スポンサードリンク

世界中のランナー・ジョガーから圧倒的人気を集めるガーミン552021年6月17日に発売されました。前モデルが2019年8月1日に販売されましたので、1年10ヶ月16日(686日)ぶりリリースされました!前モデルからの変更点や口コミをご紹介いたします!価格は、税抜24,800円、税込27,280円になります。

ガーミン55の特徴

  • ランニングビギナー専用だが、エリートランナーでも使いこなせる機能満載
  • ガーミン最廉価モデルで「45」から約2年ぶりの後継モデル
  • 1日中つけていても気にならない軽量でコンパクトなデザイン
  • 約37g、ベゼル直径42mm、厚さ約12mmとスリム!
    女性ランニング時でも気にならずに装着できます。
  • 50m完全防水で、スイミングやシャワー時も使用可能
  • 光学式心拍計あり。手首から心拍数を計測する。
  • フィットネスレベルを測る指標であるVO2Maxも計測する。
  • 消費カロリー、ストレスレベル、睡眠、身体のエネルギー状態を数値化

前モデルからの変更点

  • 少し重くなりました!32g ⇒ 37g
  • 稼働時間が2倍になりました!
    スマートウォッチモード:約7日間 ⇒ 約14日間
    トレーニングモード:最大11時間 ⇒ 約20時間
  • トレーニングプランのリコメンド
  • リカバリータイムの表示
  • ランニングのペースガイド
  • センサーにGalileo(EUが構築した全地球航法衛星システム)が追加

ガーミン55の口コミ

  • 245の後継モデルまで待つか迷いましたが、データ分析はモーションセンサーがあるので、シンプルな機能のエントリーモデルにした。シンプルだけれど、今使っている235Jより、ほとんどの機能が上なので楽しみ!!
  • GARMINの価格で一番安いモデルになります!
    ForeAthlete 55 ¥24,800
    ForeAthlete 245 ¥34,800
    ForeAthlete 745 ¥44,800
    ForeAthlete 945 ¥69,800
  • Garmin買うとしたら、55かなぁ。光学式心拍計とGPSと手元でタイムみたいだけなので、55で十分な感じ。
  • 距離走がしんどい季節真っ盛り!ガーミンのリカバリータイムが昨日23時間、今日が34時間でした。リカバリータイムの影響因子が何かわからないけれど、よく分かっている。
  • Garmin 45と55の違いは、バッテリー強化されただけかな?
  • ガーミン55のバッテリー検証しました!100%から1%までになるまでの稼働時間8日間と15時間でした。GPSは8時間30分使用しました。ライフログ・心拍計は常時ONです。通知はOFF。睡眠中も着用していました。
  • Garmin55を購入しました。高い靴、専用の時計、まったく・・・金のかかるダイエットだぜ!!!まさかランニングが楽しくなるとは!!
  • GPS+心拍モードで稼働時間が約20時間に伸びました。スイム機能の新たに追加された前作45から大幅進化です。
  • カタログ通り、格段にバッテリーは改善しました。GPS+心拍測定で20時間の表記に偽りなしです。前機種の2倍よくなりました。経年劣化で前機種の持ちが悪くなってきたので、なおさら良く感じます。

ガーミン55の最安値

価格.COMで調査しましたが、2021年8月13日の最安値は下記のAMAZONで24,219円で購入できます。ただ、楽天で購入しても27280円で編集者の場合、ポイントが3808ポイントつくので、実質23,472円でした。楽天ポイントがたくさん付く場合は、楽天がおすすめです!