • 競技者変更:
    2021年11月28日(日) 8:00まで
2022年
  • チームエントリー:
    2022年10月24日(月)9:00 ~ 10月28日(金)17:00
  • 区間最終エントリー:
    2022年11月26日(土)10:00 ~ 12:00
  • 競技者変更:
    2022年11月27日(日)8:00まで

出場条件

  • 前年のクイーンズ駅伝で上位8チームがシード権を付与
  • 予選会『プリンセス駅伝』で上位16チームに出場権を付与
    ※前回の第40回記念大会で増枠予定だったが次回大会に持ち越されたため、2021年大会は上位20チームに出場権を付与される。
    ※2020年度までは『プリンセス駅伝』の上位14チームに出場権を付与していた。
  • 第4区は外国人競技者が参加できる。
スポンサードリンク

応募方法

参考

出場チーム

  1. 積水化学(シード)
  2. 資生堂(シード)
  3. デンソー(シード)
  4. 日本郵政(シード)
  5. ダイハツ(シード)
  6. ヤマダ電機(シード)
  7. ユニバーサルエンターテインメント(シード)
  8. ワコール(シード)
  9. パナソニック(プリンセス1位)
  10. 九電工(プリンセス2位)
  11. 天満屋(プリンセス3位)
  12. 第一生命(プリンセス4位)
  13. ダイソー(プリンセス5位)
  14. 三井住友海上(プリンセス6位)
  15. 岩谷産業(プリンセス7位)
  16. 大塚製薬(プリンセス8位)
  17. ユニクロ(プリンセス9位)
  18. エディオン(プリンセス10位)
  19. スターツ(プリンセス11位)
  20. 豊田自動織機(プリンセス12位)
  21. ルートインホテルズ(プリンセス13位)
  22. しまむら(プリンセス14位)
  23. 日立(プリンセス15位)
  24. 肥後銀行(プリンセス16位)

予想順位

スポンサードリンク

2022年

積水化学と資生堂が2強になると予想。一山麻緒選手が万全のため、資生堂が強い!ただ積水化学は2連覇がかかっているので、優勝を予想。日本郵政の廣中璃梨佳選手など総合力があるので優勝する可能性あり!今年のクイーンズ駅伝は積水化学、資生堂、日本郵政の戦いに注目です。

結果は資生堂の圧倒的な強さで16年ぶり、2回目の優勝になりました。1区の木村友香の区間賞で独走の走りから、2区の佐藤成葉の区間賞、4区の外国人選手、5区の五島莉乃で区間賞と、3区の一山麻緒の区間7位を十分にカバーできるチーム力でした。来年も優勝を狙えること間違いなしですね!!

順位 予想順位 結果 予想A 予想B 予想C 予想D
1位 積水化学(2) 資生堂 資生堂 積水化学 積水化学 ワコール
2位 資生堂(1) 積水化学 積水化学 資生堂 日本郵政 デンソー
3位 日本郵政(3) 日本郵政 日本郵政 日本郵政 資生堂 資生堂
4位 ダイハツ(5) エディオン ヤマダ電機 豊田自動織機 ダイハツ ダイハツ
5位 九電工(9) ダイハツ デンソー ダイハツ パナソニック 日本郵政
6位 デンソー(22) 豊田自動織機 九電工 九電工 デンソー 積水化学
7位 豊田自動織機(6) パナソニック ワコール ユニクロ 九電工 豊田自動織機
8位 パナソニック(7) 第一生命 三井住友海上 エディオン ユニバーサル
エンターテイメント
パナソニック

2021年

日本郵政が優勝すると予想しましたが、1区で鈴木亜由子選手が14位で出遅れて、2区も区間9位で上位に食い込めなかったため、3区の廣中璃梨佳選手で区間1位の走りをしましたが、挽回できず4位になりました。積水化学は3区の佐藤早也伽選手の区間賞に絡む走りで、3区から1位を守り抜き、5区の新谷仁美選手の区間賞に絡む走りで、余裕の1位をキープできたのではないかと思います。ただ、資生堂がすごいチームに仕上がっています。5区の五島莉乃選手が新谷選手より1秒早い区間新&区間賞は素晴らしいです。

パナソニックは怪我が多く、上位争いに絡めず、また豊田自動織機もだいぶ順位を落としました。ヤマダ電機は1区で区間賞の岡本春美選手、2区で3位の区間新の清水真帆選手でよい流れができたのが効いたのかもしれません。

順位 予想順位 結果 予想A 予想B 予想C 予想D
1位 日本郵政(4) 積水化学 日本郵政 パナソニック 資生堂 日本郵政
2位 積水化学(1) 資生堂 資生堂 日本郵政 積水化学 豊田自動織機
3位 資生堂(2) デンソー 積水化学 資生堂 豊田自動織機 デンソー
4位 豊田自動織機(16) 日本郵政 豊田自動織機 積水化学 日本郵政 パナソニック
5位 デンソー(3) ダイハツ デンソー 豊田自動織機 天満屋 積水化学
6位 ワコール(8) ヤマダ電機 ワコール ワコール 第一生命 九電工
7位 パナソニック(25) ユニバーサル
エンターテインメント
九電工 デンソー ワコール ヤマダ電機
8位 ヤマダ電機(6) ワコール エディオン ヤマダ電機 デンソー 資生堂

過去の順位

上位8チームがシードとして予選会であるプリンセス駅伝in宗像・福津の出場が免除されます。

優勝チーム

開催年 チーム名 タイム
2022年(第42回) 資生堂 2:12:28 ※大会新
2021年(第41回) 積水化学 2:13:03 ※大会新
2020年(第40回) 日本郵政 2:13:34 ※大会新
2019年(第39回) 日本郵政 2:15:10
2018年(第38回) パナソニック 2:15:22
2017年(第37回) パナソニック 2:16:45
2016年(第36回) 日本郵政 2:15:08
2015年(第35回) デンソー 2:14:22 ※大会新

2022年

太字は来年のクイーンズ駅伝のシード権を獲得したクイーンズ8です。9位以下はプリンセス駅伝(予選会)から出場です。

順位 チーム名 タイム
1位 資生堂 2:12:28
2位 積水化学 2:14:29 2:01
3位 日本郵政 2:15:15 2:47
4位 エディオン 2:15:47 3:19
5位 ダイハツ 2:15:49 3:21
6位 豊田自動織機 2:16:15 3:47
7位 パナソニック 2:16:26 3:58
8位 第一生命 2:17:39 5:11
9位 九電工 2:17:44 5:16
10位 ユニクロ 2:18:09 5:41
11位 ユニバーサル
エンターテインメント
2:18:25 5:57
12位 ヤマダホールディングス 2:18:37 6:09
13位 天満屋 2:18:55 6:27
14位 三井住友海上 2:19:07 6:39
15位 岩谷産業 2:19:14 6:46
16位 スターツ 2:19:35 7:07
17位 ワコール 2:20:00 7:32
18位 ダイソー 2:20:20 7:52
19位 大塚製薬 2:21:18 8:50
20位 ルートインホテルズ 2:21:25 8:57
21位 日 立 2:22:04 9:36
22位 デンソー 2:22:42 10:14
23位 しまむら 2:23:47 11:19
24位 肥後銀行 2:23:50 11:22

2021年

太字は来年のクイーンズ駅伝のシード権を獲得したクイーンズ8です。9位以下はプリンセス駅伝(予選会)から出場です。

順位 チーム名 タイム
1位 積水化学 2:13:03
2位 資生堂 2:13:55 0:52
3位 デンソー 2:15:03 1:08
4位 日本郵政 2:15:35 0:32
5位 ダイハツ 2:15:47 0:12
6位 ヤマダ電機 2:16:24 0:37
7位 ユニバーサル
エンターテインメント
2:16:37 0:13
8位 ワコール 2:16:44 0:07
9位 三井住友海上 2:17:16 0:32
10位 ユニクロ 2:17:24 0:08
11位 エディオン 2:17:34 0:10
12位 天満屋 2:17:37 0:03
13位 第一生命 2:17:42 0:05
14位 九電工 2:17:50 0:08
15位 日立 2:18:05 0:15
16位 豊田自動織機 2:18:26 0:21
17位 ルートインホテルズ 2:18:40 0:14
18位 スターツ 2:19:10 0:30
19位 大塚製薬 2:19:43 0:33
20位 岩谷産業 2:20:31 0:48
21位 ダイソー 2:20:34 0:03
22位 京セラ 2:20:36 0:02
23位 シスメックス 2:20:59 0:23
24位 ニトリ 2:21:07 0:08
25位 パナソニック 2:21:22 0:15
26位 しまむら 2:22:37 1:15
27位 埼玉医科大学G 2:22:40 0:03
28位 キヤノン 2:26:08 3:28

2020年以前

順位 2020年大会 2019年大会 2018年大会 2017年大会 2016年大会
1位 日本郵政 日本郵政 パナソニック パナソニック 日本郵政
2位 積水化学 ダイハツ 天満屋 ダイハツ 第一生命
3位 豊田自動織機 パナソニック ダイハツ 日本郵政 ヤマダ電機
4位 ワコール 天満屋 ヤマダ電機 第一生命 九電工
5位 デンソー ワコール ワコール 天満屋 ワコール
6位 ヤマダ電機 三井住友海上 豊田自動織機 ヤマダ電機 天満屋
7位 パナソニック デンソー 日本郵政 資生堂 資生堂
8位 九電工 豊田自動織機 デンソー 豊田自動織機 ユニバーサル
9位 ダイハツ 積水化学 資生堂 九電工 ホクレン
10位 エディオン エディオン 積水化学 積水化学 積水化学
11位 天満屋 第一生命 ユニバーサル 京セラ デンソー
12位 資生堂 資生堂 第一生命 デンソー しまむら
13位 三井住友海上 ヤマダ電機 京セラ 三井住友海上 パナソニック
14位 大塚製薬 九電工 ルートイン 肥後銀行 日立
15位 スターツ 京セラ スターツ しまむら ノーリツ
16位 ユニバーサル ユニバーサル エディオン ワコール ダイハツ
17位 日立 日立 肥後銀行 TOTO 十八銀行
18位 肥後銀行 ルートイン シスメックス ホクレン TOTO
19位 ルートイン 肥後銀行 ホクレン シスメックス 三井住友海上
20位 シスメックス 大塚製薬 大塚製薬 ノーリツ 京セラ
21位 ホクレン スターツ 鹿児島銀行 スターツ ユタカ技研
22位 鹿児島銀行 ユニクロ 九電工(DNF) ユニバーサル 豊田自動織機(DNF)

注目選手

スポンサードリンク

2022年

積水化学

  • 当日の天気予報は快晴ということで問題ないようですが、最高気温が13度程度ということであまり気温が上がらないという影響がやや気になるところです。個人的な一押しは積水化学の新谷選手です。その実力は出場選手の中でもトップクラスであることは間違いないでしょう。チームとしても優勝争いを考えているでしょうし、実力以上の結果を出してくれることに期待しています。
  • 積水化学の新谷仁美選手に大いに注目しています。昨年も素晴らしい力走ではありましたが、区間賞は譲ってしまい、本人からしたら不本意な走りだったのではないかと思います。今年は先日の東日本女子駅伝でも新谷さんらしい快走を見せており、調子はかなり良さそうです。チームも強いので、独走状態の走りやすい位置で新谷さんに回る可能性もあります。風や気温等のコンディション次第ではエース区間でも区間新記録を大幅に更新するかもしれません。
  • 積水化学の新谷仁美選手日本郵政グループの廣中璃梨佳選手資生堂の一山麻緒選手五島莉乃選手に注目しています。4名ともに日本を背負うトップランナーで世界との戦いも経験している選手たちです。チーム事情もあるとは思いますが、おそらく3区か5区で走ることになるのではないかと見ています。もし同じ区間でタイム差がない状態でそれぞれ襷を受け取れば、区間記録と合わせてかなりのハイレベルな争いが見られると思います。それぞれ襷を受け取った時点での差が開いている時は、どの選手が区間賞を取るか、純粋にタイムに注目してみたいと思います。
  • 当日の風向きや天候にもよりますが、具体的には10㎞に換算しておそらくは31分前後のタイムで走ってくることが予想されますし、30分台での決着も個人的な希望として見てみたいところです。トラックやマラソンで世界陸上、五輪を経験している選手たちがどこまで駅伝というレースにアジャストしてくるか、楽しみです。

日本郵政

  • 東京オリンピックの1万mで7位に入賞した日本郵政・廣中璃梨佳にも非常に期待しています。駅伝では学生時代から区間賞を取り続けているという勝負根性の強さがどのようなレースを見せてくれるのk楽しみです。

豊田自動織機

  • 豊田自動織機の田中希実選手です。オリンピックでも世界陸上でも大活躍しており、駅伝でどんな走りをしてくれるのか非常に楽しみです。あまり長い区間には回らない可能性もありますが、もし新谷さんや一山さん、鈴木さんといったマラソンで活躍する選手と同じ区間になったら、どんな争いをするのか見ものです。トラックの女王とマラソンの女王。どんな対決になるのか大いに注目したいです。
  • 田中希実選手が注目です。嵐のデビュー年と同じ1999年生まれ!田中希実選手は北海道の網走市営陸上競技場にて2021年7月に日本新記録を樹立しています。田中希実選手と新谷仁美選手、お互いライバルとして、競り合ってほしいです。

九電工

  • プリンセス駅伝で区間新記録をたたき出した九電工の逸木和香選手も非常に侮れません。チームとしても8位入賞は最低目標という感じで、それ以上どこまでいけるのか非常に規定しています。将来の日本女子マラソンのエース候補としてどのような走りを見せれてくれるのか楽しみです。

2021年

日本郵政

  • 注目選手はなんといっても2020年大会で活躍した日本郵政の鈴木亜由子選手、鍋島莉奈選手、廣中璃梨佳選手、大石ひかり選手ではないでしょうか!?この4人の選手がいれば、残り2区間で順位を落としても、挽回可能です。
  • 廣中璃梨佳選手が注目です!今まではどの駅伝でも1区起用が多く、飛び出してそのままいってしまうレース展開が多かったが、今回のオリンピックで長い距離への対応も素晴らしく出来ていることが証明されました。設定されたペースをしっかり刻む事ができ、ロングスパートもかけられる強みがあるので、どこの区間でも対応できると思うが、
    1区か3区が妥当な位置だと思う。個人的に1区の走りはたくさん見てきたので、長い区間でのエース対決をどう制するのか、どのような走りでチームを引っ張っていくのかを見てみたいです!!
  • 日本郵政の廣中璃梨佳選手です。五輪1万mで入賞と実績は十分な上、チームとしても安定感があるので落ち着いた走りが期待できると思います。高温の試合には不安があるといわれていますが、時期的にもそこまで温度が高くなると思えないので心配はなさそうです。

積水化学

  • 積水化学の新谷仁美選手がいれば、エース区間の3区では、積水化学がトップに出るのは間違いなし!後半戦で積水化学が順位をキープできるか、崩れなければ、優勝間違いないですね。
  • 積水化学の新谷仁美選手です。2020年のクイーンズ駅伝で驚異的な区間新を樹立したのは記憶に新しいです。今年のクイーンズ駅伝でも新谷選手が区間新記録を出して後のメンバーも快走を続ければ上位にくい込めること間違いなしだと思います。

ワコール

  • ワコールは歴代最高順位4位を2020年大会、惜しくも最後に福士加代子選手が抜かれて、3位更新できない無念を晴らしてくれるでしょう!エースの一山麻緒選手もいるので、楽しみです。

資生堂

  • プリンセス駅伝で、資生堂の1区木村友香さんが、新記録の区間賞を獲得したので、資生堂の勢いを生む原動力になると思います。同じく資生堂の5区の高島由香さんも区間新記録を獲得しており、前半で競り合いになっても5区で強い選手が控えているのは好材料だと思います。

九電工

  • 逸木和香菜選手に期待選手に期待しています!スタート前の笑顔からの真剣な走る姿のギャップがステキです。

宿泊場所

スタート地点『松島駅』周辺の宿泊場所

宿泊するならスタート会場から徒歩で約5分の松島駅周辺が便利です。

参考

ゴール地点『仙台駅』周辺の宿泊場所

宿泊するならゴール会場から徒歩で約11分の仙台駅周辺が便利です。

参考

応援予定している大会には、大会開催前に事前予約することがおすすめです!

–> 楽天トラベルをいますぐチェック!

口コミ

スポンサードリンク

2022年

  • クイーンズ駅伝、資生堂の1区木村選手の圧巻の飛び出しから始まって、佐藤選手とジェプングティチ選手のスピード、一山選手の粘りの走り、高島選手のキレのある走り、五島選手の激走と素晴らしかったです!
  • 資生堂めっちゃ強かった。まだ木村も五島も20代の選手だし、あと数年はずっと優勝争いしそう!1区と5区、あと4区でも区間賞が計算できるのは強すぎる!
  • 積水化学と資生堂がやはり二強だと思いますが、一山が万全のようですし個人的には資生堂推しです。会社としても創業150周年ということで気合の入りようがものすごいと感じます。積水化学は新谷のコンディション次第といったところでしょう。3位は日本郵政とヤマダホールディングス、デンソーの争いになると思います。総合力としては日本郵政が一歩抜けている気がしますが、どのチームも優勝も狙えるほどに戦力は充実地しているので甲乙つけがたいところです。6位は九電工と予想します。予選会でも十分な実力を発揮したチームですし更なる上積みもあると思います。7~8位はワコールと三井住友海上の争いになると思います。総合力的にはワコールが上だと思いますが、
    選手の安定感では三井住友海上も侮れません。前大会では総合力でクイーンズ8を勝ち取ったダイハツですが今年はやや厳しいと予想します。次点としてプリンセス駅伝トップ通過のパナソニックは勢いもあるので8位滑り込みの可能性は十分考えられると思います。
  • 昨年優勝の積水化学は2連覇に向けて盤石だと思います。新谷さん、卜部さんを中心としたTWOLAPSメンバーには鍋島さんも加わりさらに強くなりました。さらに森さんや木村さんといったTWOLAPS以外のメンバーも充実しており、はっきり言って死角がありません。崩すとしたら資生堂やJP日本郵政グループかと思いますが、難しいかと思います。2チームも戦力は充実しておりますので積水化学に思わぬブレーキやアクシデントが発生してしまった場合は優勝争いがより面白い展開になってくるかと思います。資生堂は東京オリンピック代表の一山さん、JP日本郵政グループ は同じく代表の鈴木さんがどんな走りをするかによって大きく戦況が変わってくるかもしれません。台風の目になるかもしれないのが豊田自動織機です。オリンピックも世界陸上も大活躍だった田中希実さんがどんな駅伝ではどんな走りを見せるのか。今季好調な後藤さんもいますので、展開次第では上記3チームに割って入る可能性も十分あると思います。
  • 積水化学は前回優勝したメンバーを元に層が厚いことと、先日の東日本女子駅伝で10㎞を31分08秒で走破した新谷仁美選手の復調が大きいことから、優勝争いの本命と見ています。新谷選手が3区または5区を担当するかと思われますが、佐藤早也伽選手、森智香子選手も長い距離を走る実力は十分にあり、短い区間も卜部蘭選手等、スピードに対応できる選手が揃っていると思われます。また、移籍してきた鍋島莉奈選手がどこまで復調しているかによっても区間配置が変わってくると見ています。鍋島選手がメンバー入りするとかなり強力な布陣が組めると思います。
  • 対抗するのは日本郵政グループ、資生堂の2チームと予想しています。日本郵政は長年チームを牽引している鈴木亜由子選手から若手の廣中璃梨佳選手まで、こちらも層が厚く、隙のないオーダーが組めると思います。
  • 資生堂は一山麻緒選手の加入もあり、チームに与える影響力は大きいのではないかと思われます。高島由香選手、木村友香選手は実績十分。五島莉乃選手のトラックで見せた走りは脅威となるでしょう。ジュディ・ジェプンゲティッチ選手も5000m14分台を持っており、注目しています。
  • 4位以下については、前回シードを逃しているパナソニックに注目しています。パナソニックはエントリー人数が上限に満たない9人と決して層が厚いとは言えませんが、森田詩織、森田香織両姉妹をはじめ、渡邊菜々美選手、堀優花選手といった実績のある選手に加えて若手の信櫻空選手の台頭もあり、プリンセス駅伝で優勝して勢いがあると見ています。
  • その他8位以内までと予想したチームについては、デンソー、ダイハツも上位に来る可能性が高いと思います。デンソーは突出したタイムの選手はいませんが、全体的に安定感のある走りをするイメージがあり、駅伝向きのチームなのではないかと思っています。前半区間で出遅れなければ面白い存在になると思います。
  • ダイハツはトラックからマラソンまで活躍する選手が幅広く揃っていて個々の持つポテンシャルは高いと思います。マラソンで実績十分な前田彩里選手、松田瑞生選手がどこまで駅伝に対応した走りをするか、また、若手の加世田梨花のスピードにも注目しています。
  • 九電工、ユニバーサルエンターテインメントからシード権外のチームについては前半区間の流れ次第なところがあると思います。天満屋、第一生命グループあたりも8位以内に入る力はあると見ています。

2021年

  • 野口みずきさんは、ワコールの一山麻緒選手、日本郵政の廣中璃梨佳選手を押しています!またアドバイザーを務める初出場の岩谷産業も期待大です!
  • 高橋尚子さんは、新谷仁美選手は東京オリンピックでは不調でしたが、復活して、すごく元気になっているということなので、期待大です!東京オリンピックで活躍した日本郵政の鈴木亜由子選手や、ワコールの一山麻緒選手の走りに注目です!
  • 第41回全日本実業団女子駅伝がいよいよ今週日曜日に宮城県松島の地をスタート地点に開催されます!天気予報を見る限り晴れ/曇りの予報で行われる模様!最高気温11℃ 最低気温4℃です。
  • 第4区のインターナショナル区間では、外国人ランナーがいるチームは確実と言っていいほど起用してきます。特にプリンセス駅伝では、外国人ランナーがいるチームはここでかなり救われていました。クイーンズ駅伝でも、3区までに8位にいなくともここで順位の変動があるに違いないです。ただ、全国大会ということもあって日本人ランナーでも外国人ランナーに負けないくらいの力のある選手もたくさんいるため、それほど大きな順位変動は見込めないと予想します。前半にどれだけタイムの貯金を作れるかが鍵になると思うので、エース・準エース・あと1人長い距離への対応が強い選手が揃っているチームがクイーンズ8に残るのではないかと思う。
  • ここ数年パナソニックとJP日本郵政グループが首位争いをしているので、2019年と2020年にJP日本郵政グループに連覇されていたパナソニックが悔しさをばねに首位奪還すると予想します。プリンセス駅伝で資生堂がとてもいい走りをしていたので、シード権はなかったもののクイーンズ駅伝で本領を発揮して3位にくいこむと思われます。デンソーも強豪チームですが、積水化学には注目の新谷仁美選手がいるので、新谷選手が活躍できれば4位を狙えると思い予想しました。
  • クイーンズ駅伝の前哨戦となるプリンセス駅伝予選会で、資生堂が大会新でぶっちぎりの優勝をしたので、資生堂が1位になる事を強く期待したいと思います。資生堂は、1区と5区で、新記録の区間賞を獲得した選手がいますので、最初から勢いが良くてそのままの流れで優勝する展開が期待できますし、それ以外の展開でも大いに期待できると思います。2位は、積水化学を予想します。近年の伸びが著しく今年もさらなる飛躍が期待できます。3位も同様に豊田自動織機が有力だと思います。4位の日本郵政は業務で不祥事がありましたので、このような年はスポーツでもいい結果が出ないと思います。5位、6位には、予選会での試合運びを見ると天満屋、第一生命が食い込んできそうです。7位、8位は毎年安定感のあるワコールとデンソーが固いと思います。
  • 昨年の連覇もあって日本郵政の本命は揺るがないと思います。豊田自動織機やデンソー、積水化学がそれを追いかけるような展開になりそうです。プリンセス駅伝からの参加組については、上位進出はやや厳しいのではと考えていましたが、資生堂がまさかの大会記録でプリンセス駅伝を優勝しているので全く予想の付かない状態です。勢いも十分に感じさせてくれていることから上位食いもあるかもしれませんね。気温や天候次第では結果が大荒れになる可能性はありそうです。

2020年

  • 三井住友海上の3区(10.9km)の片貝洋美選手が6km過ぎで両足の靴が脱げるアクシデントが発生しました。約5kmを靴下で走破!靴下には穴が空き、擦り傷もあったが、骨に異常なし。すごい選手です。
  • クイーンズ駅伝の視聴率は9.9%(関東地区)でした。
  • 積水化学の新谷仁美選手(32)は8年ぶりの実業団駅伝に復帰です。3区区間新はお見事!!
  • クイーンズ駅伝のMVPは鈴木亜由子さん!
  • 日本郵政エース格4人(廣中・鍋島・鈴木・大石選手)の走りが優勝に導いた。3区で新谷仁美選手に抜かれても、崩れずに区間新を叩き出した鍋島選手が個人的にはMVP!
  • 新谷仁美選手に1分以内にとどまった鍋島選手が影のMVP!
  • 日本郵政の圧勝でしたが、鈴木亜由子さんの王者の走り、新谷仁美選手の独走にもびっくり。今大会、すごいのは間違いなく38歳のワコールの福士加代子選手です。最後の駅伝で区間2位は鉄人の域に入っています。ゴール後の叫びは福士加代子劇場の終焉!唯一無二の存在であり、こんな選手は二度と出てこない。
  • 福士加代子選手、『最後に抜かれて悔しいから来年も出ます!』って言ってほしかった。これが駅伝ラストランは寂しすぎるけれど、長い間、お疲れさまでした。
  • 積水化学はやっぱり新谷仁美選手と卜部蘭選手が柱だ。
  • 福士加代子選手、ゴール手前で、豊田自動織機の薮下明音選手に抜かれるが、見せ場作った!
  • 最後の駅伝に挑むも、ラストスパートでかわされた福祉選手『覚えとけよ!笑』これが!陸上競技の面白さ!こうやって楽しく走ろうぜ!

まとめ

クイーンズ駅伝について下記をご紹介いたしました。

要約
  • 大会概要(第42回)
  • 応募方法と申込期間
  • 予想順位
  • 口コミ

クイーンズ駅伝は2022年11月27日(日)の開催の予定です。
最新の状況がわかりましたら、アップデートいたします。

スポンサードリンク

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!